『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

39歳からでも転職は間に合う?成功談・失敗談&おすすめの転職エージェントを紹介!

[最終更新日]2024/05/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
39歳からでも転職は間に合う?成功談・失敗談&おすすめの転職サービスを紹介!

39歳というタイミングは、転職すべきかどうか非常に悩む時期でしょう。俗に言うアラフォー世代であり、30代といえど世間的にはほぼ40代に仲間入りしていると見なされています。

ただし、ここ数年の転職市場では、30代後半や40代に入ってからの転職も可能なものになりつつあります。

目次

39歳の転職におすすめの転職エージェント

 
サービス名 doda X
doda X
リクルートエージェント
リクルートエージェント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda
doda
メリット
  • 企業からの積極的なスカウトが多い
  • 年収600万円以上の好条件求人が豊富
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
デメリット
  • 販売・サービス系の求人は少ない
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 提案の電話・メールが多い
公開求人数 5.4万 42万 1.3万 32万 25万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 企業からのスカウトを多く欲しい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2024年7月時点のものです。

1)39歳転職のポイントは「キャリアを掛け算」すること

39歳の転職は、「キャリアの掛け算」が大事!

39歳のビジネスパーソンは、大卒であれば社会人17年目、企業の中でも中堅と言われる世代になります。

この年代の方々は、ちょうど就職氷河期がやや改善に向かい始めた頃に就職活動を経験しており、ゆとり教育開始前の「まさしく偏差値教育」といった教育を経験してきた世代です。
努力によって自身の道を切り開いてきたと自負しているような、ガッツのある人も多いでしょう。40代に向けて、さらにキャリアアップを狙っている人もいるかもしれません。

社会人を17年経験していると、すでに複数回の転職を経験している人もいれば、同じ会社で働き続けてながら複数の部署を経験してきた人もいるはずです。

こうして得てきたさまざまな経験を融合し、「キャリアの掛け算」によって人材価値の希少性を高めることも可能です。

スキルレベルとして上位1%に入れればベストですが、仮に上位10%だったとしても、2種類の異なる業種や職種の経験を掛け合わせれば100人に1人、3種類を掛け合わせれば1,000人に1人の逸材となることもできるのです。

「キャリアの掛け算」とは

世間では「市場価値」という言葉をもって、その人の社会人としてのパフォーマンスや数値的価値を表わすことがよくあります。

ですが、実際の人の強みや活躍するポイントは様々であり、こうした一元的な測定は適切ではないでしょう。

その際に意識したいのが、「キャリアの掛け算」です。

キャリアの掛け算とは、その人が有する知識やスキルの「掛け合わせ」から、その人自身の現在の強みを見出していく手法です。

キャリアの掛け算の考え方。 スキル・知識の「掛け合わせ」で、自身の強みを見出す。

上記図のように、どのような強みの掛け合わせがあるかを知ることによって、望ましい働き方進むべき分野がイメージされやすくなるのです。

現在「どんな知識・スキルが活かせるかイメージがつかない」という人は、いちどキャリアの棚卸しを行っておくことをおすすめします。

補足:キャリアの棚卸しについて

キャリアの棚卸しとは、「これまでの自分のキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと」です。

キャリアの棚卸しとは「これまでのキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと」

「キャリアの棚卸しをしましょう」と聞いても、具体的にどう進めるかパッと思いつかない人もいると思います。
そんな際は、以下の手順で進めてみてください。

キャリアの棚卸しは簡単にできる ●キャリアの棚卸しとは:これまでの自分のキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと ●キャリアの棚卸しで得られる効果 ・今後のキャリアプランを考える土台になる ・職務経歴書をスムーズにかつ高品質に作成できる ●キャリアの棚卸しの進め方 STEP1:「自分は今、仕事で何ができるのか?」を考える ・STEP2:出てきたスキル・知識に対して、「好きか・嫌いか」を考える ・STEP3:「その先の未来に何があるのか」を探求する

  • これまで経験した業務をすべて書き出していく
    例)「営業事務作業、企画書・提案書の作成、サービス進捗のデータ入力」等
  • 書き出した業務について、それら業務に求められる知識・スキルは何かを考える
    例)「営業事務作業」=ヒアリング力、数値管理能力、PC操作の知識等
  • 出てきた知識・スキルの中で、「これからも続けていきたいこと・伸ばしていきたいこと」が何かを考える
  • それらを実現できる働き方について考える

