『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職で年収600万円を目指す難易度はどのくらい?年収アップの対策をケース別に紹介

[最終更新日]2024/06/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
転職で年収600万円以上にアップするための対策・ポイントは?

現在年収500万円前後の方で、「年収を600万円まで増やしたい…」と考えている人は多いのではないでしょうか。

そもそも、「年収アップ」は転職理由として多くの方が掲げるものですし、自身の働きに対して適正な対価を求めるのは、至極当然のことです。

ですが、だからといって転職時に年収をアップすることだけを意識していると、理想とする働き方から遠ざかってしまうなど思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があります。

目次

おすすめの転職サービス リクルートエージェント doda X ハタラクティブ

1)年収600万円以上への転職を目指す際にまず意識すべきポイント3点

まずは、年収600万円以上へアップする転職を実現するために、特に意識しておきたいポイントを3点、紹介します。

同業種転職か、異業種転職かによって年収600万円への戦略は変わる

年収アップを目的とした転職では、「目指す業種や職種が現在と同じなのか、それとも異業種・異職種るか」によって難易度およびアプローチが変わります。

同業種・同職種での転職の場合、今まで培ってきた経験をそのまま活かすことができます。
一方で異業種・職種に向けての転職の場合は、その分野に関する経験がありません。企業から「この人を採用したい」と思ってもらえる為には、相応の準備が必要となるでしょう。

またその業種・職種の平均年収によってもとるべき戦略が変わってきます。
以下のフローチャートで自分がどのタイプに当てはまるか確認してみましょう。

転職で年収500万円から600万円にアップしたい。→同業種転職か、異業種転職かによって進め方(戦略)は異なる

上記図で確認できるように、一言で年収600万円以上の転職と言っても、取るべき行動は人によって異なります。

年収が高くなるということは企業から高く評価されていると受け取れる一方で、成果に対する期待も高くなります。

また、年収600万円以上の転職の際は、企業はその業種・職種の知識・スキルのみならずリーダーシップ・マネジメント能力も求めることが多いです。

同業種・同職種への転職を希望する場合

同業種・同職種への転職の場合は、今までの経験を活かすことができるので比較的スムーズに転職しやすいです。
ただし、年収600万円以上への転職ではその業界のより深い知識や経験が求められます。

まず地域性や年齢等も加味しながら目指す業種・職種の平均年収を分析し、600万円を超えているようであれば転職活動を始めることをおすすめします。

平均年収は、転職サイトの求人情報をもとに測る

平均年収の確認の仕方は、転職サイトの求人情報をもとにチェックするのがおすすめです。

リクナビNEXTdodaビズリーチといった転職サイトで、平均年収を確認したい業種・職種の求人および想定年収をチェックするのです。

ただし、転職サイトで確認できる想定年収は「400〜600万円」など幅を持たせて記載されているケースが多いため、単に求人情報を眺めるだけでは平均年収はわかりません。

そのため、以下の手順で確認します。

①求人情報の人材条件を、どれくらい満たしているか確認する ②求人情報の想定年収と、現在の年収との差を確認する
  • ①その求人情報に記載されている人材要件(必須スキル・歓迎スキル)を、あなた自身がどれくらい満たしているかを確認する
  • 求人情報の想定年収と、現在のあなたの年収との差を確認する

①については、必須スキルをすべて満たせていたら想定年収の下限クリアとし、あわせて歓迎スキルをどれだけ満たせているかの割合で平均年収をイメージしていきます。

たとえば想定年収「400~600万円」の求人で、必須スキルはすべて有していてかつ歓迎スキルの50%を有していると判断できた場合、その求人での年収予測(=市場価値)は500万円になる、といった具合です。

平均年収の算定に②の現在年収が必要となるのは、企業が実際に人材を採用する際にその人の現在年収を加味して調整することが多いためです。

想定年収が500〜800万円の求人で、人材要件にある必須スキル・歓迎スキルをすべて有している人が応募する際も、その人の現在年収が500万円であった場合は下限の500万円からの採用になるケースが多いです。

こうした①~②のプロセスを最低10件以上の求人で繰り返して確認してみてください。やっていくうちに平均的な年収イメージが見えてくるはずです。

ワンポイントアドバイス

平均年収が600万円以下の業種・職種である場合は、役職手当等も視野に入れたハイクラス転職を目指すか、または副業で収入を多角化することを検討しておくとよいでしょう。

