『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職後のミドル世代は50%が「職場に馴染めない」と悩むことに?転職 3ヵ月の壁

[最終更新日]2024/04/21

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
ミドル世代は転職後に苦労する?

転職 3ヶ月の壁」という言葉がある通り、転職をしたミドル世代の人のなかには、中途入社した先の会社で新たな問題を抱える人も多いです。

新しい仕事に集中したいのに、人間関係や環境の変化などに悩まされてしまうケースは珍しくありません。
せっかく意を決して転職をしても、想像通りの快適な職場を手にできない可能性はあるのです。

目次

1)転職先の職場環境や人間関係に悩むミドル世代は多い?

転職後に「失敗した」と悩む経営層・管理職層の人:46.8%

中途入社後の現場環境や人間関係に悩む転職者はたくさんいます。
特にミドル層ではそういったケースは多くなり、多くの実績を持つ管理職・マネージャーであっても、転職後の環境に悩むケースは多いのです。

例えば経営層・管理職として転職した方々に対して行われたアンケートによると、46.8%の人が「転職に失敗した」と感じたことがあると回答しています(参考:NIKKEI STYLE キャリア「経営層・管理職の47%が「転職失敗」 その理由と対策」2018年12月)。

ミドル層の転職で、「職場に馴染めない」と悩む理由は?

エン・ジャパンが提供する情報サイト「ミドルの転職ニュース」では、「Q:転職先の企業に馴染むことが難しい要因として多いものを教えてください。」というアンケート結果(2017年7月)について、以下のようにまとめています。

転職先の企業に馴染むことが難しい要因として多いものを教えてください 前職と仕事の進め方が違う:71% 社内の人間関係が分からない:46% 既存社員の受け入れ態勢がない:29% 上司・部下の関係が前職と違う:28% 上司の人柄が分からない:23% 社内の共通言語が分からない:20% 部下や同僚の人柄が分からない:7% その他:6%

「前職と仕事の進め方が違う」と答えた人が全体の71%。
「──そんなの、当たり前じゃないか」と思った人もいるかもしれませんが、実際に直面している人は「大きなカルチャーショック」「価値観のギャップ」を感じることが多いといいます。
これまでの仕事の方法が体に染み付いている人ほど、新しい転職先のやり方に違和感や、──ときに衝撃を受けることが多いのでしょう。

また、「社内の人間関係が分からない」と回答した人は46%と、2人に1人の割合で新しい職場の人間関係に悩んでいることが想像されます。

これらの影響もあって、転職後のミドル層は「前職の仕事の方法を導入しようとして失敗した」「前職と転職先を比較して悪口を言ってしまう」「転職先の会社のルールを軽視してしまう」といった更に厳しい状況に陥ってしまう例もあるそうです。

「転職は、新しい職場に移ってからが本番」ということが良く言われますが、ミドル世代では一層その傾向があると推測できます。

中途入社後、職場環境や人間関係に悩んだミドル世代の方の体験談

以下では実際に、中途入社後の職場環境や人間関係に悩んだミドル世代の人たちの体験談をご紹介します。

これから転職を検討されるミドル世代の方には、参考になるところも少なからずあることでしょう。
自分のケースとの比較や転職後のふるまいについてのイメージ作りのためにも、各体験談をチェックしてみてください。

転職して最初の3ヵ月間、提案プランのすべてを部下に反対され続けて

商社|資源開発 → Webサービス|新規事業開発(事業本部長) アールさん(男性 41歳 東京都)
何か意見を言うものなら、ことごとく反対された。

私が転職先に選んだ会社は、Webサービス事業を手掛けるベンチャー企業でした。
その会社は、近年ソーシャルゲーム開発を手掛け、一気に業績を拡大させていました。

なぜ私がその会社を選んだのかというと、潤沢な資金の一部を、「新規事業の開発に充てたい」意向を代表の方が持っていたのです。私は転職エージェントをとおして何度か社長と面談して、新規事業部長のポジションで入社しました。

