『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

41歳の転職成功は厳しい?成功談・失敗談を交えてポイント・注意点を紹介!

[最終更新日]2024/05/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
41歳の転職成功は厳しい?成功談・失敗談を交えてポイント、注意点を紹介!

41歳での転職を検討しつつも、「今このタイミングで転職して大丈夫だろうか」と悩んでいませんか。

転職市場では一時期、「35歳限界説」が定説として語られていました。

これは、20代から30代前半まではキャリアチェンジも含めて転職しやすいが、35歳までにキャリアプランを明確にしておかないと、その後のステップアップが難しくなるというものです。
そう考えると、41歳で転職する際には、若い世代とは違う探し方をする必要があります。

目次

参考:41歳の転職におすすめの転職エージェント

 
サービス名 doda X
doda X
リクルートエージェント
リクルートエージェント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda
doda
メリット
  • 企業からの積極的なスカウトが多い
  • 年収600万円以上の好条件求人が豊富
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
デメリット
  • 販売・サービス系の求人は少ない
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 提案の電話・メールが多い
公開求人数 4.9万 38万 1.2万 26万 24万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 企業からのスカウトを多く欲しい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2024年5月時点のものです。

1)41歳のチャレンジ転職は入念な準備と周囲の人の協力が必須

41歳の転職で、大切にしたいポイントは──●「在職中」からの転職活動●転職を支援してくれる人の確保…家族や友人・知人、または転職エージェントなど●キャリアの棚卸し…これまでの経験を振り返り、今後のキャリアプランを描いていく

41歳での転職活動は、30代前半までと比べて厳しさを感じやすいでしょう。
企業が40代以降のミドル世代を中途採用する際には、スキルや経歴に対してシビアに見ることが多いからです。

そこで、まずは41歳での転職をする際に、意識しておきたい「大切なポイント」について見ていきましょう。

「在職中」からの転職活動

転職活動を早めに準備することで活動品質自体を高められる

41歳での転職活動は、在職中から行うことが望ましいです。
40代ともなると、家族を持っている人も多いはずです。その場合、生活のための収入を確保しておく必要があるでしょう。

また、転職活動を早め早めに準備しておくことで、活動品質自体を高めていくこともできます。

転職を支援してくれる人の確保

家族や友人、転職エージェントなど転職活動を応援してくれる人を確保

ミドル世代の転職は、いわゆる「空き枠採用」となることが多いです。

どんなに準備をしても、他の応募者でより適任の人がいたら不採用となることもあります。

そのため「一喜一憂せずに自らを信じて転職活動を続ける」というメンタルの強さも不可欠です。

一方で、転職活動で「自分一人で成し遂げる」という意識をずっと持ち続けるのはなかなか困難でしょう。
できれば、家族や親しい友人など、自分の転職活動を応援してくれている人を確保しておきたいところです。

自分の味方になってくれる人が多ければ、そこから求人を紹介してもらえる可能性もあります。
「そういった人が身近にいない」という場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーを活用するという手もあります。

キャリアの棚卸しをする

キャリアプランや市場価値を明確にし、それを生かせる仕事について熟考を

41歳の転職においては、自分のキャリアの棚卸しをしっかり行うことが大切です。

キャリアの棚卸しをすることにより、自身のキャリアプランや市場価値が明確になり、「ここを目指していこう」と応募する求人を絞り込めるはずです。

また、そうした準備によって、選考時の書類選考や面談の通過率を上げていくこともできるでしょう。

補足:キャリアの棚卸しについて

キャリアの棚卸しとは、「これまでの自分のキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと」です。

キャリアの棚卸しとは「これまでのキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと」

「キャリアの棚卸しをしましょう」と聞いても、具体的にどう進めるかパッと思いつかない人もいると思います。

そんな際は、以下の手順で進めてみてください。

キャリアの棚卸し

  • これまで経験した業務をすべて書き出していく
     例)「営業事務作業、企画書・提案書の作成、サービス進捗のデータ入力」など
  • 書き出した業務について、それら業務に求められる知識・スキルは何かを考える
     例)「営業事務作業」=ヒアリング力、数値管理能力、PC操作の知識など
  • 出てきた知識・スキルの中で、「これからも続けていきたいこと・伸ばしていきたいこと」が何かを考える
  • それらを実現できる働き方について考える

