『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

ワークポートの特徴と評判・口コミ総まとめ!メリットとデメリットと登録がおすすめの人

[最終更新日]2024/03/15

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。

ワークポート─キャリアチェンジ転職 特にIT・Web業界の転職におすすめ 〇ワークポートがおすすめの人はどんな人?→・エージェントから積極的な提案を受けたい人 ・エージェントから積極的な提案を受けたい人 〇ワークポートを利用する際に注意することは? ・担当エージェントと相性が合わない事も?→他のサービスにも登録してリスクヘッジ ・連絡がしつこいと感じることもある→担当エージェントと活動ペースの共有を

    

ワークポートに登録しようか迷っている」「登録したけれど、上手く活用できていない」と悩んでいませんか。

この記事では、ワークポートのサービスの特徴とおすすめの人、メリット・デメリットについて、実際にサービスを利用した人の評判・口コミと現職キャリアアドバイザーからの総評をもとに詳しく解説していきます。

目次

 

ワークポートの特徴

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
サービス概要 転職エージェントサービス
《主なサービス内容》
  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 書類作成・面接準備の支援
  • 選考スケジュールの調整、条件交渉 …など
取り扱う求人の業種・職種 全業種・職種
運営会社 株式会社ワークポート
営業日
  • カスタマーセンター:平日10:00~17:00
  • キャリアカウンセリング:平日10:00~20:30 ※土日は要相談
拠点一覧 東京、札幌、仙台、郡山、宇都宮、高崎、埼玉、横浜、千葉、新潟、静岡、名古屋、金沢、滋賀、大阪、京都、神戸、姫路、岡山、広島、高松、松山、小倉、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄、ソウル(韓国)、バンコク(タイ)(※住所・最寄り駅は記事後半に記載)
保有求人数
(2024年3月時点)
公開求人:約9.4万件
電話・オンライン面談 あり
料金 無料

ワークポートは、とくにIT・Web・ゲーム業界への転職支援に強い転職エージェントです。

幅広い業界・職種の求人に対応しており、実務未経験者にも積極的な提案をすることで定評があります。

ワークポートがおすすめの人

ワークポートがおすすめの人 ■IT・Web・ゲーム業界へ転職を検討している人 ■未経験業界・職種へのジョブチェンジがしたい人 ■なるべく多くの求人を比較・検討したい人
 

転職先を検討するにあたって、できるだけ多くの求人にアプローチしたい人、未経験業種・職種にチャレンジする予定の人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

ワークポートは北海道から沖縄までの全国44箇所に拠点を構えており、公開求人数だけでも9万件以上の求人を扱っています(2024年3月現在)。
エリアごとに特化した転職コンシェルジュが在籍しており、「地元企業の求人を中心に紹介してほしい」というニーズにも対応可能です。

2023年現在は設立20周年を迎えた老舗の人材紹介会社ですが、現在もチャレンジングな姿勢を貫いています。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業
ワンポイントアドバイス

登録後に、担当のコンシェルジュから面談の予定のおうかがいの電話があります。あらかじめ面談日程をイメージしておくと良いでしょう。

ワークポートの求人に多い業種・職種は?

ワークポートがおすすめの職種・業種:これらの職種・業種での求人が豊富! 職種:■ソフト開発・システムエンジニア系 ■建設・土木・プラント・設備 ■営業系 ■ものづくり系エンジニア ■通信・インフラエンジニア系 ■事務・管理系 業種:■システム開発・情報通信 ■建築・土木・設計 ■機械メーカー ■人材サービス・アウトソーシング ■不動産 ■WEBサービス・広告・コンテンツ制作

ワークポートが保有している求人を業種別に見ると、最も多いのは「システム開発・情報通信」となっています。このほか「建築・土木・設計」「機械メーカー」の求人も比較的多く見られます。

職種別では「ソフト開発・システムエンジニア系」が突出して多いほか、「建築・土木・プラント・設備」「営業系」の求人も多数保有しています。

ワークポートの職種別の求人数(2024年3月現在)

職種分類 求人数
ソフト開発・システムエンジニア系 約1.9万件
クリエイティブ系 約2,900件
通信・インフラエンジニア系 約7,200件
ヘルプデスク・ユーザーサポート 約4,400件
研究、製品開発/品質・評価系 約5,800件
コンサルタント・プリセールス系 約5,400件
ゲーム製作関連 約1,800件
ものづくり系エンジニア 約1.3万
金融・保険・証券系 約300件
建設・土木・プラント・設備 約1.7万件
不動産専門職 約1,500件
営業系 約1.8万件
事務・管理系(総務・経理・財務・人事など) 約6,700件
経営企画・事業開発 約2,900件
マーケティング・プロモーション系 約3,300件
役員 約150件
販売・サービス系 約6,400件
物流・運輸・購買 約1,500件
製薬・創薬系 約600件
医療系専門職 約250件
福祉・保育・介護 約500件
未経験・第二新卒系 約1.4万件
教員・公務員・その他専門職 約200件

ワークポートの業種別の求人数(2024年3月現在)

業種分類 求人数
ゲーム開発 約2,200件
WEBサービス・広告・コンテンツ制作 約6,900件
システム開発・情報通信 約2.0万件
コンサルティング・調査・士業 約2,500件
機械メーカー 約1.4万件
食品・消費財メーカー 約1,600件
化学・素材・医薬メーカー 約2,300件
その他メーカー 約500件
商社 約2,400件
人材サービス・アウトソーシング 約1.0万件
建築・土木・設計 約1.3万件
不動産 約5,500件
エネルギー・インフラ 約750件
小売・販売 約2,500件
サービス・アミューズメント 約3,500件
教育・保育 約900件
金融・保険 約1,600件
医療・福祉・メディカル 約1,100件
その他 約1,700件

2)ワークポートの評判・口コミ(2024年3月更新)

■ワークポートの評判まとめ 「担当コンシェルジュが親身にサポートしてくれた」「求人をたくさん紹介してもらえた」「対応がスピーディで円滑に進められた」「希望と異なる条件の求人を紹介された」「転職を急かされていると感じることもあった」

ワークポートの良い評判・口コミで多いもの

  • 親身かつ適切なアドバイス
  • フットワークが軽い
  • 応募企業1件ごとに対策を練ってくれる

ワークポートの評判・口コミ【高評価】

※サービスを利用した人の感想・体験談コメントの一部を掲載しています。

妥協せず第一志望の内定を獲得

内定を複数頂き、タイミングの問題から第一志望を断念して就職先を決めようとしましたが、担当の中西さんが自身体験談踏まえ、親身に相談や対応をしてくださり、無事第一志望先での就職が決まりました。また何より、面接前に企業別で「準備する事リスト」を頂けたのはとても心強かったです。本当有難う御座いました。

引用元:Googleマップ(2024/3/1)

対応がスピーディ

初めての転職活動で利用させて頂きました。
担当の方の対応がとても早く、書類選考から面接までとてもスムーズに進みました。面接の日程調整や時間調整もこちらの要望を踏まえて無理のないスケジュール組みを行なってくれて非常に助かりました。
とても親身に対応して下さり、魅力的な企業様に内定を頂きました。

引用元:Googleマップ(2024/3/1)

50歳の転職も精力的に支援

エージェントを通しての転職活動は初めてで戸惑いもありましたが、50歳という事もあり収入面が心配でしたが、調達部門という新しいポジションと出会えた事、また丁寧に寄り添って頂きました事に感謝を申し上げます。有り難うございました。

引用元:Googleマップ(2024/3/1)

希望を深く理解しての求人紹介

今回の転職活動ではかなりの満足度です。
電話面談の際に私の希望を伝えたあと、すぐにおすすめ企業として紹介頂いたのですが、最初はピンと来ずにとりあえず応募しました。ですが会社のことを知るに連れ、徐々にこの会社で働きたいという思いになりました。
私の希望をすぐに理解してもらえる良いエージェントさんに担当頂けて本当に良かったと思います。

引用元:Googleマップ(2024/3/1)

レス早めでこまめなサポート

・担当者がきちんとサポートしてくれる、レス早め
・転職の進め方は合わせてくれる
・面接後感想を電話連絡だったり少しアナログだけど、その分担当者が把握してくれてる
・こまめに連絡くれる

引用元:X(旧Twitter 2023/10/17)

レス早めでこまめなサポート

・担当者がきちんとサポートしてくれる、レス早め
・転職の進め方は合わせてくれる
・面接後感想を電話連絡だったり少しアナログだけど、その分担当者が把握してくれてる
・こまめに連絡くれる

引用元:X(旧Twitter 2023/10/17)