異業種・職種への転職を希望する場合

これまでと異なる業種・職種への転職を希望される際、企業はあなたの現在のスキルはそれほど重要視しません。
それよりも、リーダー経験や部下の育成経験などのマネジメント経験といった、いわゆるポータブルスキルが重視されがちです。

その他、自身が今まで築いてきたスキルが新しい職場でも活躍できるかをイメージして、そのイメージを強く持てるようでしたら企業にしっかりアピールをするべきでしょう。

もし「そこまでの自信がない」と感じた場合は、まずは転職自体を成功させて、その後新しい職場で経験と実績を積み上げ、ベースアップを目指すのが建設的です。

ワンポイントアドバイス

「転職直後の年収アップ」よりも「転職して、その後結果を出しての年収アップ」のほうが実現しやすいことがあります。これからの希望年収を中長期的なスパンでプランニングしておくとよいでしょう。

年収600万円以上の転職は「マネジメント経験」が求められる

年収600万円以上への転職で必ずと言っていいほど企業が求めるのは管理職・マネジメント業務の経験・資質です。

そもそも企業は中途採用者に対して即戦力としての活躍を期待していますが、リーダー・マネージャー層の求人においては「後輩を育成する力」や「部署全体を引っ張っていく力」を発揮して自身だけでなくチーム成果を出していく為の「マネジメントスキル」も期待していることが多いです。

一方で、マネジメントスキルとは必ずしも「管理職を経験していなければ得られない」というものではありません。

プロジェクトリーダーや、普段後輩を育成する立場にある人などもマネジメントスキルを発揮しているケースが多々あるのです。

それ以外にも、トップの考えを現場に合わせて支持し、達成度に応じて次の課題を定めていくことや、現場の動きを指示し、仕組み化していくこともマネジメントスキルと言えます。

管理職・マネジメントスキルとはー【トップ】の考えを現場レベルに噛み砕いて示し、達成度に応じて次の課題を示していく【現場】がどう動けばいいのかを示し、仕組化する

年収600万円の転職をめざす際は、自身にどのようなマネジメントスキルが備わっているかどうかを振り返り、かつ転職先の企業・職場で発揮するイメージを描くことが大切です。

ワンポイントアドバイス

「マネジメントスキル」の求められ方は企業によって変わります。後述する「企業研究の仕方」もチェックしつつ、企業が何を求めるかを事前にチェックしておきましょう。

年収600万円以上の転職を目指すなら業界・企業研究は特に入念にしておく

年収500万円から600万円以上の転職を実現するうえで、企業研究は欠かせません。
年収アップの転職を成功するということは、対象の企業から「年収以上の働きが期待できる」と思ってもらい、かつその新しい職場でやりがいと充実を感じながらつつがなく働けるということです。

ですが、企業によって「社員に求めるスキル・働き方」は異なります。
つまり、「企業が社員に何を求めているか」をしっかり把握し、そして自身のスキル・経験とそれらが合致するかを確認していくことが、転職先の企業選びと、年収アップの転職を成功するうえでとても大切となるのです。

これまでの実績・経験をもとに、自分が「できる」と思えること企業やその業界・市場が、人材に求めていること「市場価値」の高さは、領域の重なりで判断される

上記図の、2つの円の重なった領域をどれだけ見出せるかが転職活動のコツになります。

その企業のこれまでの取り組みや、今後の展開などの企業研究を行い、その上で自身がその職場でどのように活躍できるかイメージしてみましょう。

企業研究 見るべきポイント

企業研究をする際に、優先して見るべきポイントは以下の通りです。

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、四季報、業界地図、競合他社のHP等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を確認する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする インタビュー記事、口コミサイト等
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 企業HP、求人票等

こうしたリサーチを重ねた結果、「この企業で働いてみたい」「こういった文化の会社なら馴染めそうだ」といった手応えを得ることができれば、入社後のミスマッチを軽減する効果が期待できます。

2)同業種・同職種の転職で年収600万円以上を目指す場合

同業種・同職種の転職で年収アップを目指す場合は、今までの経験やスキルそのまま活かしやすく、企業側も即戦力として評価する傾向にあります。

●同業種転職で、年収アップを目指す場合 ・現在の業種・職種の平均年収は600万円を超えている? YES:希望する条件・職種に合致する職場探しを! NO:副業も併せて検討を!