特に転職前においては、キャリアの棚卸しはぜひやっておきたいところです。
キャリアの棚卸しの進め方については、以下記事で詳しく紹介しています。興味のある人は併せてご覧ください。

39歳の転職体験談① SEからサーバーエンジニアに転職 チョッパーさん 東京

システムエンジニアとして働いて5年、「残業が激しい時期がある」こと、「今の年収が維持できるとは限らない」ことに段々と不安を感じるようになりました。
転職前 転職後
職業 IT・コンピューター IT・コンピューター
職種 システムエンジニア サーバーエンジニア
従業員規模 500人 300人
年収 560万円 600万円

付き合っていた彼女の父親から、「結婚するなら、転職して新しい職場で安定してからにすること」という条件が付けられたことが、転職のいちばんのきっかけでした。

「サーバーエンジニアかネットワークエンジニアがよいのではないか」と提案をされ、(いったい何が良いのか)と思い理由を訊いたところ、「安定して需要があるから」と言われました。
つまり、当時の職場の短期的なプロジェクトに振り回されるような働き方をせずに済む、ということでした。

中略

もうすぐ40歳という年齢でしたので、彼女の父親のいう安定性を重視してサーバーエンジニアの道に進むことに決めたわけです。

新しい職場で苦労したのは、夜勤有りの生活でした。
1勤務が12時間という勤務形式となっていて、シフト制で稼働しているので週4日勤務すれば自動的に残業した計算となります。

勤務日数を抑えることも可能でしたが、最初に多めの勤務時間としておけば慣れるだろう考えてのことでしたが、始めの半年間は生活リズムを整えるのが大変でした。

業務自体は、慣れてしまえば保守管理が中心となるので、さほど大変ではありませんでした。

ネットワークエンジニアとの連携が必要となるシーンも多かったですが、ここでは前職で培ったコミュニケーション力が活きました。

実際、技術力だけあってコミュニケーション力の無い社員もいましたが、大抵は長続きせず辞めていく人が多かったです。

私の転職体験談:彼女との結婚をきっかけに、未経験の「サーバーエンジニア」の世界へ。

キャリアを活かすことで未経験職種への転職に成功

サーバエンジニアへと転身したことで、ネットワークエンジニアとのコミュニケーションが必須となり、ここでSE時代に他部署と連携を取ってきた経験が役立ったという事例です。

おそらく、SE時代に他部署とコミュニケーションを図っていたこと自体は、本人にとって「当たり前のこと」「日常業務のありふれた一幕」だったはずです。ところが、別の職種へと転職したことによって、その「当たり前」の希少性が増したわけです。

転職によって自身の人材価値を再発見することは、転職を経験する上での大きなメリットの1つと言えます。

SEとしての経験が短すぎるようでは、コミュニケーションスキルを活かすまでには至らなかったはずです。39歳というタイミングで職種を変更したことが功を奏した好例と言えるでしょう。

2)39歳で収入・労働環境などに不満を感じて転職する場合は

待遇面での不満解消のために転職する場合は希望条件の優先順位を明確にする

すでに日本の雇用情勢において、終身雇用が崩壊したのは周知の事実となっています。39歳と言うと大卒なら社会人17年目となるわけですが、勤続年数が長いからといって待遇が右肩上がりで良くなっていくとは限りません。

むしろ、会社の業績や景気の影響を受けて報酬が下がってしまったり、人手不足などの要因で待遇がかえって悪くなっていったりすることもあるでしょう。「1社でずっと働き続けていくほうが安泰」「転職を繰り返すのはリスクしかない」とも言い切れなくなっているのです。

39歳の人材であれば、待遇面での不満を解消するために転職を検討し始める人も多いはずです。この年代になると、これまでの経験を活かして次の職場で即戦力として活躍することもできるはずです。