無理ないスケジュール管理

初めての転職活動で現職と並行して進めていましたが、担当コンシェルジュ様のおかげでスムーズに就業先を見つけることができました。特に①レスの速さ ②的確な助言 ③無理のないスケジュール管理
この3点が個人的には大変助かりました。

引用元:Googleマップ(2023/11/1)

2ヶ月で内定獲得

コンシェルジュさんとの初回面談から約2ヶ月で内定を頂くことができました。
初回面談では、応募する会社選びについて方向性を具体的に擦り合わせ出来たことが良かったです。また、企業様との面接前のタイミングでアドバイスを頂けたので転職活動がスムーズに行えました。

引用元:Googleマップ(2023/9/1)

レスポンスの良い対応

担当者のレスポンス、担当者間の連携がとても良かったです。
企業への質問にもすぐに問合せいただき、スムーズに転職活動ができました。

引用元:X(旧Twitter 2023/9/1)

安心感のあるサポート

非常に丁寧な面談で安心感がありました。自分は勤務条件が複数あり、かつ軽度障害持ちですが、求人提案に積極的に対応してくださいました。
求人応募に関しても企業ごとの採用傾向や条件を丁寧に解説してくれました。総合的な安心感がありおすすめです。

引用元:マイナビ転職エージェントサーチ(2022/1/26)

担当が頑張ってくれる

なかなか書類審査も通らないし、面接も進まないが、たまにこうやって面接が通る(笑)。ワークポートさんは頑張ってる雰囲気。
言っとくけど、私はそんなに魅力的な技術者じゃない。多分スペックみたら皆さんお断りするレベル。そこからどうするのかが、腕の見せ所。

引用元:X(旧Twitter 2023/7/7)

知識豊富でかつ素早いサポート

転職活動に使ってみたサービス。・Green ・Indeed  ・ワークポート ・doda ・ビズリーチ ・レバテック
内定が取れたのはワークポート。
担当者が素早く動いてくれて、知識豊富で的確にアドバイスしてくれる。こちらの希望をちゃんと企業に伝えて交渉してくれて不安を取り除いてくれた。

引用元:X(旧Twitter 2023/2/4)

迷いに対して適切なアドバイス

税理士試験を優先するのか、就職活動を優先するのか迷っていましたが、その判断について客観的なアドバイスを頂けました。判断材料が増えたことは自身にとってプラスになりました。ご担当の方も親身になってお話を聞いて下さり、安心しました。

引用元:マイナビ転職エージェントサーチ(2023/3/15)

フットワークがよい

丁寧且つ、対応も早く面接後に求人紹介をして頂いてます。また、登録HPも求人票・HPもワンクリックで直ぐに観覧可能。また担当者が、電話にて相談等にも直ぐに対応して頂けたりとフットワークが良く、大変お勧めの紹介会社です。

引用元:マイナビ転職エージェントサーチ(2023/1/25)

他にはない良質求人があった

ワークポートは知名度はないんですが、意外と良かったです。
他にはない良い求人があって使う価値があると思いました。

引用元:X(旧Twitter 2023/6/26)

面談して良さがわかった

ワークポート、転職サイト登録しただけで定型文メッセージ送り続けてくるから毛嫌いしてたけど気になる求人あったから面談したら普通によかった。メッセージなかったらもっと利用者増えるのでは?

引用元:X(旧Twitter 2023/6/16)

安心してお願いできる

親切丁寧な対応をして頂き今後仕事探しのサポートを安心してお願い出来ると思いました

引用元:マイナビ転職エージェントサーチ(2023/5/29)

面接1件ごとに対策を練ってくれた

一件一件面接対策シートを作成して、コンシェルジュにチェックしてもらって、面接を受けました。別のエージェントの案件の面接についても相談に乗ってもらえたので、本当に助かりました。

引用元:X(旧Twitter 2023/5/21)

親身にアドバイスしてくれた

親身になって話を聞いてくれて、要望する会社も細かく聞いてくれた。
安心して相談できる方でした。

引用元:マイナビ転職エージェントサーチ(2023/4/17)

ワークポートの悪い評判・口コミで多いもの

  • 電話・メールが多い/しつこい
  • スカウト・求人の質が低い

ワークポートの評判・口コミ【低評価】

※サービスを利用した人の感想・体験談コメントの一部を掲載しています。

サポートは殆どなかった

書類の添削、面接の練習を依頼したが、書類はアドバイスなし、(直しがないのであればそれでもいいがそう言った説明もなし)
また面接練習と依頼してアポを取り、業務の隙間時間を作ってリモート会議をつないだのに「今回の企業は前情報がないので練習できません。」と言われてしまい、事前に言ってもらえればキャンセルしたのに…。と思ったことがありました。
同時に登録していたマスメディアンの親身さがよくわかりました。

引用元:Googleマップ(2024/3/1)

希望に合わない求人ばかり

ワークポートほど、転職者に寄り添わないエージェントないよな。
あいつら、こっちのニーズとかけ離れた求人しか持ってこねえの。しかも吊り求人の吊り方が、他のエージェントよりも酷い。

引用元:X(旧Twitter 2023/8/26)

担当の対応が良くなかった

継続するしないに関わらず面倒だからって理由でエージェントの登録はほとんどそのままにしてる私ですらワークポートだけは対応があまりにもゴミだったので退会した。

引用元:X(旧Twitter 2023/8/12)

対象外の求人を紹介してくる

ワークポート、応募資格ないやつを紹介してくるって何事笑
可能性を広げるためだって…。応募資格ない時点で可能性ないじゃないか。適当かよ!

引用元:X(旧Twitter 2023/8/2)

担当からの連絡が遅い

ワークポートに連絡しても返信は無いし、面談の予約しても音沙汰なしだし、不信感。

引用元:X(旧Twitter 2023/8/2)

スカウトメールが多すぎる

大手求人サイトからのアプローチ、ワークポートからのスカウトメールで汚染されまくっていてウンザリするのだが。

引用元:X(旧Twitter 2023/7/31)

レスポンスが悪い

相性の問題かもしれないけど、ワークポートの担当が仕事遅い。
経歴書送って1週間後にようやく書類選考開始しました〜!って連絡よこしてきたのに、こちらには当日中のレスを求めてくるっておかしくない?

引用元:X(旧Twitter 2023/6/20)

日中の電話が多い

ワークポートの社員、日中は在職中だから電話出れねぇって伝えてんのに、面接の日程が~どうだ~って日中に死ぬほど何回も電話かけてきたからマジでぶち切れそうになった。そもそも確定してないんだから少し待て。

引用元:X(旧Twitter 2023/6/19)

とにかくメールの数が多い

ワークポートほんましつこい。マジで適当に誰でもええからと数撃ちやがって。辞退メールの意味よ

引用元:X(旧Twitter 2023/6/12)

スカウトメールがスパム化

ワークポートとかいう人材会社、所属してる複数のエージェントからコピペのスカウトメールが沢山届く。
プロフィールも読んでないから具体的な求人に関する内容の記載はない。

引用元:X(旧Twitter 2023/5/26)

コピペのスカウトが多い

転職サイト、ワークポートから死ぬほど来るからコピペヘッドハンター禁止の転職サイト作って欲しいわ…w。結局どのサイトでもプラチナスカウト的なやつしかこっちは見ることもないんだから無駄だって。

引用元:X(旧Twitter 2023/5/23)

連絡がしつこい

ワークポートのエージェント酷すぎる。対して質良くないのにしつこいし。
もう書類通った2社面接したら二度と利用せん。

引用元:X(旧Twitter 2023/5/22)

スカウトメールが多い

ワークポートの転職エージェントしつこすぎてびっくりした。30分おきにスカウトメールしてくるの何。しかも担当者2人から同じ頻度で来る。しつこすぎてたじでやめてもらおうと思って一回オファー受諾して個別に連絡できるようなってから直接言う作戦

引用元:X(旧Twitter 2023/5/8)

求人の紹介量は多いが…

ワークポートさんって連絡がたくさん来る。けど、案件は微妙なものが多く、下手な鉄砲な印象。(※あくまで私の体験した限りの個人的感想)

引用元:X(旧Twitter 2023/4/29)

ワークポートの評判・口コミまとめ

転職コンシェルジュのサポートや転職支援ツールの充実度、対応スピードの速さといった点は、実際にワークポートを利用した方々の感想からも垣間見えます。
とくに転職活動に慣れていない人や初めての転職の人にとって、担当者が熱心にアドバイスしてくれることは励みになるでしょう。

一方で、ワークポートではネガティブな意見・感想も見られます。
強引なサポートや頻繁なメールがやや重荷に感じられたケースも多いようです。

できる限り多くの選択肢を提示し、転職者自身に考えてもらうのがワークポートの方針のように見て取れます。登録後は多くの求人が紹介されるものと踏まえておくのがよいでしょう。