ただし転職を成功させるためには、業界全体の状況や将来性を理解し、自身の強みを企業に効果的にアピールすることが必要不可欠です。

ここでは同業種転職で年収アップが見込める場合と見込めない場合の、それぞれの年収をアップさせる戦略を紹介します。

「現在の相場から年収アップが見込めそう」という人は、転職エージェントを積極活用しよう

ミスマッチ転職を避けるためにも、転職エージェントを利用して、転職の成功率を高める。

現在の業界や職種の平均年収を分析し、600万円以上の転職が実現可能そうだと判断できた場合は、年収アップ転職は実現しやすいでしょう。

併せて、その際は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、年収をはじめとすると条件交渉についてキャリアアドバイザーのサポートや、場合によっては代行して進めてもらえることも可能です。

転職エージェントは転職支援のプロフェッショナルです。条件交渉においても、どの程度の年収提示が現実的かなどを相談しながら転職活動を進めることができます。

「どの程度まで金額を提示すればよいかわからない」「交渉自体、うまくやれる自信がない」という人は特に、転職エージェントを活用とよいでしょう。

「現在の相場で年収600万円は見込めない…」という人は「副業」も併せて検討を

副業で得た知識や副業をする上で身につくスケジューリングの能力やタスク管理能力が、本業で活かせることも

現在の業界の年収相場では年収600万が難しそうという人は、副業で収入源を多角化することも有効な方法です。

近年においてはクラウドソーシングをはじめ副業が可能となる環境は急速に広がりつつあります。また、副業を解禁する大手企業も増え始め、副業は今後より一層活性化していくと予想されます。

副業は単に収入を増やせるだけでなく、本業である勤務先の職務の中では得ることのできない知識や経験を積むことができます。
また、副業を始めたことで「本業にもいい影響があった」という声を聞くことも多いです。

副業のメリット・デメリット

副業のメリット ●収入が増える ●新しい知識や能力を得られる ●経験を積み、可能性が広がる ●新しい人脈ができる 副業のデメリット ●本業が疎かになる恐れがある ●趣味や休息の時間が減る ●家族や友人と過ごす時間が減る ●健康に悪影響を及ぼす可能性
副業のメリット
  • 収入が増える
  • 新しい知識や能力を得ることができる
  • 経験を積み、可能性が広げることができる
  • 新しい人脈、人とのつながりができる
副業のデメリット
  • 本業がおろそかになる恐れがある
  • 趣味や休息の時間が減る
  • 家族や友人と過ごす時間が減る
  • 過重労働が健康に悪影響を及ぼす可能性がある

3)異業種・異職種の転職で年収600万円以上を目指す場合

転職を考えたときに、未経験の異業種・異職種にチャレンジしようとする人は少なくありません。

ここでは異業種・異職種への転職で年収アップを目指す場合どのようなことがポイントになってくるのかを解説します。

●異業種転職で、年収アップを目指す場合 ・目指す業界・職種の平均年収は600万円を超えている? YES:リーダー経験がある場合は経験・強みを発揮できる職場探しを! NO:副業も併せて検討を!

異業種・未経験転職での年収アップは、「その職場でどれだけ活躍できるか」をしっかり自問して

異業種・未経験転職での年収アップを実現するには、業界の現状やニーズを把握しながら、自身の経験やスキルがどのように活かせるのか、自己分析を深めることが重要となります。

職種は未経験であっても業界の経験があったり、職種に紐づく知識や経験が転職先において共通点があれば即戦力として活躍できる可能性が高くなります。

例えば営業であればプレゼンテーションスキルや顧客分析力、コミュニケーション能力などのスキルを活かしてマーケティング企画職で活躍することもできるでしょう。

また年収600万円以上を狙った転職では、企業は中途採用者が将来的に管理職として活躍する素質があるかどうかを重視します。
そのため前述したようなマネジメントスキルや管理職経験は必ずと言っていいほど求められますので、日頃の業務においてそれらスキル・経験を積み上げていくことを意識することが大切です。

しっかりと自己分析を行い、自身の強みや経験を転職先でどのように使い活躍するかを面接で十分に語れるようにしておきましょう。

管理職スキルを発揮するうえで大事なものは、リーダーシップ、自律性、コミュニケーションスキル
ワンポイントアドバイス

マネジメントスキル・管理職スキルの定義は、企業によって異なります。あなた自身の定義に依存しすぎることなく、応募する企業はどのようなマネジメントを求めているのか、チェックする習慣を持つとよいでしょう。