転職前において、キャリアの棚卸しはやっておきたいところです。
具体的な進め方については、以下記事で詳しく紹介しています。興味のある人は併せてご覧ください。

2)41歳で転職に成功した人の体験談

41歳の転職体験談①資源開発事業から、Webサービスの新規事業に転職 アール さん 男性 東京都

アフリカや東南アジアの人々の生き生きとした姿を見て、私は「自分自身で、新たなビジネスを立ち上げたい」──そう思うようになりました。
転職前 転職後
職業 商社 Webサービス
職種 資源開発 新規事業開発(事業本部長)
従業員規模 約100,000名 1,000人
年収 1,000万円 1,300万円

転職する前の私は商社に勤務し、原油の油田の権益を獲得するため世界中を飛び回り、国益にもなる仕事にやりがいを感じていましたが、「会社で与えられた仕事ではなく、自分でビジネスを生み出したい」と考え、転職を決意しました。

海外出張が多かったので転職エージェントに登録し、現職のWebサービス事業を手掛けるベンチャー企業に出会い、新規事業部長として入社しました。

新たな職場で10名のスタッフと新規事業のアイデアについて話し合いを始めたものの、仕事に対する消極的な姿勢やアイデアへの反対意見が多く、困り果てて叱ったこともあります。

その後は、社内外でコミュニケーションをはかり、スタッフ全員が前向きに仕事に取り組むようになり、6つの新規事業を立ち上げました。

黒字化したのは2つでしたが、失敗をカバーする収益を創出でき、スタッフみんなと喜びを分かち合えたのです。
その経験を通して思うのは、マネジメントする人間は、組織の気持ちを一つにするのが大切だということでした。

私の転職体験談:「自分で事業を立ち上げたい」──資源開発から、Webサービスの新規事業に転職!

チャレンジは、自分だけでなく相手も巻き込むこと

上記の体験談を語ったアールさんは、商社からITベンチャー企業へとキャリアチェンジして成功しています。

アールさんは商社時代に、発展途上国で子どもでも自分のアイデアで物を仕入れ、それを販売して利益を得るたくましさを目の当たりにしたことで、「彼らと同じように自分自身でビジネスを産み出していきたい」という想いを感じ、転職を検討するようになりました。

その想いを胸にベンチャー企業で新規事業の立ち上げに携わったものの、それを目的に登用された人材は自分を含めて2人、残る8名は他部門からの移動だったため、当初は温度があり、自分のアイデアを否定されるばかりの会議が続いたといいます。

ここで大事なのは、メンバーが同じ想い、目線、目的意識を形成することが、成果をあげることにつながると気付くことです。

アールさんは組織の雰囲気づくりに努め、日常会話や飲み会のセッティングを通してスタッフとコミュニケーションをはかりながら、相手を巻き込んでいきました。

転職の理由と目指す仕事が明確だったから、組織を一つにまとめあげることに注力できたのだと思います。
指揮官として組織の気持ちを一つにまとめあげる大切さを学んだアールさんが、経営者を目指すという新たな目標を見つけたのは、当然の帰結といえるかもしれません。

41歳の転職体験談② 「ものづくり」の情熱を掲げて初めての転職 ひろと さん 男性 京都府

昇進し、ものづくりではなく、人の管理が仕事になってしまいました。ぜんぜん楽しくない…。このときから、僕は転職しようと思うようになりました。
転職前 転職後
職業 製造メーカー 製造メーカー
職種 技術職 技術職
従業員規模 4000人 700人
年収 700万円 700万円

メーカーでものづくりの仕事に携わっていましたが、課長職に昇進したことでメイン業務が人の仕事に変わりました。

ものづくりの仕事をしているときは「みんなが楽しめればいい」と考えていましたが、管理職になって製造現場に顔を出す機会が減り、自分が仕事を楽しめなくなったことが転職を考えたきっかけです。
そこで、従業員数4,000人のメーカーから700人規模の会社に転職。

それまでは縦割りで業務が制限されることも多かったのですが、入社した会社では何でも担当させてもらえたのは、うれしかったです。

とはいえ、未経験の業務も多く、業者さんやクライアントのやりとりのなかで連絡不足によるトラブルが起こり、怒られたことも多々ありました。

ですが、「叱ってもらえるうちが花」と考えめげずに対応し、フォローが欲しいときにはほかの社員にお願いするうちに、社会人としてのパフォーマンスが高まったように感じます。

私の転職体験談:「ものづくり」の情熱を掲げて、40歳で初めての転職!