──まさに、私が取り組みたかったポストです。

新規事業部門のスタッフは10名でした。
ですが、私のように「新規事業を立ち上げるため働いてほしい」と登用された人材は、私を含めて2名しかいませんでした。

他の8名は、他の部門からの人事異動でした。

そのせいか、当初は私がいろいろなビジネスアイデアを会議で打ち出しても、既存のスタッフたちからはネガティブな理由ばかりが出てきました。

例えば、私が事業プランを提案すると、
でも、すでに何社か同様のビジネスやってますよね。今から参入して大丈夫なんですか
失敗したとき、どうします?他のビジネスへの転用性が低そうですが
──そんな感じで、消極的というか、反対の意見が非常に多かったのです。

正直、困り果ててしまいました。

「そんなマイナス面ばかり見ているような生き方をしていては、そもそも人として前進できないぞ」と部下たちを叱咤してしまったこともありました。

ですが、そうは言っても同じ事業部の仲間たちですので、仲たがいは良くありません。
私はふんだんにスタッフとコミュニケーションを取り、雰囲気作りに努めました。業務中の何気ない会話から、飲み会の席のセッティング──。

ようやくスタッフ全員から前向きな意思が感じられるようになったころ、私が事業部長としてアサインしてから3ヵ月もの月日が経っていました。

引用元:私の転職体験談:「自分で事業を立ち上げたい」──資源開発から、Webサービスの新規事業に転職!

私の業務に対しての叱責メールが社内一括送信

IT|ソフトウェアエンジニア → IT|ソフトウェアエンジニア とりいさん(男性 42歳 静岡県)
その社内一斉メールには、ただ私への叱責が書かれていた。

前職と同じソフトウェアエンジニアとして転職しましたが、業務内容は想像していたものとは異なりました。

研究職での採用だったはずが、実際に入社してみると管理職(マネージメント)系の職務がほとんどだったのです。

そちらの分野への知識は乏しかったため、周りの期待にも応えることができず、あまり職場に馴染めませんでした。

入社して1週間後に、上司から要領の悪さを叱責されました。

「そうは言われましても、採用時とは違う仕事内容ですし、何らかの説明をいただけませんと……」

そう言っても、上司からは「慣れるしかない」という無責任な一言だけ。仕事の成果を全然上げられませんでした。

研究にあたっての「計画立案と部署のマネジメント」が私に課せられた業務だったのですが、研究自体を主に行ってきた私には、計画を立てる能力はおろか、マネジメントスキルも備わっていなかったのです。

やはり40代の社員に求められるのは管理スキルなのでしょう。これまで管理職になるのを避けてきたことが悔やまれます。

ある日、私の業務に対して上司からの叱責メールが届きました。しかも、社内一斉送信です。
非常に不快な気持ちになりました。

引用元:私の転職体験談:40代ソフトウェアエンジニアとしての転職。「管理職経験の無さ」が裏目に出て。

上司から「この程度の仕事で文句言うな」と言われて

製造メーカー|購買課長 → 製造メーカー|購買担当 ジョージさん(男性 44歳 広島県)
「課長職」での入社。だが、私には何の権限もなかった。

新しい職場への期待や思惑は、すべてが真逆だった…。それが、転職後しばらく経ってから私が抱いた感想でした。

「課長」というポジションは肩書きだけで、私は何の権限もない一介の平社員でした。

仕事も完全なデスクワークで、購入する品物の伝票処理で一日の大半をすごしました。実際の品物に触れることも見ることもなく、現場の担当者とのやり取りもメールか電話のやり取りで、顔を会わせることもありませんでした。

さらに現場が24時間365日稼働している職場だったので、夜間や休日に直接取引先に注文することも頻繁にあって、当然ながら私も処理に追われることになりました。

そんな緊急対応での購買は、えてしてかなり高い価格を提示されるものです。そして、その値引き交渉をするのが私の役目でした。上司から何度も「もっと値下げしろ」とダメだしを食らいながら、また取引先に嫌な顔をされることもしょっちゅうでした。