現職キャリアアドバイザーのワークポート評価コメント

キャリアアドバイザー 宮野木 哲さん

30代 男性

某大手人材紹介会社のキャリアアドバイザー。毎月20~30名の求職者との面談を行い、転職に関するアドバイス・サポートをする。

「一人ひとりに寄り添う」をモットーとした熱意ある対応が転職者に好評。

宮野木
さん

ワークポートのキャリアアドバイザーは「未経験からの転職支援が得意」と言われています。社会人としてのキャリアの浅い第二新卒や20代の転職においても、積極的な提案を受けられるでしょう。

それから、ワークポートは地方展開も精力的で、東京本社ほか全国に44支店あります。北は北海道、南は沖縄まで、対応エリアは非常に広いためU・Iターン転職にも向いています。

もちろん、強みであるIT・Web業界の転職支援実績も蓄積されているので、上記とそのあたりの組み合わせで転職活動される人にも良いでしょう。

あと、「IT・Web未経験でも歓迎してくれる」という声もよく聞きますね。実際、「未経験者歓迎の求人」も非常に多いです。

一方で、「キャリアアップ・年収アップ」へのサポートという点では、他の転職エージェントとほぼ同等のサービス品質です。
このあたりを不安に感じる方は、併せて他の転職エージェントにも登録しておくと予防線として安心でしょう。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業
ワンポイントアドバイス

ワークポートの積極的な提案を最大限活用するには、初回面談時に希望する職種・働き方をしっかり伝えることです。事前にキャリアの棚卸しをしておくとスムーズでしょう。

ワークポートに登録する5つのメリット。 ■IT・Web系の幅広い職種を扱っている ■求人紹介の量・スピードの対応が速い ■業界・職種姪経験者へのサポートが手厚い ■オリジナルアプリ「eコンシェル」が便利 ■無料で受講可能なエンジニアスクール「みんスク」も運営
 

ここからは、実際にワークポートを利用した方々の声を紹介しつつ、登録するメリットについて解説します。

IT・Web系の幅広い職種を扱っている

現在、ワークポートが扱っているITエンジニア・クリエイター・ディレクター向けの公開求人はおよそ2.8万件あります(2024年3月現在)。この数は、IT業界の求人情報を扱う転職エージェントの中でもトップレベルの求人数です。

参考:国内の代表的なIT業界特化型転職エージェントの保有求人数(2024年3月現在)

転職エージェント 公開求人数
ワークポート 約2.8万件
マイナビIT AGENT 約1.8万件
レバテックキャリア 約2.3万件
ギークリー 約2.1万件

また、実際に取り扱っている求人も楽天やサイバーエージェント、DeNAといったIT企業や、セガ・カプコンといったゲームメーカーの国内有名どころが多く見られます。

ワークポートの取扱求人例
 

参考:ワークポート公式HP

IT・Web関連企業以外にも、社内SEなどエンジニアを求める企業の案件を多数扱っています。
ワークポートにしかない独自案件も多数見られることから、他の転職エージェントでは紹介されない求人を案内される可能性も十分にあるでしょう。

IT・Web系の職種に転職したい人にとって、ワークポートは有力な選択肢の1つとなるはずです。

ワークポートの評判・口コミ①

ラホールさん 社内SE・40代前半・男性
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった

知人の紹介で、IT系の転職に強い「ワークポート」という転職エージェントに登録したところ、コンシェルジュの方から「IT系以外の業種の「社内SE」ならば、即戦力として年収アップとキャリアアップを狙えますよ」と、アドバイスを頂けました。

海外との貿易や物流を担う会社の社内SEでは、その場で業務ツールだけでなくハードウェア故障箇所診断まで出来るので、今までの経験が活かせるということでした。
実際、そのコンシェルジュの方の狙い通りに、転職先を決めることが出来たのです。

とても幸運でしたし、ワークポートのコンシェルジュの方には感謝しています。

あやかさん ディレクター 26歳 女性
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
Webディレクターとして目指す際の、積むべき知識・スキルを教えてくれた

元々は研修会社営業でしたが、自社のWebサービス運用に携わるようになり、もっとWebに特化した仕事がしたいと思い、ワークポートの転職サービスに登録しました。

担当の方は、私のこれまでの経歴を丁寧にヒアリングしてくれて、その後希望に合いそうな求人を10件ほど紹介してくれました。
ただ、その後の選考進捗はあまり芳しくなく、何度も不採用となってしまったのですが「おそらく実務経験がまだ浅い点を企業が不安視しているのでしょう。ここからの頑張りもアピールしていきましょう」と言ってくれて、具体的にWebディレクターとして目指す際の、積むべき知識・スキルを教えてくれました。

結果、3ケ月後にWeb制作会社のディレクターとして転職できました。担当さんにはとても感謝しています。

求人紹介の量・スピードの対応が速く、急ぎの転職に向いている

 
図参照:ワークポート 転職コンシェルジュとの面接シーン

引用元:転職エージェントのWORKPORT(ワークポート)で 転職相談サービスを体験してみた!

ワークポートは求人紹介に積極的で、紹介される案件数・対応スピードともに業界屈指の水準という評判が聞かれます。

転職コンシェルジュとの面談を終えた当日に複数の求人を紹介してもらえた事例や、メールへの返信が即日中にあったといった事例が数多く見られるのです。

他の転職エージェントに登録したものの、想像していたほど求人を紹介してもらえなかった人や、担当者のレスポンスが鈍く転職活動が進まないと感じていた人にこそ、ワークポートを利用するメリットを実感できるはずです。

「〇ヶ月以内に転職したい」など、具体的な期限を決めて転職活動を進めたい人におすすめのサービスといえます。急ぎの転職に向いているのは、ワークポートを利用するメリットといえるでしょう。

ワークポートの評判・口コミ②

いっちゃんさん 事務職 46歳 女性
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
私も担当さんも諦めずに、辛抱強く活動を続けられた。

もう40代も半ばになっていましたので、転職エージェントに登録してもなかなか求人紹介してもらえないだろう…と思っていましたが、ワークポートは私の今までの経験を活かしての求人紹介を積極的に行ってくれました。求人紹介の頻度は、他の転職エージェントさんよりも多かったです。

完全に希望にマッチする求人はなかなか出てきませんでしたが、私も担当さんも諦めずに笑、辛抱強く活動を続けられました。結果、希望する職種で、かつ前職よりも年収面で転職が決まりましたので、大変満足しています。できたら今の職場で転職することなくずっと働き続けたいですが、もしまた転職しないといけないようなことがあったら、ワークポートさんを利用したいと思います。

まいかさん 営業事務 35歳 女性
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
これまで自分が積んできた経験を活かせる職場を優先して提案してくれた。

ワークポートのサービスを利用して感じた特徴は、「担当アドバイザーのレスポンスがスピーディ」ことです。さすがこれまで多くの転職者をサポートしてきたようで、常にテキパキしていました笑。こちらの考えや意見も親身になって聞いてくれたのも良かったです。

提案いただいた求人のいくつかは選考で落ちてしまいましたが、どれもこれまで自分が積んできた経験を活かせる職場で、そのうちの一つが無事内定となりました。

のぶさん システムエンジニア 35歳 男性
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
「明確な軸を持っているので、きっと早く転職できますよ」と応援してくれた

35歳のSEで年収400万円…と、収入面に不安を抱えていて転職を決意しました。
初めての転職ということもあり大きな不安を感じていたのですが、ワークポートの担当の方は、「年収面の改善という明確な軸を持っているので、きっと早く転職できると思いますよ」と言ってくれました。

実際、担当さんの対応の早さは良かったです。私の希望する職種での求人紹介も多数行ってくれ、その後の応募や面接日程の調整もスムーズでした。

収入もアップしましたし、自分の希望通りの仕事内容の職に就けたので満足しています。

業界・職種未経験者へのサポートが手厚い

ワークポートは業界・職種未経験者に対しても手厚いサポートを行っています。

未経験者にとってハードルとなりやすい書類選考や面接への対策に力を入れており、過去数年間の面接データを分析した結果を基に適切なアドバイスをしてくれるのです。

第二新卒向けの求人も多数保有しており、熱意やポテンシャルを重視して採用する企業を紹介してもらえます。登録時点でのスキルや経験を問わず、紹介可能な求人が多数あるのは大きなメリットといえるでしょう。