もし希望条件を全てかなえることが難しそうであれば、どこまでが譲れないのか、反対に妥協できる点はどこなのかを明確にして転職活動を進めることも重要です。

ここでは、待遇改善のために同じ職種で転職した事例と、異業種へキャリアチェンジした事例の2つを見ていきましょう。

39歳の転職体験談② 39歳で介護福祉士から同職種に転職し、年収アップ ゆーたんさん 北海道

一番の不満は、待遇が良くなかったこと。 彼女とのデートでも、「気前よく奢る」ことなんてとても出来ず、いつも歯がゆさを感じていました。
転職前 転職後
職業 介護福祉士 介護福祉士
職種 介護・福祉 福祉・介護
従業員規模 20人 50人
年収 250万円 400万円

新しい職場でも、人手が足りず一人ひとりの仕事量が多いことに変わりはありませんでした。

ただ前職と違うことは、仕事の効率化が徹底されていることです。
きちんと状況判断をしてくれる上司がいるので、滞りなく業務が進められるのです。

ただ体力面はどうしてもキツかったですね。
私も40代になり、若い頃のようには動けません。

入社から半年くらいは、常にいっぱいいっぱいの状態でした。

転職から一年が経ち、大まかな作業はそつなくこなせるようにはなりましたが、なかなか時間が取れないため、細かな作業まではまだ教わっていません。
ただ、前職での経験も役に立ち、上司から感心されることもしばしばあります。

私の転職体験談:介護の現場は学ぶことだらけ。介護士としてやるべきこと。

「募集要項」からは分からない職場の雰囲気などの情報を得る工夫も必要

同じ職種へ転職する場合、「だいたいの様子は分かっている」と考えてしまいがちですが、この事例では職場の様子を自分の目で確認することにこだわりを持って転職活動をされていたことが分かります。

求人票の募集要項からだけでは見えてこない部分は必ずあるので、職場の雰囲気や一緒に働くことになる方々の人柄といった、非定型的な情報を得るために現場へ足を運ぶのは非常に重要なことです。

待遇面を改善するために転職する場合、どうしても給与にフォーカスしがちになりますが、給与が上がったとしても職場の雰囲気に馴染めなかったり、働きづらさを感じたりするようでは長続きしないでしょう。

待遇面にこだわって転職するからこそ、待遇以外の面にもしっかりと注意を払うことが大切なのです。

企業研究 見るべきポイント

企業研究をする際に、優先して見るべきポイントは以下の通りです。

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、四季報、業界地図、競合他社のHP等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を確認する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする インタビュー記事、口コミサイト等
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 企業HP、求人票等

こうしたリサーチを重ねた結果、「この企業で働いてみたい」「こういった文化の会社なら馴染めそうだ」といった手応えを得られれば、入社後のミスマッチを軽減する効果が期待できます。

39歳の転職体験談③ 旅館業から社会福祉法人に転職 psycoloさん 北海道

なにぶん田舎でしたので、せっかく取得した資格を生かせる職場は町に2つしかありませんでした。
転職前 転職後
職業 旅館業および地域活性化事業 社会福祉法人
職種 地域活性化事業 精神保健福祉士、職業指導員
従業員規模 5人 30人
年収 200万円 300万円

以下、体験談より引用

新しい職場がどうだったかというと──、良くも悪くも大変でした。

閉鎖的な田舎の職場でありがちな、とても保守的な部分が多くあったのです。

最初の一年間は臨時職員としての雇用ということもあり、意見を言いづらく、言ってもまともに聞いてもらえない日々が続きました。

本気で辞めようと思うことはありませんでしたが、もっと良い職場にしたいという思いと、なかなかそれができない自分に、日々もどかしさを感じました。

せっかく入れた職場だ。臨時職員の一年間は何も言わずに、相手の言うことを受け入れて働こう)──そう私は決めました。

忍耐のいることでしたが、その一年でおかしい、改善したいと思ったことをまとめて、どうすれば改善するのか、その解決策を練る期間にしたのです。

次の年、晴れて正職員として採用が決まりました。

私の転職体験談:療養で訪れた北海道の温泉街で、社会福祉法人に転職!