「みんなが楽しむこと」と「自分が楽しむこと」の折り合い

自分が楽しめる仕事をしたい」という想いで、それまででより規模の小さい同業他社に転職したひろとさん。

ラジコンが趣味だったひろとさんにとって、大企業で管理職として働くよりも、ものづくりの現場で商品を形にしていく方が想いを実現できると考えての決断でした。

転職後はそれまで担当したことのない業務に四苦八苦したこともあったようですが、現在ではクライアントに「ひろとさんと一緒に仕事をしたい」と言ってもらえるようになり、充実した毎日を送っているようです。

41歳の転職であっても、自分がどんなふうに働きたいのかが明確であれば、チャレンジする価値は十分にあると教えてくれる一例でした。

41歳の転職体験談③ 保険会社の事務職転職と、そしていつかの独立を目指して。 ZERORO さん 男性 新潟県

この先、結婚をする気もない。いっそのこと、会社勤めではなく「独立」してもいいんじゃないか。──そんな想いが、頭をよぎるようになりました。
転職前 転職後
職業 保険会社事務職 保険会社事務職
職種 事務 事務
従業員規模 2000~3000人(全国規模) 150名
年収 600万円 200万円

保険会社で20年、事務職としてお客さま対応を中心に仕事をし、困っている方が問題を解決し、笑顔で帰っていただくことにやりがいを感じていました。

しかし、管理職になり重役会議に出席するようになったことで、会社の将来に不安を覚え、独立を考えるようになったのです。

とはいえ、独立するには知識が不足しており、実行に移すには不安があるなかで、持っている資格が生かせる専門職の求人を見つけて応募し、転職を果たしました。

経験者ではあるものの、新たな職場では新人です。
前職とのルールの違いや、上司が自分より年下なことで、仕事がしにくいと感じたことも事実です。
人間関係の構築も一からで、自分の本音を押し殺して仕事をすることに、もどかしさを感じたこともあります。

ですが転職したことで、どんな会社にも問題があり、前職ではそれを考えずに文句を言うだけだった自分に気付けました。

今回の転職は独立へのステップと割り切っていますが、年収や働き心地など、転職によってトレードオフしたものもあります。
現職でたくさんのことを学び、独立への土台を固めていければと考えています。

私の転職体験談:「困っている人を助けたい」。いつかの独立を目指して。

「そのチャレンジは、何とのトレードオフか」を考える

お客さまに満足していただける仕事がしたい」という強い思いを持った、ZEROROさんの転職体験談です。

顧客対応の仕事にはやりがいを感じていたものの、20年在籍した会社への不安を感じ、将来の独立を視野に入れ、そのために足りないスキルの修得を目的に転職を果たしました。

資格の取得や業務の広がりという点では転職は成功でしたが、業界経験の長いZEROROさんにとって、新しい職場の業務効率の悪さや、年下の上司の下での働き心地など、前職の方がよいと感じることもあったようです

転職というチャレンジで得られるものもあれば、反対に失うものもあります。
41歳で転職をする際には、トレードオフするものについても、考えておくべきと教えてくれる一例でした。

3)41歳の「将来の漠然とした不安」からの転職を成功するポイント

41歳の転職で、「漠然とした不安」が転職理由になっているときは──。自身にとっての「やりがい」や「キャリアアップ」について探求する …「逃げの転職」にならないよう注意を!

年齢に関わらず、仕事を辞めたいと思う理由は

  • 仕事内容
  • 勤務条件(待遇)
  • 職場環境
  • プライベートな事情

の4つに大別され、そのうち2つに該当すると、本気で退職を検討するといわれています。

キャリアを重ねた41歳ともなると、自分が社内でどこまで昇進できるかなど、勤務先での先行きが見えるようになります。

また、現場業務から管理職業務に移行することで、仕事に面白みを感じられなくなる人も多いです。
そうした不安や不満から、新天地であれば変わるのではないかという思いで、転職に踏み切る人も少なくありません。

ですが、ネガティブな理由のみの転職は、総じて失敗しやすいです。
なぜなら採用する企業は、40代以降の中途入社者に対してポジティブなインパクトを求めることが多いからです。

