『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「ふと自分の将来が味気なく感じて…」販売員から30歳を目前に事務職に転職|転職体験談

転職前

BEFORE
職業
サービス業
職種
販売員
従業員規模
320人
年収
220万円

転職後

AFTER
職業
運送会社
職種
事務職
従業員規模
28人
年収
280万円

目次

幸ママさんの転職ストーリー

1これまでの私

日々課されるノルマ。それでも、接客が好きだった。

イメージ図:日々課されるノルマ。それでも、接客が好きだった。

私は当時、地元の商業施設内にある化粧品店で販売員を務めていました。

お客様に商品を買っていただくことが前提の仕事ですので、当然、販売員一人ひとりにノルマが課せられており、
その達成に追われながら、日々緊張感を持って仕事をしていたように思います

勤務はシフト制だったのですが、従業員が少なかったために、一人当たりの持ち回りが多く、不規則な生活が続くことが多かったです。
実家暮らしだったのですが、夜遅く帰ってくるため、同じ家にいながらもほとんど顔を合わせることはありませんででした。

けれど接客の仕事は好きでした。
お客様におすすめした商品を気に入って購入してくださったときなどは、やはりこの仕事をしていてよかったな、とも思いました。

忙しい日々を過ごしていていましたが、その反動もあってか休みの日はとても貴重に感じました。

休みが合った日に限りますが、友達とショッピングに行くことが何よりの楽しみでした。

2転職のきっかけ

今の生活のままでは、結婚も子育ても無理だろう

イメージ図:今の生活のままでは、結婚も子育ても無理だろう

元々があまり多くない従業員で回していたお店でしたが、さらに数人、販売員が退職してしまったために、よりそのしわ寄せが来ている状況でした。

土日は基本、開店から閉店まで店先に立っていましたし、連休が取れないために、友人と遊ぶ時間も無くなっていきました。

そんな中で、久しぶりに再会した友人たちが続々と結婚したり子供を育てているのを見ているうちに、なんだか自分の人生がひどく味気ないものに思えてきたのです

(今の生活のままじゃ、結婚も子育ても無理だろうな…)

仕事」と「将来の家庭」を天秤にかけた時、やっぱり「家庭」への夢は捨てきれません。

そして私は、転職を決意しました。

そしてひとたび決意すると、それまで目をつむっていたことがだんだんと許せなくなってきて。

勤務シフトもそうですし、商品のデメリットを隠して、半ば「押し売り」のようなスタイルで進める販売も、本当はすごく嫌だったんだな、って気づきました。

3転職活動中

私にできることって何だろう?から始まって。

イメージ図:私にできることって何だろう?から始まって。

転職を決意した時に、あんなに好きだと思っていた接客業の仕事に「もうやりたくない」と思ってしまうまで我慢して働いていたことに気づいたのは、とてもショックでした。

ですが、接客がやりたくないとなると、次の仕事はまったくの未経験からチャレンジしなければなりません。

(私にできることって何だろう?)

そこから考えなければいけませんでした。

私は閉店後や開店前によくバックヤードで「在庫管理」の仕事もしていたのですが、
知らず知らず接客でもストレスを溜め込んでいたのでしょう、その在庫管理の時間が、かなりの気晴らしになっていたことを思いだしました。

私は接客業も好きですが、細々とした作業を一人でコツコツとやることも好きだったのです。
どちらかと言えば、後者の方がより私にしっくりくる働き方であるような気もしていました。

コツコツと仕事ができるイメージといったら、事務の仕事だろう」──今思えばとても単純な発想で素手が、私は事務職を目指して転職活動を始めました。

ハローワークやいくつかの転職サイトに登録し、気になる求人には片っ端から応募してました。

ですが、やはり事務職は人気も高いこと、また当然PCスキルが求められることもあって、「いまの全くの未経験の状態からでは採用はされないだろう」ということが分かりました。

そこで私は、ハローワークが行っている職業訓練校に通うことから始めました。
このサービスは基本的に受講は無料ですし、非常に多くの知識を習得できたので、とても助かりました。