希望する職種の募集が見つからないときは「譲れない条件」「妥協できる条件」を整理する

移住先で住み慣れてきた町で転職すること、給与条件を改善することを優先し、それ以外の条件が多少難ありだったとしても目をつぶることにした事例です。

最初は臨時職員という立場だったこと、1年間という期限が切られていたことをポジティブにとらえ、とにかく1年間は言われたことを受け入れる姿勢に徹したとのこと。
この部分はとくに、psycoloさんの経験からくる気持ちの余裕を感じるところです。

転職によって年収アップを実現できたとしても、それ以外の条件もすべて改善されているとは限りません。
前職とは別のことで不満が出てくることもあるでしょう。自分にとって「譲れない条件」と「妥協できる条件」を前もって整理しておくことで、転職先で不満を募らせるリスクを抑えることにつながるのです。

転職時の「優先順位」の定め方

転職の優先順位を持つことに難しさを感じる人は、まず転職の大方針(軸)を定めておくことをおすすめします。
転職の大方針(軸)は、以下の流れに沿って考えをまとめていくと良いでしょう。

  • 目指したい業界・企業・ポジション(働き方)を、ざっくりとイメージする
  • ②その分野で、自分が出来ること、得意なことをイメージする
  • ③その分野で求められること(知識やスキル)が何かをイメージする
  • ④改めて、その分野であなたがやりたいこと、そして情熱を持ち続けられることをイメージする
  • イメージの重なりの部分を、自身の転職の「」とする
転職の軸:MUST(求められるもの)、CAN(できること)、WILL(やりたいこと)

それぞれのイメージは、上記図のように「CAN(できること)」「MUST(求められること)」「WILL(やりたいこと)」と表せます。

そして、これらのイメージの重なる部分が、その人が長く活躍できる領域になり、あわせて転職の大方針として定めやすいです。

3)39歳で地方に転職したいなら

地方で転職したい場合は年収ダウンの可能性はあるが生活費も安く済む

40歳を目前に、家族の介護などライフステージに変化が訪れる人も増えてくる時期です。これまで都市部で働いてきた人の中には、転職するなら地方で働くことも視野に入れて転職先を探そうと考える人もいることでしょう。

地方で転職する場合、単に住む場所が変わるという以上の大きな変化を経験することも覚悟しておく必要があります。

たとえば、子ども時代を過ごした地元の町だとしても、大人同士の間には見えないルールやしきたりが根強く残っているものです。
住み慣れた地元だからと油断していると、思っていた以上にしがらみが多く、仕事以外のことで疲弊してしまう可能性があります。人間関係のシビアさや閉塞感は、相当な覚悟をしておく必要があるでしょう。

また、地方は都市部に比べて給与水準が低いのが一般的です。UターンやIターン転職によって年収が大幅にダウンする可能性があることは知っておきましょう。

もちろん、生活コストが都市部と比べてかからないなど、地方ならではの事情があっての年収ですので、必要以上に気に病む必要はありません。

何が何でも年収は維持したい」といったこだわりを持っていると、転職先がなかなか見つからない可能性があるので注意が必要です。

39歳の転職体験談④ 39歳で歯科衛生士として、北海道にUターン転職 かがわんさん 北海道

職場の人間関係は最悪でした。そして、その理由は「私」でした。
転職前 転職後
職業 医療(技術) 医療(技術)
職種 歯科衛生士 歯科衛生士
従業員規模 12人 8人
年収 240万円 200万円

無事、北海道で転職が決まりました。

前職と同じ、歯科衛生士です。

想像はしていましたが、やはり地方では給料は安かったです。

地域では一番高い給料を出してくれるクリニックに転職できたものの、以前の職場と比べると年収は40万円ほど低くなりました。

幸い実家暮らしなので、生活に困ることはありませんが、それでも(同じ分働くのに、これだけもらえるお金が違うのってどうなんだろう…)と、ふと考えてしまうこともあります。

しかも、歯科衛生士って収入アップが見込めないんですよね。

下手したら歯科助手と同様の扱いを受けることもあります。

私の転職体験談:周囲に誰ひとり、味方がいない…歯科衛生士として、北海道にUターン転職!