「活躍イメージを持てない…」という人は転職時ではなく、その後の昇給(ベースアップ)を目指そう

まったくの別分野になるような異業種からの転職では、無理に年収アップを狙おうとすると残業の多い職場だったり、歩合制(ノルマ)要素の強い職場に就いてしまうことも起こりえます。

その場合は「今すぐに年収アップしよう」と急かずに、まずはご自身の進みたい業界・職種に転職したのちに、じっくりと経験を積んでベースアップを目指していくほうが確実でしょう

一見回り道のようですが、自分の進みたい業界や職種に転職し、そこで前向きに仕事に取り組みながらじっくりと経験を積んでベースアップを目指していく方が、長い目で見たときにより自身のキャリアプランに沿った働き方になりえるでしょう。

ワンポイントアドバイス

当サイトで取り扱っている「転職体験談」でも、転職時に大きく年収アップした人よりも、転職後の活躍で年収アップした人の方がその後の満足度は大きくなる傾向にあります。

4)年収600万円以上を目指す際のおすすめ転職エージェント

ここまで、年収600万円への転職を目指すためのポイントについてお話してきました。
続いては、その際に有効活用したいおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職活動の際には、多くの人が転職エージェントを利用しています。

その主な理由は、国内の少なくない企業がハローワークや転職サイトではなく転職エージェントのみ求人を出しているからです。

ですが、私たちが転職エージェントを利用する際は「求人を紹介してくれる人」としてではなく、「転職活動全般を相談できる人」として活用したほうがより効果的でしょう。

転職エージェント サービスの仕組み

上記図で表す通り、「求人紹介」は転職エージェントが提供するサービスの一部でしかありません。

それ以外のサービス、例えばキャリアプランのアドバイス(キャリア相談)、書類添削、面接対策などの選考通過のためのサポートも受けることによって、転職成功の確度を高めていけるはずです。

ただし、転職エージェントは国内多くのサービスがあり、またどの担当者が付くかによってもサポートの提供のされ方が変わります。

あなたに合った転職エージェント(または担当アドバイザー)を見つけるためにも、はじめに2~3つのサービスに登録して、利用のしやすさやコミュニケーションの取りやすさを比較しておくことをおすすめします。

転職エージェントについての説明を詳しく見る

現在、国内に転職エージェントは2万社近くあります。当然ながら、それら転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、「どの転職エージェントも一緒」ということはありません。

そこで、あなたに合ったサービスを見つけやすくするためにおすすめの転職エージェントをパターン別にピックアップしました。

どれか1つのタイプではなく、複数のタイプが当てはまるという人もいるでしょう。
その場合は、それぞれのタイプでおすすめしているサービスを見て、自分にマッチしそうなサービスを2~3社ピックアップしてみてください。

なるべく早く転職したい、積極的に求人提案を受けたい人はdoda・リクルートエージェント・ワークポート

なるべく早く転職したい積極的に求人情報を集めたい

「なるべく早く転職したい」、「積極的に求人提案を受けたい」という人はdodaリクルートエージェント、そしてワークポートのサービス利用がおすすめです。

doda、リクルートエージェントは共に国内最大手の人材紹介会社として、豊富な求人と充実したサービス体制があり、「的確かつスピーディな対応」への評判が高く、職務経歴書などの書類添削や応募企業の情報収集、面接対策についても、これまでの実績に基づいた適切なサポートを行ってくれます。

ワークポートはIT・Web業界への転職支援に強い転職エージェントで、かつキャリアアドバイザーからの積極的な求人提案をしてもらえると評判です。ITエンジニアやWebディレクター・プロデューサーといった職種への転職を希望される方にマッチしやすいでしょう。

ただし、これら大手転職エージェントは若手のキャリアアドバイザーも多く、当然その品質は一定ではありません。

相性の良くないアドバイザーや経験の浅いアドバイザ―が担当になったときにうまくリスクヘッジできるように、複数の転職エージェントに登録しておきサポート品質を比較確認できるようにしておいた方が良いでしょう。

サービス名 特徴

doda
  • 豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。「本気でいい求人を探したい!」ならぜひ登録しておきたい転職サイト
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
  • サポート対応地域:全国

リクルートエージェント
  • 国内No1の求人数の豊富さ!転職支援ツールも豊富で、「正しい転職活動を知りたい」人にもおすすめのエージェント
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • サポート対応地域:全国