41歳での転職は、「チャレンジしよう」という前向きな気持ちがあるかもとても重要です。

そんな41歳の転職に関わる、一つの体験談を以下に紹介します。

41歳の転職体験談④ 40代でのエンジニア転職で、私が思ったことは。 一郎 さん 男性 東京都

あのさ、子会社に『出向』してほしいんだけど、どうかな?…・・え…?自分?
転職前 転職後
職業 IT系 IT系
職種 エンジニア エンジニア
従業員規模 3,000人 200人
年収 900万円 900万円

一般向けのサービスを展開しているIT企業に勤務し、給与や仕事内容に特に不満を感じないまま、10年以上エンジニアとして働きました。

とはいえ、満足しているとは言い難く、現状に停滞感があり、将来に対して漠然とした不安を感じるようになったタイミングで、上司から出向を打診されたのです。

その時点で周囲に転職する人が増えていたこともあり、転職エージェントに登録。
そこで紹介された、法人向けサービスを行っている中堅のIT企業に転職しました。

現在は、事業ビジョンが明確な経営者の下、会社の推進力に感化され、毎日必至で仕事に取り組んでいます。
幸い会社の業績は好調ですが、IT業界は流動的ですから、この先どうなるかはわかりません。
そこに気づけたのは、転職したからだと思います。

世の中の変化が激しいからこそ、安定し続けるためには、自分が成長する必要があると理解したからこそ、資格を取得したり、人脈を広げるなど、努力を続けてます。
それにより、自分の軸を見失わずにいられれば、何があっても落ち着いて対応できるのではないかと思います。

私の転職体験談:40代エンジニアの私が転職をして、思ったこと。

自分の「軸」を見失わずにいるために

ITエンジニアとして、個人向けサービスを主軸とする会社から法人向けサービスをするところに転職した一郎さんの体験談です。

勤務先に特筆すべき不満はなくても、同じ仕事をくり返すことが続くと、停滞感や将来への漠然とした不安を感じるのは、誰にでも起こりうることです。

そんなタイミングで一郎さんの周りに転職する人が増え始め、その中の一人が「今の状態から打破していかないと」と話したことが印象に残ります。

その後、上司に出向を打診されたショックと、その言葉に触発されたことで、転職エージェントに登録。紹介された企業の事業ビジョンや経営陣に好印象をもち、入社を決めました。
一郎さんは転職したことで、「自分が流動的な業界の流れの中に身を置いていること」に気づいたといいます。

だからこそ将来に備えて、自分の軸を見失わないために、積極的に資格取得や人脈づくりに励み、自分が安定できるように成長したいと考えているそうです。
転職がゴールではなく、その後のキャリアについて考えて努力を続けることは、誰もが見習うべきポイントがもしれません。

4)41歳でフリーター・非正規雇用から正社員に転職する際の成功のポイント

転職エージェントの支援を受ける。「正社員化」を第一目標とせずに、 自身の成長・キャリアアップを第一に意識すること

41歳でパートやアルバイトをするフリーター、派遣社員を含めた非正規雇用者として働く人は少なくありません。
そういった方々の中で、「正社員になりたい」という意識から転職活動をする人もいるでしょう。

41歳の求職者について、求人企業側のニーズは決して低くはありません。そのニーズに対してきちんと応えていく為には、転職エージェントのキャリアアドバイザーなどのプロのサポートを受けるのが一番です。

また、その際は「何が何でも正社員になろう」という意識よりも、「これからの自身の成長・キャリアアップへのイメージを深めていこう」という意識を持つことが大切です。
なぜなら、求人企業の多くがミドル世代の中途採用者に求めているのは、「ともに成長してくれる人」「企業の発展を一緒に進めてくれる人材」だからです。

つまり、「現状どうか」だけに視点を終始するのではなく、その先の未来に向けて意識を持てていることが大切、ということです。

41歳の転職体験談⑤ 40代の事務職の転職と、「正社員になる」という目標 ざくろ さん 女性青森県

「派遣打ち切り」の憂き目にあい、(次からは、正社員で働こう)──と、私は意識を固めました。
転職前 転職後
職業 製造業 製造業
職種 事務(派遣) 事務(正社員)
従業員規模 20名 5名
年収 200万円 200万円

若いころに正社員として働いていた会社にリストラされてから、ずっと非正規雇用者として働いてきました。
仕事は好きでしたが、非正規雇用には保障も賞与もなく、早く正社員になりたいと考え続けていました。