地方への転職では年収面で妥協が必要な場合も

北海道の水準では最も高い給与にも関わらず、関東で働いていたときと比べると年収ベースで40万円のダウンだったとのこと。

この数字は、都市部から地方へと転職した人の体感をよく表しています。この事例では比較的条件の良い職場に巡り会えたようですが、場合によっては50万円、100万円といった単位で年収が下がることも覚悟しておかなくてはならないかもしれません。

生活コストそのものが都市部よりも低くて済むことに加えて、地方と都市部では購買行動が根本的に異なることも頭に入れておくといいでしょう。

外食の頻度やオフの日の過ごし方など、可処分所得の使い方が地方と都市部とでは感覚的に大きく異なります。

関東ではこうだったのに…」という思いをいつまでも引きずるのは、移住先に馴染めない原因にもなりかねません。「郷に入っては郷に従う」ことも大切なのです。

39歳の転職体験談⑤ 大きな病院で働き続けるため、看護師として3回目の転職 ひろさん 香川

転職した病院で1ヵ月が過ぎたころ、私は(この病院って、何かあるのかも…)と、思うようになりました。
転職前 転職後
職業 医療関係 医療関係
職種 看護師 看護師
従業員規模 約350名 約200名
年収 400万円 300万円

私が入った職場は、看護師の人員不足が問題になっており、私の後にも新しい看護師が入ってくることが多々ありました。

しかし、なぜか定着しないのです。

新人が、朝突然来なくなり、そのままやめてしまうということもありました。

そうなると日勤でも本来看護師が二人でわけて患者を担当するものも、一人ですべてを行わなくてはいけません。

それが、とても負担でした。

しかし辞める方にもきっと理由があるのですよね。
突然辞めた人が二人続いた時点で、
(この病院って何かあるのかも…)と思わざるを得ませんでした。

実際、かなり忙しい病棟でしたし、厳しい職場でした。

私の転職体験談:「大きな病院で働き続けたい…!」──看護師として、3回目の転職。

地方転職では大手だけでなくその地方に強い転職エージェントの併用がおすすめ

地方へ転職するとなると、心のどこかで「都会で働くよりものんびりできそう」「慌ただしい都会を離れて暮らせる」といったイメージが独り歩きしがちです。

しかし、地方には地方ならではの課題や問題点があるものです。この事例では、転職した先で人手不足が問題になっていたとのこと。「地方の職場なら地元の人が長く続けていて定着率も高そう」などといった思い込みが、いかに危険であるかがよく分かる事例です。

地方への転職においては、職場ごとの事情をしっかりと把握している転職エージェントの活用が効果的です。

大手転職エージェントは求人数が多いというメリットがある反面、どうしても都市部への転職が中心になってしまいがちです。

地方に強い転職エージェントを活用することで、職場の雰囲気や実際の仕事の様子といった貴重な情報を得られることもあるのです。

4)39歳の転職におすすめの転職エージェント

39歳の転職では転職エージェントの活用がおすすめ!

39歳で転職する場合、よほど有力なコネなどがない限りは転職エージェントを活用することをおすすめします。

この年齢層を中途採用する企業は、重要なポジションを即戦力として任せられる人材を求めていることも少なくありません。そのため、非公開求人など一般には出回らない形で募集をかけることも多いからです。

非公開求人は各社独自に保有しているケースもめずらしくないので、転職サービスは複数社に登録してなるべく多彩なタイプの求人を紹介してもらえるようにしておくといいでしょう。

39歳の転職におすすめの転職エージェント

 
サービス名 doda X
doda X
リクルートエージェント
リクルートエージェント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda
doda
メリット
  • 企業からの積極的なスカウトが多い
  • 年収600万円以上の好条件求人が豊富
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
デメリット
  • 販売・サービス系の求人は少ない
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 提案の電話・メールが多い
公開求人数 5.4万 42万 1.3万 32万 25万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 企業からのスカウトを多く欲しい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2024年7月時点のものです。

doda X(デューダ エックス)

doda X。キャリアに戦略を。

年収800万円以上の企業からのスカウトが多く届く転職サイト。ヘッドハンターからのサポートも受けられます!