その他、転職未経験者向けサービスとして、ワークポートは転職ノウハウを紹介する動画セミナーを開催しています。

図参照:ワークポート 転職ノウハウが身に付く!すぐに転職講座
図参照:ワークポート 転職講座一覧

参考:ワークポート公式HP

上記の講座は、インターネット上で無料で利用できます。
今回が初めての転職になる方や、書類審査や面接審査が不安な方は、上記サービスを利用するだけでも、ワークポートを利用するメリットがあるでしょう。

ワークポートの評判・口コミ③

こんちゃさん 事務職(IT系) 23歳 男性
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
求人紹介から面接日程の調整までスムーズに活動を進められた

前職に在籍しているころからIT系には興味があったのですが、ワークポートは特にそのIT業界の転職に強いということで登録しました。

実際使ってみて、担当スタッフの知識が豊富で素晴らしかったです。私はIT業界初心者だったのですが、例えば業界で日常的に使われるIT用語についても説明してくれたのは嬉しかったです。
求人紹介から面接日程の調整までスムーズに活動を進められました。

事務職・30代前半・女性・年収300万円台
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
とにかく担当のコンシェルジュさんが親切でした。

経験がないのにも関わらず事務職の転職を目指しており、転職活動はかなり苦戦していました。

他社のエージェントではそもそも求人紹介を断られることもあり、メンタルが落ち込んでいた時にワークポートを見つけて面談に申し込みました。

正直あまり期待をしていなかったのですが、とにかく担当のコンシェルジュさんが親切でした。

「絶対大丈夫ですよ!」と励ましてくれて前向きになれたことを今でも覚えています。

転職活動にまつわるの冊子ももらいましたが、履歴書の書き方・面接の際の受け答えの仕方など、内容がとても充実していて、いつもカバンにいれて勉強していました。

何社か利用しましたが、ワークポートのサポートが1番満足しました。

オリジナルアプリ「eコンシェル」が便利

ワークポートでは、登録後の会員向けに転職活動支援アプリを提供しています。
面接スケジュールの管理や応募求人の管理機能が備わっており、複数企業の選考が並行して進んでも進捗状況を見やすく表示してくれます。

図参照:無料転職活動支援アプリ「eコンシェル」
ワークポートの「eコンシェル」の画面。「面接スケジュール管理機能」や「応募求人管理機能」も搭載

参考:ワークポート公式HP

面接前に、応募企業の求人情報やWebサイトを確認しておきたいことは必ず出てくるはずです。
eコンシェルでは、応募企業の一覧画面から求人情報や企業Webサイトへのアクセスができ、応募先を一元管理できます。

実際にワークポートを利用した人からも、「オリジナルアプリの使い勝手が良く活用しやすかった」といった声が聞かれます。
メールのやりとりやスケジュール管理が煩雑になるのを避けたい人にとって、eコンシェルの存在は大きなメリットとなるでしょう。

ワークポートの評判・口コミ④

販売・20代後半・男性・年収300万円台
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
ワークポートの評判・口コミ takashiさん(大阪府)

ワークポートを利用してよかった点は、「eコンシェル」というサービスで、担当コンシェルジュとチャット形式でやりとりができ、スケジュール管理もしっかりとカバーできました。

また、面接対策やアドバイスも頻繁にしてくださり、スムーズに転職活動ができて良かったです。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業

※登録後に担当のコンシェルジュから面談の予定のおうかがいの電話がありますので、あらかじめ面談日程をイメージしておくと良いでしょう。

ワークポートのデメリット・注意点。 ■求人紹介は「質よりも量」の傾向がある ■担当コンシェルジュとの相性が合わないことも
 

ワークポートは数多くのメリットを得られる優れたサービスですが、人によってはデメリットと感じる面が全くないわけではありません。サービスの特徴や注意点をよく理解した上で活用していくことが大切です。

求人紹介は「質よりも量」の傾向がある

ワークポートは全国各地の求人を抱えています。

そのため、「登録したのに求人を全然紹介してもらえない…」といったことはあまり起きないでしょうが、一方で自分の興味のない分野の求人もたくさん送られてきてしまうケースはあるようです。

これはワークポートの「応募が可能な求人はなるべく多く紹介して、少しでも選択肢を多く持ってもらいたい」というスタンスとも関係があります。

そのため、ワークポートのサービスを効果的に使っていくためには、多くの求人の中から「自分に合った案件を見極める」目を持つことが大切です

また、紹介される求人を分野や業種に絞って検討したい方は、事前の面談の際に担当コンシェルジュにその旨を伝えておくと、関係のない求人を紹介されるのを避けやすくなるでしょう。

ワークポートの評判・口コミ⑤

営業・20代後半・男性・年収300万円台
評価:3
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
こちらが意図しない案件も多数。

ワークポートは案件は多いものの、なかにはこちらが意図しない案件も多数ありました。

担当の方としても「なるべく選択肢を広げ、転職が早く決まって欲しい」思いがあるのでしょうが、お互いいい気持ちでやっていけない感じがありました

担当コンシェルジュとの相性が合わないことも

転職活動の際には、担当となるアドバイザーとの相性も大切になってきます。

性格的に合わないと感じたり、応対に不満を抱えたままサポートを受け続けたりするのは、転職活動を続けていく上で支障にもなりかねません。

これはワークポートに限ったことではありませんが、担当によってサービスの進め方や対応の仕方は若干異なります。その際に「自分とは合わない」、「別の担当者に相談してみたい」と感じた際は「担当者の変更」を申し出ることもできます。

担当変更は電話やメールで依頼が可能です。アドバイザー側でも担当者の変更は珍しいことではないので、問題なく後任者へとサポートを引き継いでもらえるはずです。

ワークポートの評判・口コミ⑥

ITエンジニア・30代前半・男性・年収600万円台
評価:2
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
担当の交代を申請しました。

ワークポートでは、最初の担当の方の態度が気に入らず、担当の交代を申請しました。

前任の方は、私の希望する「複合機のシステムエンジニア」という分野にあまり知識が無かったようです。

最終的に転職先が決まったのも、これまでに積んできたキャリアと経験によるものだったのですが、
それらについてヒアリングする前に、「あなたの経歴ですと、転職は難しいかもしれません」と突き放されました。

SE・30代後半・男性・年収400万円台
評価:3
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
担当コンシェルジュの求人紹介が少し雑な感じがした

ワークポートを利用して残念に感じた点は、担当コンシェルジュがたくさん求人を紹介してくれるのは良かったのですが、あまり成功するかどうかを考えずに提案してきているように感じたことです。

紹介された求人に応募しても、ほとんど落とされてしまいました。

20代のワークポートがおすすめの人と注意点

20代のワークポートおすすめ度★★★★★ ●おすすめの人:・エンジニア職種(IT、ものづくりなど)、営業職での転職を検討している人 ・次の転職に向けての希望条件が明確な人 ●利用が要注意の人:・社会人経験が無い・または1年未満の人 ・次の転職に向けてノープランの人 ・営業の電話・メールが苦手な人

ワークポートを利用する人で20代層は多いです。
ワークポートは未経験業種・職種に対しても積極的な支援を行いますので、チャレンジしたい領域がある人は担当エージェントに相談するとよいでしょう。

ワークポートはとくにエンジニア職種(IT、ものづくりなど)、営業職、バックスタッフ系の求人が豊富です。取り扱う業種も幅広いため、多くの選択肢を得られるはずです。

おすすめの人
  • エンジニア職種(IT、ものづくりなど)、営業職での転職を検討している人
  • 次の転職に向けての希望条件が明確な人
利用が要注意の人
  • 社会人経験が無い・または1年未満の人
  • 次の転職に向けてノープランの人
  • 営業の電話・メールが苦手な人

20代の人がワークポートを利用する際の注意点は、以下があります。

  • まったくの未経験分野についてはサポートを受けられない場合もある
  • 営業の電話・メールの頻度が多い

ワークポートでは「未経験転職にも強い」という評判が多く見受けられますが、実際のところでは「求人を紹介されなかった」と話す転職者の声もあります。

たとえばPCスキルの殆どない人がデスクワーク系の職種に転職しようとした場合、求人企業のほうから断られることもあり、そのため担当エージェントの方で「紹介できる求人がない」と言われてしまうことがあるのです。

ただし、この傾向はワークポートに限ったことではありません。
転職エージェントは一定の実務経験のある社会人を対象とすることが多いため、実務経験が殆どない・まったくの未経験分野にチャレンジする人は「就職Shop」や「JAIC」、「マイナビジョブ20’s」などの、20代の正社員化を目指す方向けの転職サービスのほうがおすすめになるでしょう。