職業訓練校とは

職業訓練校とは、求職中の人に向けて、新たな仕事に就けるように様々な訓練を通じて就職をサポートする場のこと。

新しい仕事を始めたいと思っている人や、これから仕事を探そうという人が、希望職種の業務に必要な知識・スキルを身に付けられるよう様々なコースが用意されています。

職業訓練校は国や自治体が主体となって運営しています。

職業訓練校の申込みなどはハローワークで行います。

基本的には無料ですが、職業訓練は誰でも簡単に受講できるわけではなく、条件や選考があるのです。

無事にPCスキルを習得できた後、ハローワークの相談員からいくつかの求人を紹介してもらいました。

そして、その中の一つの会社から、内定をもらえたのです。

4転職後

新しい職場は、運送業の事務職。

イメージ図:新しい職場は、運送業の事務職。

私が入社した会社は、運送業を営む従業員30名弱の中小企業でした。

業界も職種も初めてづくしで緊張も多かったですが、上司や同僚たちは皆温かい人柄で、丁寧に仕事を教えてくれました。

また、来客対応や電話応対では、前職の接客経験を活かすこともでき、

上司

「〇〇さんの対応は丁寧で素晴らしいよ」

などと褒めていただけて、「あ、今までの頑張りも無駄じゃなかったんだな」と、報われた気持ちがしました。

しばらく働いて業務も慣れてくると、徐々に仕事を一人で任せてもらえるようにもなってきて、とても嬉しかったです。

そして何より大きな変化は、今の職場で夫に出会ったことです。
数年前に出産も経験しましたが、会社全体でバックアップしてくれ、育児と仕事の両立ができるよう支えていただいております。

本当に、素敵な会社に入社できたと思っています。

5その後、どうなったか。

将来、どんな人生を歩んでいたいか

イメージ図:将来、どんな人生を歩んでいたいか

販売職と事務職では、共通する要素は何も無いと思っていましたが、
実際に入社してから、来客応対や電話応対など、様々な点で役立っていることを知りました。

もし今同じように、まったく別の業界へ転職したいと思っている方、それでも不安がある方には、
必ずこれまでの経験が役に立つ日が来ます!ということだけは伝えておきたいです。

また、「将来、自分がどんな人生を歩んでいたいか」きちんと考える時間は大切だということも学びました。

その理想の未来に近づくために「今何をすればいいのか」がはっきりするからです。
それが成功への近道になります。

◇ ◇ ◇

現在は一通りの業務もそつなくこなせるまでになり、新人指導の仕事も一任されています。

かつては自分も新人だったのに、やはり新人への接し方には苦労します。
どうやったら相手がきちんと理解してくれ、やる気になってくれるのか、日々模索しています。

また、この業務を通して、自分の些細な一言が、相手に威圧的な印象を与えてしまうことや自信を失わせてしまうことにも気づきました
立場が変わっても、毎日が勉強の連続です。

今後はより部下の思いを理解し、また頼られる上司を目指して頑張っていこうと思っています。

参考:事務職への転職におすすめの転職エージェント[PR]

リクルートエージェント

リクルートエージェント
事務職の公開求人数 約1.0万件(2024年2月時点)
特徴
  • 国内最大手の転職エージェント
  • スピーディーなサポートと高い企業交渉力
  • 役立つ転職支援ツールが豊富
公式サイト https://www.r-agent.com/

国内の転職エージェントでNo1の求人数を誇るリクルートエージェントは、事務職への転職支援実績も豊富です。

常時1万件以上の事務職求人を抱えているため、複数の候補から応募する求人を選べるでしょう。
また、担当アドバイザーは積極的に企業への交渉を働きかけてくれます。

より確実なサポートを受けたい人は、初回面談前までに「キャリアの棚卸し」を行い、担当アドバイザーにご自身の強みや適性をしっかり伝えられるように準備しておきましょう。

求人数・サポート実績No1

おすすめの転職サービス リクルートエージェント doda X ハタラクティブ

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]