前職では派遣社員として働いていたのですが、正社員登用するといわれ、一生懸命仕事をしました。
ですが、業績悪化により正社員登用はおろか、派遣契約も打ち切られ、転職活動を余儀なくされたのです。

すぐにハローワークに行って仕事を探し始め、2ヵ月ほどで事務職として正社員採用され、派遣社員時代と比べると月給が4万円ほど上がりました。

ですが、支給されると聞いていた賞与が1年たっても出ないままで、理由を尋ねたところ「業績が不安定だから」と返答されました。

そして、仕事量も少なく残業がないので、手取り額が派遣社員時代と変わらない状況に陥ったのです。
そのため今も、転職を考えています。

前回の転職活動では「正社員になること」が目的で、会社についてよく調べずに就職した結果、今があります。

今後はもっと待遇がよい職場で正社員として働くことを目的に、勤務先で業績が上向くのを待つのか、再び転職活動をするのか、きちんと見極めたいと思っています。

私の転職体験談:40代、事務職の転職。「正社員になる」という目標がありました。

転職の目的が「正社員になる」だけにならないように

仕事が生きがい」と公言しながらも、長く非正規雇用者だったざくろさんが、正社員として転職する体験談を紹介しました。

派遣社員として働いていた職場で正社員登用の話が出ていたのに、会社の業績悪化を理由にその約束が保護にされたことで、転職活動を余儀なくされたざくろさん。

むなしさと涙も出ないほどのショックに打ちのめされながらも、「非正規雇用だからありえること」と気持ちを切り替え、正社員転職を目指します。

毎日地元のハローワークに通い、2ヵ月ほどかかって正社員転職を果たしますが、仕事量が少なく、年収も派遣社員時代と変わらず、満足感を得られないという現実でした。
そして、自分が目指していたのは、やりがいのある正社員の仕事だったと気付きます。

現在の勤務先は創業して間もなく、これから業績がアップする可能性はありますが、ざくろさんは次の人生のために、転職活動を視野にいれています

「正社員採用されればどこでもよい」という想いで転職活動をすると、入社後にミスマッチが起きる一例として、心に留めておきたいエピソードといえるでしょう。

5)41歳の転職におすすめの転職エージェント

41歳の転職では転職エージェントの活用がおすすめ!

41歳で転職活動をするなら、転職サービスを活用するのがおすすめです。
転職サービスを活用する場合、必ずキャリアカウンセリングを受けることになります。

そこで自分のキャリアを棚卸しし、自身の市場価値や応募にあたっての優先順位を決めることが、入社後のミスマッチを防ぐことにつながるのです。

また、非公開求人も多数扱っているので、自分の希望条件に見合う会社も見つけやすくなります。

 
サービス名 doda X
doda X
リクルートエージェント
リクルートエージェント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda
doda
メリット
  • 企業からの積極的なスカウトが多い
  • 年収600万円以上の好条件求人が豊富
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
デメリット
  • 販売・サービス系の求人は少ない
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 提案の電話・メールが多い
公開求人数 4.9万 38万 1.2万 26万 24万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 企業からのスカウトを多く欲しい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2024年5月時点のものです。

doda X(デューダ エックス)

doda X。キャリアに戦略を。

年収800万円以上の企業からのスカウトが多く届く転職サイト。ヘッドハンターからのサポートも受けられます!

「忙しくて、転職活動に時間をかけられない…」という41歳の人におすすめのサービスが、doda X(デューダエックス)です。

doda Xの特徴は、企業からのスカウトが多いこと、そしてヘッドハンターがあなたの経歴と希望に合わせてキャリア提案をしてくれることです。

求人チェックや書類作成をする暇を見つけにくい人も、「スカウトを待つ」「ヘッドハンターのサポートを受ける」スタイルで効率的な活動をおこなえます。

紹介される求人の多くは、年収800万円以上の企業経営戦略や事業戦略に直結する重要なポジションのものが殆ど。
今よりさらに活躍できるフィールドで働きたいという人にマッチしやすいサービスでしょう。

doda Xの特徴

特徴
  • 年収600万円以上の好条件求人が豊富
  • 企業からの積極的なスカウトが多い
  • 登録後に職種別の職歴書のテンプレを入手できる
サービス対応地域 全国
拠点 東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島
公開求人数 約4.9万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 事業企画・経営企画|営業|IT・Webエンジニア|経理・財務・人事・法務|マーケティング・販促・商品開発|技術職(機械・電気)|コンサルタント|金融系専門職|医療専門職|技術職(化学・食品系)|技術・専門職(建設・不動産系)|クリエイター・クリエイティブ職|サービス系(店舗管理・運営管理)|技術職(組み込みソフトウェア)|SCM・物流・購買系など
ワンポイントアドバイス

doda Xでは登録後に職種別の経歴書のサンプルも入手できます。doda専属のキャリアカウンセラーのサポートを合わせて利用すれば、書類作成の準備は万全でしょう!