また、ワークポートを利用した20代の人で、「営業の電話・メールが多い」という評価コメントも多く見受けられます。

急ぎの転職の際はコンタクトの頻度を高められるメリットはありますが、じっくり、自分のペースで活動を進めたい人は注意が必要です。

担当によっては「ひとまず、応募可能な求人をなるべく送っておこう」というスタンスの人もいますので、紹介される求人がどれもあなたの希望に合ったものとは限りません。
紹介されるひとつひとつの求人をしっかり吟味したうえで応募する慎重さが大切になるでしょう。

30代のワークポートがおすすめの人と注意点

20代のワークポートおすすめ度★★★★★ ●おすすめの人:・短期間に集中して転職活動をしたい人 ・次の転職に向けて明確な希望条件がある人 ●利用が要注意の人:・急ぎの転職ではなく、じっくり検討しながら活動をしたい人 ・キャリアプランや転職の軸が定まっていない人

ワークポートは、30代の人向けの求人も豊富です。
とくにIT・Web業界での転職を検討している人、そのほかエンジニア系職種企画・営業バックスタッフ系の職種を目指す人は、ワークポートから紹介される求人から希望に合致する企業・職場を紹介される可能性が高いでしょう。

30代向けの求人ボリュームは、30~34歳までの30代前半が多めで、35歳以降の後半はやや少なくなります。
ただし、「やや少ない」といっても35歳~39歳までの求人で約5万件HITします(※2024年3月現在 公式サイトより確認)ので、他の転職エージェントと比べて紹介求人が少なくなることはないでしょう。

おすすめの人
  • 短期間に集中して転職活動をしたい人
  • 次の転職に向けて明確な希望条件がある人
利用が要注意の人
  • 急ぎの転職ではなく、じっくり検討しながら活動をしたい人
  • キャリアプランや転職の軸が定まっていない人

30代の人がワークポートを利用する際の注意点は、以下があります。

  • 営業の電話・メールの頻度が多い
  • 担当エージェントによって、サポート品質にムラがある

30代の転職者がワークポートを利用した際によくあるコメントが、「営業の電話・メールの頻度が多い」というものです。

30代は一定の社会人経験も積まれ、とくにリーダー・管理職ポジションを経験した人は少なくない企業からニーズがあります。ワークポートはそうした企業ニーズを積極的にサービス利用者に伝える傾向が強く、結果として営業電話・メールの頻度も多くなるのです。

「応募を急かされるのが苦手」「メールが多いと処理しきれなくなる」という人は要注意でしょう。
担当エージェントとの初回コミュニケーションの際に、希望する活動ペースや提案の頻度などを伝えておくことをおすすめします。

また、担当によっては「ひとまず、応募可能な求人をなるべく送っておこう」というスタンスの人もいます。
そのため、紹介される求人がどれもあなたの希望に合ったものとは限りません。
紹介されるひとつひとつの求人を、しっかり吟味したうえで応募を検討する慎重さも大切です。

40代以降代のワークポートがおすすめの人と注意点

40代以降のワークポートおすすめ度★★★★★ ●おすすめの人:・短期間に集中して転職活動をしたい人 ・担当エージェントから積極的な提案が欲しい人 ・次の転職に向けて明確な希望条件がある人  ●利用が要注意の人:・急ぎの転職ではなく、じっくり検討しながら活動をしたい人 ・キャリアプランや転職の軸が定まっていない人

転職エージェントでは40代以降の求人は少なくなることが多いのですが、ワークポートは40代以降の求人も豊富に扱っています。
サイト上の公開求人を検索すると40歳で約4.5万件、50歳で1.2万件以上の求人がヒットします(※2024年3月時点)。

なるべく多くの求人をチェックして比較検討したい40代転職者に、ワークポートはおすすめです。

おすすめの人
  • 短期間に集中して転職活動をしたい人
  • 担当エージェントから積極的な提案が欲しい人
  • 次の転職に向けて明確な希望条件がある人
利用が要注意の人
  • 急ぎの転職ではなく、じっくり検討しながら活動をしたい人
  • キャリアプランや転職の軸が定まっていない人

40代以降の人がワークポートを利用する際の注意点は、以下があります。

  • 営業の電話・メールの頻度が多い
  • 目指す業種・職種によっては、紹介求人が少なくなることも
  • 担当エージェントによって、サポート品質にムラがある

40代の転職者がワークポートを利用した際によくあるコメントが、「営業の電話・メールの頻度が多い」「希望にマッチしない求人も紹介される」というものです。

「応募を急かされるのが苦手」「メールが多いと処理しきれなくなる」という40代以降の人は要注意でしょう。
担当エージェントとの初回コミュニケーションの際に、希望する活動ペースや提案の頻度などを伝えておくことをおすすめします。

また、ワークポートは他の転職エージェントと比べて、求人提案の頻度が多めです。
これは「紹介できる求人が多いから」という場合もありますが、担当エージェントの営業アクションの一環(ノルマ達成など)であることも多いことを知っておくべきです。

40代以降は社会人経験の積み上げが高まっている一方で、得意領域は専門化しがちです。また、採用企業も業界・事業の知識・経験のある40代転職者を求める傾向が強まります。
そのため20代・30代と比べて、40代以降の転職は求人のマッチングの難易度が高まりやすいのです。

まとめると、40代転職者がワークポートを利用する際は、提案求人の良し悪しを自分でじっくり見極めるための慎重さとそのための時間の確保が肝要です。

一方、他の転職サイト・エージェントでは40代以降の求人がほとんどないことも多いです。
ワークポートの求人提案の機会が多いことを有効活用して、その中から自分の希望に合う求人を丁寧に探していくとよいでしょう。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業

(1)ワークポートインターネットのページから登録

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

「ワークポートのサービスってどんな感じなんだろう…」

ワークポートは、他の多くの転職サービス同様公式サイトより「無料」で登録できます。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業
ワークポート会員登録ページ

「無料登録」のボタンを押した後、画面の流れに沿って、氏名、生年月日、お住まいの地域、連絡先などを入力します。

続いて、エージェントサービスの登録情報を入力します。
ここで、職務経歴書とWeb履歴書を作成しますが、後からでも再入力可能です。「まずはわかる範囲で埋めていく」という形でもOKです。
入力画面の「サンプルを利用する」を選ぶと、近しい業種・職種のサンプル例文を利用でき、簡単に入力を進められます。

「登録完了…っと意外に簡単にできた!」

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業

(2)担当の転職コンシェルジュと面談の日程を調整する

サービスを登録した後、担当の転職コンシェルジュから、相談や面談など、今後の転職活動の進め方について、確認のメールまたは電話が来ます。

「ハッハイ!早速かかってきた~!」

都合の良い日時を伝えて、面談日時を確定します。
面談前に、現在の転職の意思や希望を説明できるように整理しておくと良いでしょう。
併せて、履歴書や職務経歴書も用意しておくことをおすすめします。

「この日が面談だから…そろそろ履歴書とか用意しよう」

(3)担当の転職コンシェルジュと面談

ワークポートの担当コンシェルジュとの面談は、対面・オンライン・電話いずれかを選べます。
ここでは、可能な限り「対面」または「オンライン」での面談を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、顔を合わせての面談のほうが相互理解や信頼関係の構築がされやすく、担当コンシェルジュ側でもよりあなたの希望に沿った提案をしやすくなるからです。

「よろしくお願いします!」「優しそうで頼りになりそう~!」

「これまでの業務内容は…伸ばしたいスキルは…今後の働き方のイメージ…年収は…」

面談でははじめに、あなたの転職に対する思いや希望条件、職歴や今後のキャリアイメージについてのヒアリングがあります。

ヒアリングした内容が求人企業へ伝わることはありませんので、希望条件や転職理由などはありのままをお伝えした方が、転職コンシェルジュ側のあなたへの理解も高まります。

その後、担当コンシェルジュのほうでおすすめの求人を紹介してくれます。

「たとえばこの企業は先ほどお話し頂いた将来のイメージに近そうですよね」

「ではこれからの進め方ですが」「在職中であまり時間がとれなくて…」「無理のないペースで進めましょう!」

面談では、「具体的に転職活動を始められる時期」や「いつから面接をスタートできるか」、「職務経歴書の修正(ブラッシュアップ)はいつくらいまでに完成しそうか」といった、今後のスケジュールについての確認もされます。

事前に直近の予定を整理しておく、スケジュール帳を持っていくなどしておくとスムーズでしょう。

(4)履歴書・職務経歴書の添削、および面接対策の実施

ここから、ワークポートのサービスを更に有効活用していくためには、「履歴書・職務経歴書の添削」および「面接対策」を依頼することをおすすめします。

「転職理由はこういう風に話した方が真意が伝わりやすいですよ」「なるほど…!」

これらのサポートを受ける場合は、初回訪問の後に2回目の訪問をして、担当コンシェルジュとの打ち合わせをすることになります。

「2回も打ち合わせるなんてちょっと面倒…」と思われた方もいるかもしれませんが、現役キャリアアドバイザーいわく、「2回目以降も対面で会いに来てくれる転職活動者の方々の方が、転職成功率は圧倒的に高い」とのことです。