「忙しくて、転職活動に時間をかけられない…」という39歳の人におすすめのサービスが、doda X(デューダエックス)です。

doda Xの特徴は、企業からのスカウトが多いこと、そしてヘッドハンターがあなたの経歴と希望に合わせてキャリア提案をしてくれることです。

求人チェックや書類作成をする暇を見つけにくい人も、「スカウトを待つ」「ヘッドハンターのサポートを受ける」スタイルで効率的な活動をおこなえます。

紹介される求人の多くは、年収800万円以上の企業経営戦略や事業戦略に直結する重要なポジションのものが殆ど。
今よりさらに活躍できるフィールドで働きたいという人にマッチしやすいサービスでしょう。

doda Xの特徴

特徴
  • 年収600万円以上の好条件求人が豊富
  • 企業からの積極的なスカウトが多い
  • 登録後に職種別の職歴書のテンプレを入手できる
サービス対応地域 全国
拠点 東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島
公開求人数 約4.9万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 事業企画・経営企画|営業|IT・Webエンジニア|経理・財務・人事・法務|マーケティング・販促・商品開発|技術職(機械・電気)|コンサルタント|金融系専門職|医療専門職|技術職(化学・食品系)|技術・専門職(建設・不動産系)|クリエイター・クリエイティブ職|サービス系(店舗管理・運営管理)|技術職(組み込みソフトウェア)|SCM・物流・購買系など
ワンポイントアドバイス

doda Xでは登録後に職種別の経歴書のサンプルも入手できます。doda専属のキャリアカウンセラーのサポートを合わせて利用すれば、書類作成の準備は万全でしょう!

年収800万円以上の求人多数

JACリクルートメント

JACリクルートメント 公式サイト

ミドルクラス・ハイクラスの転職 満足度で6年連続No.1!(オリコン満足度調査2019-24年)利用者からは「相談の手厚さ」と「適切なマッチング」への評価が高いです。

年収の面で改善を図りたいなど、キャリアアップを目的とした転職を検討している人はJACリクルートメントに登録することをおすすめします。

JACリクルートメントはハイキャリア層向けの転職エージェントとして知られており、サポートの質の高さや好待遇の求人が豊富であるといった点で、ミドル層のビジネスパーソンから高い評価を得ています。

一般的な転職エージェントでも、希望年収を伝えた上で条件に合う求人を紹介してもらうことはできますが、JACリクルートメントの場合は保有している求人がハイキャリア向けのものであるため、待遇の良い企業に絞って探したい人にとっては効率よく求人を選べるわけです。

39歳の転職希望者はJACリクルートメントのターゲットそのものですので、多数の求人を紹介してもらえる可能性もあります。
年収アップが希望条件の1つという人は、JACリクルートメントの活用を検討するとよいでしょう。

JACリクルートメントの特徴

特徴
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • じっくりと転職者のペースに合わせたサポート。好条件求人も多い
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1.2万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 サービス|商社|流通|消費財|マスコミ|建設・不動産|金融|IT・通信|WEB|EMC|コンサルティング・シンクタンク・事務所|メディカル・バイオ|医療・介護・福祉など
ワンポイントアドバイス

サポートの充実がウリのJACリクルートメントですが、求人数は少なめです。登録の際は希望条件をやや広めに&他の転職サービスにも登録しておくのがおすすめです。

ミドル・ハイクラス転職6年連続No1

リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト

国内No1の求人数の豊富さ!担当者からの的確かつスピーディな支援も受けられるので、「なるべく早く転職したい」人に特におすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

とくに活用したい支援ツールは、企業の特徴から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」です。
39歳の転職活動では、「応募する企業への深い理解」があってこそ、20代や30代前半の他の応募者と差をつけられます。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに39歳での転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約40万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 営業・販売・カスタマーサービス|企画・マーケティング・経営|管理・事務|物流・購買・貿易・店舗開発|コンサルタント|金融専門職|不動産専門職|クリエイティブ|SE・ITエンジニア|エンジニア(設計・生産技術・品質管理)|建築・土木|医療・医薬・化粧品など
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントを利用した人たちからは、オンラインで受講できる「面接力向上セミナー」について「実際の面接で役立った」という感想が多く見られます。登録後は無料で参加できますので、面接対策に不安を感じている人はぜひ利用しましょう。

求人数・サポート実績No1

doda

doda(デューダ)公式サイト

都市部・地方ともに豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。企業からのスカウトも多く、たくさんの求人に接していきたい人におすすめの転職エージェントです。