周りのフォローですか?…そんなのは一切ありませんでした。
かといって前職で一人でまかされていたような決定権もなく、「なんで今回こんなに購買額が高くなったの?」といった原因追及ばかりされる、そんな毎日でした。

ある日に上司に、
あのさ、この程度の仕事で根をあげてもらっては困るんだよね。──来月から業務担当を倍に増やすからさ

──そう言われて、とうとう心が折れました。

職場の人に相談したところ、前任者も私と同じように上司に仕事を増やされてうつ病になって辞めたと聞き、さらに職場の人も何人かは心療内科に通っていると聞かされました。

さすがにそこで気付きました。

──この職場は、早く辞めたほうが良いということに。

引用元:私の転職体験談:家族を引っ越しさせてまで、転職して入った会社だったのに…

どの体験談の方々からも、「新しい職場での人間関係の構築には時間がかかる」「職場の上司や部下に受け入れられない」といった悩み・メッセージが伝わってきます。

転職したばかりの立場は比較的弱くなりやすく、上司に逆らえないケースや、部下に実力を認められないケースも発生しやすいこともあるでしょう。

転職直後は職場環境を変えるようなアクティブな行動も難しいため、対策が取れなければそのまま悩みを抱え続けなければならない可能性もあります。

また、転職先には基本的に同期がいないため孤立もしやすいでしょう。

では、体験談で語られているような悩みを解決するには、どうすれば良いか。

ひとつは、職場の人間関係を円滑にして環境を変える必要があるでしょう。

円滑な人間関係を作るには、まずは自分が何を意識するべきなのかを知らなければなりません。
続いては、転職後のミドル世代の人が、人間関係と職場環境を円滑にするための方法を次の章で一緒に考えてみましょう。

2)ミドル世代が中途入社してから職場に馴染むために意識したい3つのポイント

転職後にいち早く職場に馴染むために 「結果が出るのは早くて3ヵ月、通常は半年」のマインドで。前職のやり方・社風は忘れる。新しい職場での相談相手を作ろう。

ミドル世代が中途入社後の人間関係や業務を円滑にするには、以下の3つのポイントを意識することが大切です。

実際に何を意識するべきかがわかっていれば、焦らずに転職先での人間関係を構築していけるでしょう。
転職後の人間関係を円滑にすることは、新しい職場で抱えやすい悩みを解決するきっかけになります。

中途入社3ヵ月までは「結果」よりも「身に付く」を意識する

転職して結果を出せるのは早くて3ヵ月、通常は半年 最初の3ヵ月はアウトプットよりインプットと人間関係構築を。

ミドル層が転職後に結果を出すには、基本的に時間がかかります。
すぐに仕事の成果を提示できる転職者は、「ほとんどいない」といっても過言ではないでしょう。
目に見える成果を出せるのは半年後、早くても3ヵ月程度の時間は必要となります。

そのため転職後にすぐ結果を出そうとするのではなく、地盤となる人間関係作りを優先することが業務を円滑にするポイントです。

転職後は新しい職場で仲間となる人たちから信頼を得て、関係性を育むことを重視しましょう。
そのためには周囲の人間関係を観察して、今の職場で中心となっている人や自分の力となってくれる人を見つけ出すのがコツです。

周囲の観察は新しい職場の雰囲気をつかむきっかけにもなるため、自身の順応スピードを速めることにも繋がります。

さらに人間関係の構築と同時に転職後に必要とされる知識とスキルを養えば、効率良く職場に適した能力を獲得できます。

まずはアウトプットではなくインプットを意識して、職場の人間関係の中に自分の立ち位置を作っていくようにしましょう。

前職のやり方やこだわりを一度リセットする

郷に入れば郷に従う  前職のやり方・社風は忘れる。「前はこうだった」と言わない。

前職の仕事のやり方や社風を忘れることも、人間関係を円滑にするポイントのひとつです。
いつまでも過去の形式を引きずっていると、新しい職場環境に馴染むことが難しくなるでしょう。