年収800万円以上の求人多数

JACリクルートメント

JACリクルートメント 公式サイト

ミドルクラス・ハイクラスの転職 満足度で6年連続No.1!(オリコン満足度調査2019-24年)利用者からは「相談の手厚さ」と「適切なマッチング」への評価が高いです。

JACリクルートメントは「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェントです。一定以上の経験や実績のある人材を求める企業の紹介に優れており、ミドル層以上の転職活動におすすめです。

JACリクルートメントでは求人紹介だけでなく、キャリア面談やキャリアの棚卸し、キャリアプラン相談といった総合的なキャリアコンサルティングを行ってくれます。

在籍コンサルタントは人材業界の中でもベテラン勢が多く、これまでの豊富な転職支援実績をもとにキャリアコンサルティングを実施してもらえます。

41歳の転職希望者はJACリクルートメントのターゲットそのものですので、多数の求人を紹介してもらえる可能性もあります。年収アップが希望条件の1つという人は、JACリクルートメントの活用を検討してみるといいでしょう。

JACリクルートメントの特徴

特徴
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • じっくりと転職者のペースに合わせたサポート。好条件求人も多い
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1.2万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 サービス|商社|流通|消費財|マスコミ|建設・不動産|金融|IT・通信|WEB|EMC|コンサルティング・シンクタンク・事務所|メディカル・バイオ|医療・介護・福祉など
ワンポイントアドバイス

サポートの充実がウリのJACリクルートメントですが、求人数は少なめです。登録の際は希望条件をやや広めに&他の転職サービスにも登録しておくのがおすすめです。

ミドル・ハイクラス転職6年連続No1

リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト

国内No1の求人数の豊富さ!担当者からの的確かつスピーディな支援も受けられるので、「なるべく早く転職したい」人に特におすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

とくに活用したい支援ツールは、企業の特徴から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」です。
ここまでお伝えした通り、企業研究は転職成功に向けてとても大切なアクションです。その際に、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに41歳の転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナーなどの「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約40万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 営業・販売・カスタマーサービス|企画・マーケティング・経営|管理・事務|物流・購買・貿易・店舗開発|コンサルタント|金融専門職|不動産専門職|クリエイティブ|SE・ITエンジニア|エンジニア(設計・生産技術・品質管理)|建築・土木|医療・医薬・化粧品など
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントのサポートは効率的かつスピーディに進みます。日頃の活動にかけられる時間を確保しておくと、より有意義にサービスを受けられるでしょう。

doda(デューダ)

doda(デューダ)公式サイト

都市部・地方ともに豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。企業からのスカウトも多く、たくさんの求人に接していきたい41歳の人におすすめの転職エージェントです。

dodaは求人数・実績において国内トップクラスを誇ります。

実績で培ったノウハウがあり、「積極的に求人紹介をする」タイプのアドバイザーが多いため、「スピーディ」かつ「自分にマッチする求人が見つかりやすい」特徴があります。

dodaのサービスの主な特徴は、「転職サイト・転職エージェント両方の機能を利用できる」、「企業からのスカウトが多く届く」ことです。

アドバイザーにキャリア相談をしながら求人を紹介してもらえるほか、自分でも登録後のマイページから気になった求人をチェックして応募が可能です。

企業からのスカウトについては、実際にdodaを利用した人たちからは「スカウトメールがたくさん届く」「(スカウトメールによって)色んな企業を知れる」といった評判・口コミが多く見られます。