満足のいく転職を実現する為にも、ぜひこれらのサービスも受けておきましょう。

(5)希望する企業への応募(書類選考・面談)

求人企業への応募および面接日程の調整は、すべてワークポートの担当コンシェルジュが進めてくれます。

企業との面接当日は、原則10分前にはオフィスに到着できるように行動しましょう。
また、ご自身でも面接準備を万全に行っておくことをおすすめします。

「応募した理由について教えてもらえますか」「はい私は…面接対策の練習通りに落ち着いて…」

(6)内定獲得後、担当の転職コンシェルジュに給与交渉・入社時期の調整をしてもらう

「やった!採用してもらえた!」

面接に合格し、内定通知を受けても、まだ気を緩めずに。
給与交渉や入社時期の調整が必要な場合は、内定通知後に行うことになります。

また、この際もワークポートの転職コンシェルジュに代行して行ってもらうとスムーズです。

「おめでとうございます!希望の企業に決まって良かったですね」「ありがとうございます!でも入社時期についてちょっと相談が…

「ご安心ください!私の方から交渉してみますね」「ありがとうございます!」

──以上、ワークポートのサービスの流れをざっとご紹介しました。
特に今回がはじめての転職になる方は、事前に活動の流れについてイメージを持っておくのは非常に重要です。

なお、人気の高い求人情報は早いタイミングで別の候補者から応募が殺到しますので、チャンスを逃さないようにするためにも、登録は早めに行って、他の転職活動者の一歩先を行くアクションを取っていかれることをおすすめします。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業

※登録後に担当のコンシェルジュから面談の予定のおうかがいの電話がありますので、あらかじめ面談日程をイメージしておくと良いでしょう。

ワークポートサービス登録・利用の流れをもっと見る

ワークポートの強みを最大限に引き出すには、転職者側で心がけておくべきポイントがいくつかあります。転職エージェント任せにするのではなく、自分でもできる限りの準備をしておくことが大切です。

とくに次に挙げる3つのポイントについては、ワークポートを活用する際に必ず実践しておくことをおすすめします。

事前に「経歴・スキルの棚卸し」と「職務経歴書の作成」を行っておく

POINT1 面談前までに、自分の働き方の「軸」をイメージしておく ■「働き方の軸」とは…自分の進みたい分野と、得意なこと、チャレンジしたいことの共通項を見出すこと。

ワークポートに登録する際に、まだ希望する業種・職種がはっきり決まっていない人もいるでしょう。

そうした際もワークポートのキャリア相談のサービスを利用することが可能ですが、より確実な転職成功を目指していくうえでは、「転職(就職)先では、こういう働き方をしたい」という自分なりの軸を持っておくことが大切です。

それにより、担当コンシェルジュとの面談もスムーズに進みやすくなるでしょう。

転職の「軸」の定め方

  • 目指したい業界・企業・ポジション(働き方)を、ざっくりとイメージする
  • ②その分野で、自分が出来ること、得意なことをイメージする
  • ③その分野で求められること(知識やスキル)が何かをイメージする
  • ④改めて、その分野であなたがやりたいこと、そして情熱を持ち続けられることをイメージする
  • イメージの重なりの部分を、自身の転職の「」とする
転職の軸:MUST(求められるもの)、CAN(できること)、WILL(やりたいこと)

それぞれのイメージは、上記図のように「CAN(できること)」「MUST(求められること)」「WILL(やりたいこと)」と表すことができます。

そして、これらのイメージの重なる部分が、その人が長く活躍できる領域になり、あわせて転職の大方針として定めやすいです。

担当コンシェルジュには「本音」を伝えるよう心がける

POINT2 担当コンシェルジュには「本音」と「意欲」を伝える ■「本音を話してくれないとサポートしづらい…」という担当者は多い。転職パートナーとして、本ね&熱意を向けていこう。

ときどき、「転職者の本音が掴めなくて、サポートがしづらい」という転職エージェントの担当の方の話を聞きます。

転職エージェントは、転職者のニーズと企業のニーズを合致させる仕事でもあります。

転職したい本来の理由をはじめ、希望する分野や年収条件、転職時期についてしっかり把握したうえで、適切な求人紹介ができます

また、担当コンシェルジュは転職活動を進めるためのパートナーであり、転職成功を実現するための「味方」です。本音をさらけ出すつもりで面談にのぞみ、ありのままを伝えることが大切です。

本音で答えてくれる転職者に対しては、担当コンシェルジュも「何とかして転職を成功させてあげたい」と感じるものです。
紹介される求人のミスマッチを防ぐためにも、担当コンシェルジュには「本音」を伝えることを意識すると良いでしょう。

複数の転職エージェントサービスを活用する

POINT3 複数の転職エージェントサービスを活用する ■複数活用のメリット:①それぞれのサービスが持つ優良求人を知れる ②キャリア相談などでセカンドオピニオンの役割になる ③自分にとって相性の良い担当を見つけやすくなる

ワークポートを利用していて、「転職がなかなか決まらない」、「担当者とのコミュニケーションがあまりうまくいっていない」と感じた際は、他の転職エージェントにも登録しておくことをおすすめします。

転職活動がうまくいかない原因は、もしかしたら担当者との相性の問題かもしれません。
他の転職エージェントを利用することによって、それぞれの担当の良し悪しをニュートラルに確認できるようになります。

また、複数のアドバイザーから意見をもらうことで、自身でも気づいていなかったポジティブな点を知れることに繋がるかもしれません。

転職エージェントを複数使うことで、転職失敗のリスクを大きく下げられます。

ポイントは、東京・大阪・福岡・愛知などの都市部で転職活動をする人は「大手転職エージェント」を利用すること、それ以外の地域で転職活動をする人は「地域特化型の転職エージェント」を利用することです。

一般的に、大手転職エージェント都市部に本社を置く企業求人の紹介に強く地域特化型の転職エージェントその地域に本社を置く企業求人の紹介に強いです。

以下に、それぞれのおすすめ転職エージェントを紹介します。
ご自身の活動拠点に合わせて、どのようなサービスがあるかをチェックしておくことをおすすめします。

都市部の転職支援に強い大手転職エージェント

 
サービス名マイナビエージェント
マイナビエージェント
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
type転職エージェント
type転職エージェント
メリット
  • 幅広い求人紹介
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国都道府県に拠点がある
  • 丁寧なサポート・面接通過率が高い
  • 若手向けのIT/Web求人が豊富
デメリット
  • 職種によっては求人数は少なめ
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 職種によっては求人数は少なめ
  • IT/Web業界以外の求人は少なめ
公開求人数 5.7万 24万 38万 3.5万 1.0万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 東京・神奈川・埼玉・千葉
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策をしっかり行いたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 東京首都圏でIT・Web系の仕事を探している人
公式サイト

表内の求人数は2024年4月時点のものです。

各都道府県の、その地域に拠点を持つ「地域密着型」転職エージェント

都道府県 転職エージェント|都道府県内の拠点
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

Q1)今すぐ転職する予定がなくても、情報収集やキャリア相談といった目的でサービスは利用できますか?

すぐに転職する予定がなくとも、転職エージェントを利用している人は多くいます。

ワークポートの公式サイトにおいても、「「とりあえず業界情報が欲しい」「自分のキャリアではどこに転職できるのか」「自分にとって転職するメリットはあるか」などのご相談でも大歓迎です。」といった紹介をしています。

転職活動は「必要に迫られて開始する」よりも「自身のキャリアプランを立てておき、常日頃から希望に合う求人をチェックする」人の方が転職成功しやすいといいます。

ワークポートの転職支援の実績・ノウハウを最大限活用するうえでも、早いタイミングで登録しておくと良いかもしれません。

Q2)サービスを利用してから内定をもらえるまでの期間はどれくらいですか?

転職活動にかかる期間は「平均3ヶ月程度」といわれています。そのうち退社から入社準備の期間は平均4~5週間ほどですので、転職活動開始(ワークポートのサービス利用開始)から内定を貰えるまでの期間目安は2ヶ月程度と見ておくと良いかもしれません。

ただし、転職は早ければよいものではありません。「今後のキャリアプラン、ライフプランを見据えた、最適な職場選びを実現できること」を第一に考え、上記の期間についてはあくまで目安として持っておき、なるべくゆとりを持ったスケジュールで転職活動に臨むと良いでしょう

Q3)電話やオンラインでの面談・相談は可能ですか?