前職のこだわりを持ち続けることは、転職においては余計な要素になることも考えられるのです。
「郷に入っては郷に従え」のことわざ通り、前職のことをリセットして今の職場に自分を慣らしていくようにしてください。

前職の価値観や常識を持ち込むことは、今の職場の人たちからすれば迷惑な行動になります。
職場における認識のずれが起きれば業務に支障が出てしまい、トラブルの要因を作ってしまう可能性も出てくるでしょう。

「前職では〜」といった言葉や意識は、新しい人間関係を構築する際には邪魔となります。
あくまで前職の経験や流儀はアドバイス程度に留めて、押し付けることのないように注意しましょう。

相談しやすい相手を見つける

新しい職場で相談相手を作る。「なんで分かってくれないの」ではなく、「ありがとう」で人は寄ってくる。

中途入社後にいろいろな不満が出たとしても、感謝の気持ちを忘れないことが大切です。
不満を表に出しているだけでは、円滑な人間関係を構築することはできません。

転職を受け入れてくれた職場に感謝の気持ちを改めて示し、ネガティブな感情ばかりに目がいかないようにしましょう。

同時に味方になってくれそうな同僚を見つけて、相談しやすい環境を職場に作ってみてください。

新しい職場での人間関係にアドバイスをくれるような味方がいれば、スムーズに業務を進めやすくなります。
話しやすい、面倒見が良い、自分と気が合うといった特徴を持つ人を探して、積極的なコミュニケーションを取っていきましょう。

味方になってくれるような相手を見つけたとしても、愚痴や不満といったネガティブな発言ばかりを聞かせないように注意してください。

職場で味方になる人は、自分に有益なアドバイスやサポートを行ってくれる人であるべきです。
あくまで相談することを目的として、相手との会話をストレスの捌け口にするようなことは避けましょう。

3)それでも「この職場で働き続けるのが辛い…」場合は

それでも、「この職場で働き続けるのが辛い…」という場合は ①今の状況が「どれだけの期間続くか」をイメージする ②今の経験が「自分の成長に繋がるか」を振り返る ③状況が変わりそうもなく、かつ成長にも繋がらない環境なら、思い切って再度の転職を

上記のようなポイントを意識して人間関係を円滑にするよう努力しても、転職後の職場に馴染めないことがあるかもしれません。
場合によっては、「この職場で働き続けるのが辛い」と感じてしまうこともあるでしょう。

もし辛さが継続する場合には、以下の内容を確認して状況を見直してみることがおすすめされます。
職場を変えるだけでなく、新しい環境に馴染むことができて初めて転職は完了します。

転職後の人間関係が問題となっている段階では、まだ対応が必要になるでしょう。
以下を参考にして自分と向き合い、これからやるべきことを考えてみてください。

今の辛い状況が「どれだけの期間続くか」をイメージする

仕事に慣れるまではだいたい2〜3ヵ月ほど。つまり、その後は仕事が楽になっていきやすい!

転職直後の辛い状況は、多くの場合環境に慣れ始めることで少しずつ改善されていきます。時間によって周囲との壁が取り除かれることで、人間関係は好転すると期待できるでしょう。

仕事に慣れるまではだいたい2〜3ヵ月ほどかかると予想できるため、それまで前向きに今の職場で働けるかをイメージしてみてください。

「2〜3ヵ月なら我慢できる」「職場環境に慣れるまでの時間はスキル磨きに使おう」といったポジティブなビジョンが描けるかどうかを、自分自身に問いかけてみましょう。

もし前向きな気持ちになれるのであれば、時間が円滑な人間関係を築いて悩みを解決してくれるかもしれません。

転職にかかった労力を考えると、すぐに職場に見切りをつけてしまうのはもったいないです。可能であるなら状況が変わるまでの時間を乗り越えて、安定した環境を切り開いていきましょう。