転職を機に業種や職種の異なる仕事にチャレンジしてみたい人は、dodaを活用して転職活動を進めるといいでしょう。

dodaは国内でも随一のレベルと言われる求人数を保有している転職サービスです。転職サイトと転職エージェントが一体型になっているため、まずは転職サイトとして自分で求人を検索してみて、さらに求人のマッチングもして欲しい場合は転職エージェントを利用するといった使い方もできます。

転職エージェントとして活用すれば非公開求人まで含めて紹介してもらえますので、さらに選択肢を広げて求人を選ぶことも可能です。

dodaはカバーしている求人の業種・職種の幅が非常に広く、ほぼあらゆる仕事を探せるサービスです。

39歳の転職でキャリアチェンジを検討している人は、これまでの自身の経験を別の業種・職種でどう活かせるのかをイメージすることから始める必要がありますので、さまざまな求人を幅広く見ておくことが大切です。
dodaを活用することで、これからのキャリアを幅広く検討し、納得度の高い転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約24万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 営業職|企画・管理|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|技術職(組み込みソフトウェア)|技術職(機械・電気)|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職|事務・アシスタント|医療系専門職|金融系専門職など
ワンポイントアドバイス

dodaは求人を自分から応募可能ですが、エージェント経由でのみ紹介される非公開求人も多いです。担当エージェントには初回面談時に希望条件をしっかり伝えておくことで、より有意義なサポートを受けられるでしょう。

豊富な求人&充実の支援ツール

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス

「実績豊富なヘッドハンターに出会いたい」ならココ!企業・ヘッドハンターからのスカウトが届く転職サイトです。

リクルートダイレクトスカウトは、転職大手「リクルート」が運営するヘッドハンティング型の転職サイトです。

年収600万円以上のミドル・ハイクラス層を対象とした求人を紹介しており、企業やヘッドハンターからの直接スカウトも多いです。

リクルートダイレクトスカウトでは「転職者がヘッドハンターを選べる」ことが大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは転職者がヘッドハンターを選べる!

自分が希望する業種・職種に関する知識が豊富か、優れた転職支援実績があるか、といった点を見極めるために、ヘッドハンターのプロフィールを閲覧できます
優秀なヘッドハンターを見つけたら、転職者のほうからヘッドハンターを選んで求人紹介を依頼できるのです。

また、ヘッドハンターは複数名を同時に指名することも可能です。

リクルートダイレクトスカウトの特徴

特徴
  • 「年収800~2,000万円クラス」の好条件のスカウトが届く
  • 優秀なヘッドハンターを転職者側で選べる
  • より採用確度の高い「一求入魂スカウト」がある
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営ボード|経営企画・事業企画|管理|人事|マーケティング|広告|マスコミ・メディア・出版|クリエイティブ|営業|サービス|コンサルタント|ITコンサルタント|専門職(公認会計士、司法書士等、その他)|IT技術職|Webサービス・制作など
公開求人数 約26万件(2024年5月現在)
ワンポイントアドバイス

良質なスカウトをゲットする際は、登録時に記入するレジュメを充実させることが重要です。「アピールできる経歴が思いつかない」という人は事前に事前にキャリアの棚卸しをしておきましょう。

優秀なヘッドハンターに出会える

まとめ)39歳の転職は方向性を明確化しミスマッチを防ごう!

ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

39歳の転職をする際のポイント

  • これまでのキャリアを活かす・キャリアを掛け算することを意識する
  • 収入・労働環境などに不満を感じて転職する場合は「妥協できる点・出来ない点」の整理が必要
  • 地方転職では、大手にだけでなく地方に強い転職サイトも活用する

かつては「35歳転職限界説」などが囁かれていた時代でありましたが、近年では40歳前後の転職市場が活況です。

企業側もビジネスパーソンとしての豊富な経験を求めており、即戦力として活躍できるミドル層の転職希望者は歓迎するケースも増えています。

39歳というタイミングでの転職は、これまでのキャリアをできる限り有効活用し、希望条件を明確にしておくことで、「転職してよかった」と思える条件で転職を成功させることが十分に可能です。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]