ワークポートでは、お住いの近くに拠点がない、その他さまざまな理由によって対面での面談が不可能な場合は、電話やオンラインでの面談・相談も可能です。

電話・オンラインの面談を希望する方は、初回の電話またはメール連絡の際に、その旨を担当コンシェルジュに伝えておきましょう。

一方で、対面での面談は「転職コンシェルジュとのコミュニケーションを取りやすい」「自身の転職への意欲を伝えやすい」といったメリットもあります。

電話・オンラインのサポートと対面のサポートの双方のメリットを比較し、より自身に即したサポート形式を選ぶことをおすすめします。

Q4)対面での面談は、どこで受けられますか?

転職コンシェルジュとの対面での面談は、ワークポートの拠点がある以下のいずれかのオフィスへお越しいただくことになります。

場所 住所 最寄り駅
本社オフィス 東京都品川区大崎1-2-2  アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線「大崎駅」
札幌オフィス 北海道札幌市北区北6条西1丁目4-2 ファーストプラザビル 2F 地下鉄東豊線「さっぽろ駅」・JR「札幌駅」
仙台オフィス 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22 宮城野センタービル4F JR「仙台駅」・地下鉄東西線 「宮城野通駅」
郡山オフィス 福島県郡山市駅前2-12-2 日本生命郡山駅前ビル1F JR「郡山駅」
宇都宮オフィス 栃木県宇都宮市大通り2-3-1 井門宇都宮ビル4F JR「宇都宮駅」
高崎オフィス 群馬県高崎市八島町65 明石屋ビル3F JR「高崎駅」
埼玉オフィス 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82 大宮大門町MIIビル 6F JR「大宮駅」
横浜オフィス 神奈川県横浜市西区北幸1-11-11 NMF横浜西口ビル 6F JR・京浜急行線・相鉄線・東急東横線・みなとみらい線・横浜市営地下鉄線「横浜駅」
千葉オフィス 千葉県千葉市中央区弁天1-15-3 リードシー千葉駅前ビル7F JR「千葉駅」
新潟オフィス 新潟県新潟市中央区東大通1-3-10 大樹生命新潟ビル5F JR「新潟駅」
静岡オフィス 静岡県静岡市葵区黒金町59-6 大同生命静岡ビル10F JR「静岡駅」
名古屋オフィス 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー5F JR「名古屋駅」
金沢オフィス 石川県金沢市広岡1-1-18 金沢KSビル7F JR「金沢駅」
滋賀オフィス 滋賀県大津市末広町1-1 日本生命大津ビル5F JR「大津駅」
大阪オフィス 大阪府大阪市中央区平野町2-3-7 アーバンエース北浜ビル14F 地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」・地下鉄堺筋線「北浜駅」・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」
京都オフィス 京都府京都市下京区真苧屋町207番地 ネオフィス七条烏丸4F JR「京都駅」・京阪本線「七条駅」
神戸オフィス 兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング 11F JR線「三ノ宮駅」・阪急線「三宮駅」・阪神線「三宮駅」
姫路オフィス 兵庫県姫路市南駅前町100 姫路パラシオ(パラシオ第2ビル)4F JR「姫路駅」
岡山オフィス 岡山県岡山市北区本町6-30 第一セントラルビル2号館5F JR「岡山駅」
広島オフィス 広島県広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル9F アストラムライン「本通駅」・広島電鉄「本通駅」
高松オフィス 香川県高松市兵庫町8-1 高松兵庫町ビル6F JR「高松駅」
松山オフィス 愛媛県松山市花園町1-3 日本生命松山市駅前ビル3F 伊予鉄道「松山市駅」
小倉オフィス 福岡県北九州市小倉北区米町1-3-1 明治安田生命北九州ビル5F 北九州モノレール「平和通駅」・JR「小倉駅」
福岡オフィス 福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38 天神121ビル7F 地下鉄空港線「天神駅」・西鉄天神大牟田線「西鉄福岡(天神)駅」・地下鉄空港線「天神南駅」
長崎オフィス 長崎県長崎市興善町6-5 興善町イーストビル10F 長崎電気軌道「桜町駅」
熊本オフィス 熊本県熊本市中央区安政町4-23 アクア熊本水道町6F 熊本市電「水道町駅」
宮崎オペレーションセンター 宮崎県宮崎市江平西2-3-48 宮崎KHビル2F JR日豊本線「宮崎神宮駅」
宮崎第2オペレーションセンター 宮崎県宮崎市錦本町1-3 エストレジャービル3F JR「宮崎駅」
鹿児島オフィス 鹿児島県鹿児島市西千石町1-1 鹿児島西千石第一生命ビルディング5F 市電「高見橋駅」・JR「鹿児島中央駅」
沖縄オフィス 沖縄県那覇市旭町116-37 カフーナ旭橋C街区第一交通産業オフィスコート2F ゆいレール「旭橋駅」

サービス登録の前に、アクセス可能な位置にオフィスがあるかどうかについも確認しておくと良いでしょう。

Q5)サポートを断られてしまったのですが、どうすればいいですか?

ワークポートのエージェントサポートを申し込んだものの、サポートを断られてしまった場合には、以下のような原因が考えられます。

年齢と職歴が見合っていなかった

ワークポートでは、全年齢向けにサポートを行っていますが、たとえば「30代で正社員経験なし」、「40代でこれまでの職歴はオペレーション業務のみ」といったように年齢でみたときに職歴が不足していると見られた場合、「見合った求人がありません」と断られてしまうことがあります。

短期間での転職を繰り返している

ワークポートに限らず、転職エージェントサービスでは「短期間での転職を繰り返している」人へのサポートを敬遠しがちです。再度短期の転職をされると、紹介企業からの信頼を失ってしまうリスクがあるからです。

エージェント側の都合(繁忙期など)により、優先度を下げられてしまった

繁忙期などで「転職者が多くて、さばききれない」ときに、すぐに転職する予定ではない転職者や、内定獲得まで若干の時間を要することが見込まれる転職者に対して、担当側で優先度を下げてくる可能性もあります。

これらの理由でサポートを断られてしまった場合は、以下の対策を取ることをおすすめします。

  • 転職サイトを使って「自分から求人応募する」スタイルの転職活動に切り替える
  • ワークポート以外の転職エージェントサービスに登録する

転職エージェントサービスはワークポートの他にも複数あります。
また、他のエージェントでは問題なくサポートしてくれる場合もあります。

ワークポート以外のエージェントサービスに関しては、後述する「ワークポートと併せて利用すると効果的な転職サービス」を参照ください。

Q6)ワークポートの退会方法について教えてください

ワークポートの退会には、オリジナルアプリ「eコンシェル」の退会ページより手続きが可能です。 また、担当コンシェルジュへ電話で直接依頼できます。

なお、退会手続きをする前に「現在、選考途中の企業はないか」は必ず確認しておくようにしましょう。

また、一度退会しても再度サービスに登録することも可能ですが、その際はまた一から職務経歴書などの情報を記入する必要があります。

Q7)他の転職エージェントと掛け持ちで利用している場合、正直に伝えた方がいいですか?

転職エージェントを掛け持ち利用している場合、担当アドバイザーにもそのことを伝えておいた方が良いでしょう。その理由は、以下の2点があります。

  • 別の転職エージェントと同じ求人をおすすめされる場合がある
  • 掛け持ちを隠したままだと、意思疎通や信頼関係の構築が難しくなることがある

例えば一点目の「同じ求人をおすすめされた」場合、掛け持ちを隠したままだとその求人を見送る為に嘘の理由を作らなくてはならなくなります。その作られた理由によって、担当アドバイザーは転職者の希望や意思を誤って解釈してしまうことも起こりやすくなるでしょう。

現在、ほとんどの転職者は転職エージェントを掛け持ちで利用しています。キャリアアドバイザーもその状況は重々把握していますので、それで信頼関係や支援の優先度に影響がでることはまずないでしょう。
変に気を遣って隠すことなく掛け持ちしていることは率直に伝えて良いと思います。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業

9)ワークポートと併せて利用がおすすめの転職エージェント

転職活動を効果的・効率的に進めていくために 複数の転職サービスを活用する! ■セカンドオピニオンがあるとより信頼感、安心感が持てる ■コンサルタントとの相性も大切
 

ここまでの内容で、「ワークポートの転職サービスに登録しようかな」と思われた方は、併せてもう1~2つの転職サービスにも登録されることをおすすめします

その理由は、ワークポートをはじめとした「転職エージェント形式」のサービスにおいては、担当するキャリアアドバイザーとの相性がとても重要だからです。

かつ、転職サービスはそれぞれに強みや得意とする業界・企業も異なってきます。複数の転職サービスに登録して、幅広いサポートと視野を持つことによって、転職活動もよりスムーズに進めやすくなるでしょう。

以下におすすめしますのは、これまでの転職成功者からの評判も高い転職サービスです。ぜひ、ワークポートとの併用での活用をご検討ください。

マイナビIT AGENT

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
POINT!