今の経験が「自分のプラスになっているか(成長に繋がるか)」を振り返る

「新しい知識や技術の習得に繋がっている」「仕事に関する気づきや視点の獲得ができている」──そう思えるのなら、今の仕事を続ける意義は十分ある。

転職後の苦労や悩みは、有益な経験として自分のプラスになることもあります。

「新しい知識や技術の習得につながっているか」「仕事に関する気づきや視点の獲得ができているか」といった点を振り返って、今の時間にメリットがあるのかを考えてみましょう。

転職先の職場で起きている問題が自分の成長につながっていると思えるのなら、苦境においても頑張ることができます。

精神衛生的にも良い影響を与えられるので、今の経験が自分にとってどんなメリットになるのかを想像してみてください。

転職後の人間関係を構築するために努力した結果は、その後の仕事にも活かすことができます。
辛いときは将来的に役立つ経験がないかを探して、自分のプラスにつなげていくことを考えてみましょう。

プラス要素に積極的に目を向ければ、自然と今の自分を肯定できるので、自信をつけることにもつながります。

転職後の職場環境や人間関係という問題を自身の「課題」と捉えて、乗り越えるための努力をしていきましょう。

状況が変わらず成長にも繋がらない環境なら、再度の転職を

よくよく考えても「今後も状況はあまり変わらなそう…」と思うなら、再度の転職も視野に入れよう。

状況が変わりそうもない上に、成長にもつながらない環境だと思えるのなら、「再び転職をすること」も視野に含めておくと良いでしょう。

転職後の環境が明らかに問題のあるケースや、人間関係に我慢できないほどの溝を感じる場合には、再転職が最適となるケースも少なくないのです。

無理をして心身を壊すようなことがあれば、その後の人生にも大きな支障が出てしまいます。

「せっかく転職したのに……」と感じたとしても、耐えられないと判断できるなら思い切って転職という選択肢も設けておくべきでしょう。

頭を切り替えて失敗の経験を次の職場で活かせるように、次の転職先を見据えて動くことを考えてみてください。

再転職の際には、企業と求職者のマッチングを専門で行ってくれるサービスの利用がおすすめされます。
親身になって丁寧なサポートをしてくれる充実した転職エージェントを活用して、より良い職場を探し出してみましょう。

参考:「寄り添い型」のサポートの充実した転職エージェント

 
サービス名 マイナビエージェント
マイナビエージェント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
LHH転職エージェント
LHH転職エージェント
ヒューレックス
ヒューレックス
メリット
  • 幅広い求人紹介
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • ベテランエージェントの率難い
  • キャリア相談の品質が高い
  • 専門領域ごとに担当がサポート
  • 丁寧なサポート対応に定評
  • 地方独自の求人紹介が可能
  • 求人のマッチング度が高い
デメリット
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • エリアにより求人は少なめ
公開求人数 6.0万 1.3万 1.6万 2.5万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策をしっかり行いたい人
  • 高品質なキャリアコンサルを受けたい人
  • 営業・マーケティング、管理部門、経営企画、エンジニアの転職を目指す人
  • 地方で転職を検討している人
サービス登録先

表内の求人数は2024年6月時点のものです。

都道府県別|キャリア相談・丁寧なサポートが評判の転職エージェント
都道府県 転職エージェント|都道府県内の拠点
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

まとめ)ミドル世代の「職場に馴染まない」悩みは一時のもの。放置せずに解決しよう!

転職という大きなエネルギーが必要な行動の後だと、つい悩みや課題を放置してしまいがちです。
しかし、転職後にスムーズな業務をするには、中途入社した後に発生する悩みや課題をしっかりと解決する必要があります。

職場環境や人間関係の問題はそのままにせずに、本記事を参考に対策を取ってみてください。

ミドル層の人は転職後にも重要なポジションを任せられることもあるでしょう。そのため、職場環境や人間関係の問題は会社にも大きな影響を及ぼします。
だからこそ根本的に円滑な関係構築が難しいようなら、再転職も視野に入るのです。

この機会にサポートが充実した魅力的な転職サービスもチェックして、今後の最適な行動を考えてみましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]