業種や職種、地域に関わらず豊富な求人を擁していますので、「まずは求人をチェックしてみよう」という41歳の人にもおすすめのサービスです。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • オリコン顧客満足度R調査「転職エージェント 20代」部門 第1位(2023年-2024年)
  • 企業からのスカウトメールが活性
サービス対応地域 全国
公開求人数 約24万件(2024年5月現在)
とくに多い職種 営業職|企画・管理|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|技術職(組み込みソフトウェア)|技術職(機械・電気)|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職|事務・アシスタント|医療系専門職|金融系専門職など
ワンポイントアドバイス

dodaは求人を自分から応募可能ですが、エージェント経由でのみ紹介される非公開求人も多いです。担当エージェントには初回面談時に希望条件をしっかり伝えておくことで、より有意義なサポートを受けられるでしょう。

豊富な求人&充実の支援ツール
求人数・サポート実績No1

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス

「実績豊富なヘッドハンターに出会いたい」ならココ!企業・ヘッドハンターからのスカウトが届く転職サイトです。

リクルートダイレクトスカウトは、転職大手「リクルート」が運営するヘッドハンティング型の転職サイトです。

年収600万円以上のミドル・ハイクラス層を対象とした求人を紹介しており、企業やヘッドハンターからの直接スカウトも多いです。

リクルートダイレクトスカウトでは「転職者がヘッドハンターを選べる」ことが大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは転職者がヘッドハンターを選べる!

自分が希望する業種・職種に関する知識が豊富か、優れた転職支援実績があるか、といった点を見極めるために、ヘッドハンターのプロフィールを閲覧できます
優秀なヘッドハンターを見つけたら、転職者のほうからヘッドハンターを選んで求人紹介を依頼が可能です。

また、ヘッドハンターは複数名を同時に指名することも可能です。

リクルートダイレクトスカウトの特徴

特徴
  • 「年収800~2,000万円クラス」の好条件のスカウトが届く
  • 優秀なヘッドハンターを転職者側で選べる
  • より採用確度の高い「一求入魂スカウト」がある
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営ボード|経営企画・事業企画|管理|人事|マーケティング|広告|マスコミ・メディア・出版|クリエイティブ|営業|サービス|コンサルタント|ITコンサルタント|専門職(公認会計士、司法書士など、その他)|IT技術職|Webサービス・制作など
公開求人数 約26万件(2024年3月現在)
ワンポイントアドバイス

良質なスカウトをゲットする際は、登録時に記入するレジュメを充実させることが重要です。「アピールできる経歴が思いつかない」という人は事前に事前にキャリアの棚卸しをしておきましょう。

優秀なヘッドハンターに出会える

目指す業種・職種が定まっている人は「特化型」エージェントの非公開求人もチェックしよう

総合型と特化型の違い

ITエンジニアや管理業務、マスコミや介護など、これまで培った専門スキルを活かしての転職を検討している人は、「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェント利用いちばんのメリットは、担当となるキャリアアドバイザーがその分野の業界情報やトレンドに詳しいということです。

40代で一定の知識・経験を培いつつ今後もキャリアを積み上げる為にどのような知識やスキルの開発が必要かであったり、応募する企業でどのような知識・スキルが求められるかについて、具体的なアドバイスを貰いやすいでしょう。

各分野のおすすめ特化型転職エージェント

   
タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web業界 リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
doda X
doda X
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
レバウェル介護
レバウェル介護
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • 企業からのスカウトが多い
  • 職歴書のテンプレを入手できる
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 販売・サービス系の求人は少なめ
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.8万 2.5万 9.6万 4.9万 1.2万 26万 11万 3,700 4,400 1,400 1.0万 900 1,900 1.5万 20万 9,000
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • 企業からのスカウトを積極的に受けたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2024年5月時点のものです。

ワンポイントアドバイス

専門特化型のエージェントは、「実務経験者向け」のものが多いです。また、初回面談前に職務経歴書を丁寧に書いて送っておくと、適切なサポートを受けやすくなります。

まとめ 41歳の転職は「成功ポイント」を踏まえた活動を意識しよう!

さて、ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

41歳の転職をする際のポイント

  • 転職にあたって、明確な目的と入念な準備が不可欠
  • 応募にあたって、企業側のニーズを理解し、自己PRをする必要がある
  • 積極的に転職サービスを活用するのがおすすめ

現在の景気が続くうちは、ミドル世代の求人が減ることはないと考えられます。

ですが、41歳で応募する時点で、企業側は幹部候補生として選考しているものです。
自分の希望だけでなく、入社することで応募企業にどんな貢献ができるのか、その会社で実現したいことを熟考することも大切といえます。

この記事を、41歳の転職活動をする際の参考にしていただけたら幸いです。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]