マイナビ社が運営する、ITエンジニア転職に特化した転職エージェント。好条件求人の紹介、書類作成・面接準備へのサポートの手厚さに強みがあります。

マイナビIT AGENTはIT・Web系求人保有数では国内トップクラスの転職エージェントです。
在籍するキャリアアドバイザーはいずれも「IT業界出身者」となっており、エンジニアの視点からキャリア相談や求人紹介を行ってくれます。

人材紹介事業として大手の株式会社マイナビが運営していることもあり、紹介する求人企業も業界大手から優良中小企業までさまざまです。

「年収・スキルアップ」「ワークライフバランス」など、転職者の希望に即した企業に出会える確率も高まることでしょう。

IT業界に特化した専任制チーム」による書類添削・面接対策などのサポートにより、自分でも気づけなかった強みやアピールポイントの創出にも繋がるはずです。

マイナビIT AGENTの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1.8万件(2024年3月現在)
とくに多いエンジニア職種 アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、社内SE、SE・PG、PM・PL
ITエンジニア求人トップクラス

マイナビのプロモーションを含みます

レバテックキャリア

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
POINT!

レバテックキャリアの担当エージェントは全員エンジニア経験者。「希望の企業に転職」96%、「転職後の年収アップ率」80%以上の高い実績を誇ります。

レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営する転職エージェントです。

同サービスの特徴としては、アドバイザーの殆どが「エンジニア実務経験者」であること。IT業界についてエンジニアリングの技術的な事柄についても通じた担当が付いてくれる可能性が高いです。

レバテックキャリアでは年3,000回以上の企業ヒアリングから得た最新情報をもとに企業別に対策を行っています。
そのため、転職希望者のスキルや希望にマッチした求人紹介を得意とし、ヒアリング後の初回マッチング率(内定率)は90%にものぼるといいます(同社担当より)

「エンジニアリングをどういった事業分野で発展させていくか」についてしっかり把握して転職活動をするうえで、自分だけの調査・研究では不安な方はレバテックキャリアのサポートが役立つでしょう。

レバテックキャリアの特徴

特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • 「希望の企業に転職」96%、「転職後の年収アップ率」80%以上の高い実績(※公式サイトより)
サービス対応地域 全国
公開求人数 約2.2万件(2024年3月現在)
とくに多いエンジニア職種 プログラマー・SE全般、PL・PM、ITコンサルタント
利用者の8割が年収アップ

リクルートエージェント

リクルートエージェントIT
POINT!

ITエンジニア求人数は国内No1!豊富な転職ノウハウと支援ツールで、「スピーディな転職」を実現できます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

ITエンジニアの転職支援にも強く、2024年3月時点のITエンジニア向け公開求人数は約10万件と、他のエージェントから群を抜いての豊富さです。

とくにアプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、フロントエンドエンジニアの求人紹介および転職支援に強みがあります。

これまで培ったノウハウをもとに開発された「サービス体制」と「支援ツール」が非常に高品質であることが、リクルートエージェントの強みです。

リクルートエージェント:豊富な事例と企業との強力なリレーションをもとに力強くサポート

たとえば、リクルートエージェントでは志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
ITエンジニアの転職では、その職場の開発環境から必要なスキルや働き方まで、ネットで公開されていないような企業情報が必要となることも多いでしょう。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにITエンジニアの転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数および転職支援実績 国内No1。全エンジニア職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 面接力向上セミナーなどのセミナー・イベントも随時開催
サービス対応地域 全国
ITエンジニアの公開求人数 約8.9万件(2024年3月現在)
とくに多いエンジニア職種 プログラマー・Webエンジニア、社内SE、製品開発・ASP、組込み・制御エンジニア、ITコンサル
エンジニア求人国内No.1

ギークリー

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
POINT!

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界への転職支援に強い転職エージェント。各職種別に専門コンサルタントが在籍しており、目指す領域の最新トレンドをキャッチしながらの転職活動が実現できます。

ギークリー(Geekly)は、IT・Web・ゲーム業界への転職支援に強い転職エージェントです。
Web3やX-Techといったトレンド技術の求人も多く取り揃えており、これらの分野で転職先を検討している人におすすめです。

若手エンジニアだけでなく、30~40代のミドル層へのサポートも手厚く行っており、エンジニアとしての経験値に合わせ、最適な求人紹介を行ってもらえます。

キャリアコンサルタントはいずれも「IT業界で3年以上」のコンサルティング実績を持っているため、業界のトレンドや企業の特性についても詳しいアドバイスが期待できます(※公式サイトより)。

ギークリー(Geekly)の特徴

特徴
  • Web業界・ゲーム業界はじめコンシューマ向け開発への転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
公開求人数 約2.1万件(2024年3月現在)
とくに多いエンジニア職種 プログラマー、SE、PL・PM、その他トレンド性の高い分野(エンタメ、ディープテック、SaaSなど)
書類選考の通過率3.4倍

dodaエンジニアIT

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
POINT!

dodaのITエンジニア転職に特化した転職エージェント。幅広いエンジニア職種と地方求人の豊富さに強みがあります。

doda ITエンジニアは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda ITエンジニアは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
まずは自分でじっくり求人チェックしたい方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用することもできます。

doda ITエンジニアでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため実績のあるエンジニアは企業から熱意あるスカウトメールが届くことが多いでしょう。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認できるでしょう。

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されますので、スカウト・オファーを沢山ほしい方は、レジュメ内容を充実させることをおすすめします。

doda エンジニアITの特徴

doda ITエンジニアの特徴
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
ITエンジニアの公開求人数 約5.5万件(2024年3月現在)
職種ごとに専門のサポート

まとめ)ワークポートの転職サービス 特徴・評判・おすすめの人まとめ

ワークポートの転職サービスにおける特徴、メリットをまとめてみましょう。

ワークポートの特徴

  • IT・Web系の幅広い職種を扱っている
  • 求人紹介の量・スピードの対応が速く、急ぎの転職に向いている
  • 業界・職種未経験者へのサポートが手厚い
  • オリジナルアプリ「eコンシェル」が便利

ワークポートの評判

良い評判・口コミで多かった意見

  • 多数の求人を紹介してもらい、希望の転職先を見つけられた
  • 転職コンシェルジュが親身になってアドバイスをしてくれた
  • 面接対策や転職支援ツールが充実しており、心強かった
  • 対応がスピーディで、転職活動を円滑に進められた

悪い評判・口コミで多かった意見

  • 希望条件から外れた求人を紹介されることがあった
  • 転職コンシェルジュとの相性が良くないと感じることがあった
  • 連絡の頻度が高く、転職を急かされているように感じられた

ワークポートがおすすめの人

  • IT・Web・ゲーム業界への転職を検討している人
  • 未経験業界・職種へのジョブチェンジをしたい人
  • なるべく多くの求人を比較・検討したい人

IT・WEB系に特化した転職サービスは数多くありますが、その中でもワークポートは業界初心者もしっかりサポートしてくれる点に、強みがあるでしょう。

一点注意すべきは、評判・口コミにもあった「担当コンシェルジュとの相性・連絡の頻度が多い」点です。
積極的な提案に強引さも感じられる場合は、いちど活動ペースについて担当と相談するか、他のエージェントサービスも試しに使ってみるとよいと思います。

ワークポートの転職サービスは無料で利用できます。「サービスには興味持てたけど、実際のところはどうなんだろう…」と悩んでいる方も、一度登録してサービスを利用して、ご自身にフィットしそうか試してみてはいかがでしょうか。

転職エージェント総合ランキング 3年連続顧客満足高評企業
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

この記事を書いた人

株式会社スタジオテイル:みんなの転職「体験談」。運営チーム

人材領域に10年以上関わるスタッフを中心に、現職キャリアアドバイザー、ヘッドハンター、企業人事、各職種のテクニカルライターからのアドバイス、そして1,000名以上の転職者の方々の体験談・コメントをもとにサイトの更新・運営を行っています。
「ひとりひとりが、自分の望む働き方、キャリアを見つけられること」をコンセプトに、転職・キャリアに関わる有益な情報をお届けします。

よかったら、シェアと評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.26
Loading...
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]