ワークポート
  • エンジニア、営業、メーカー系はじめ豊富な求人。未経験可の求人も多く、「新しい領域にチャレンジしたい!」という人におすすめ
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
  • サポート対応地域:全国

キャリアアドバイザーにじっくり相談してもらいたい人はマイナビエージェント・パソナキャリア・JACリクルートメント

キャリアアドバイザーにじっくり相談に乗ってほしい

転職エージェントでキャリア相談をしたい人、また今回の転職活動に不安を感じている人は、じっくり相談を聴いてもらえる転職エージェントがおすすめになるでしょう。

相談をどれだけ聞いてもらえるかは担当となるキャリアアドバイザーによっても変わってきますが、以下の転職エージェントは「話をよく聞いてもらえた」という評判が多いです。

マイナビエージェントは20代~30代前半の若手社会人向けの転職支援に強く、JACリクルートメントは年収600万円以上のリーダー・管理職層の転職支援に強いです。パソナキャリアは全年齢に満遍なく対応している転職エージェントです。

サービス名 特徴

マイナビエージェント
  • 書類作成、面接準備のサポートの手厚さが特徴。とくに「はじめての転職で、不安…」という人におすすめ
  • 特に20代~30代の若手社会人への転職支援に強み
  • 書類添削や面接対策などの支援サポートをじっくり丁寧に行ってくれる
  • サポート対応地域:全国

パソナキャリア
  • ひとりの転職者に平均20時間のサポート。「じっくり丁寧なサポート」を求める人におすすめ
  • 全都道府県に支店あり。対面サポートを受けやすく、UIターン転職にも強い
  • 企業への交渉力が強く、転職者の年収アップ成功実績が豊富
  • サポート対応地域:全国

JACリクルートメント
  • ミドルクラス・ハイクラスの転職 満足度で6年連続No.1!キャリア相談の手厚さに定評があり、キャリアアップ転職におすすめ
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • サポート対応地域:全国

キャリアアップ転職を目指す人は、リクルートダイレクトスカウト、ビズリーチ、パソナキャリアハイクラス

今回の転職で、「キャリアアップや年収アップを果たしたい」という人は、ハイクラス向けの転職サービスを利用すべきでしょう。

好待遇の求人はピンポイントのタイミングで募集されることが多く、その殆どが「非公開求人(転職サイト等一般の求人媒体には紹介されない求人)」か、それぞれの転職エージェントのみが持つ「独占求人」です。

よって、ハイクラス向けの転職エージェントは「中長期的に利用する」イメージで、かつ複数登録しておくのがおすすめです。

以下に紹介するのは、特にミドル世代向けの転職支援実績の豊富な、ハイクラス向けの転職エージェント(一部ヘッドハンターサービス)です。

サービスの特徴を見て、自分に合いそうと感じたものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

リクルートダイレクトスカウト
  • 「実績豊富なヘッドハンターに出会いたい」ならココ!企業・ヘッドハンターからのスカウトが届く転職サイト
  • 「年収800~2,000万円クラス」の好条件のスカウトが届く
  • 優秀なヘッドハンターを転職者側で選ぶことができる
  • サポート対応地域:全国

パソナキャリア ハイクラス
  • 求人の多くは「年収800万円以上」で、サポートを通じて転職成功者の61.7%が年収アップを実現
  • 担当エージェントの専門性・サポート品質が高い
  • 首都圏限定の「逆指名サービス」がある(転職者が担当を選べる)
  • サポート対応地域:全国

ビズリーチ
  • 転職後の平均年収840万円!企業からのスカウトが非常に多い転職サイト
  • 好条件の高年収・ハイクラス向け求人が、全業種にて充実
  • 企業からの熱量あるスカウトが届きやすい
  • サポート対応地域:全国

doda X
  • ハイクラス向け転職エージェントでありながら、キャリアカウンセラーの充実サポートが評判の、いま勢いのある転職サイト
  • 年収800万円以上の企業経営戦略や事業戦略に直結する重要なポジションの求人が豊富
  • ハイクラス層向けの書類添削・面接対策のサポートを受けられる
  • サポート対応地域:全国

専門スキルを活かしたい人は、「特化型」の転職エージェント

総合型と特化型の違い

ITエンジニアや管理業務、マスコミや介護など、これまで培った専門スキルを活かしての転職を検討している人は、「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェント利用いちばんのメリットは、担当となるキャリアアドバイザーがその分野の業界情報やトレンドに詳しいということです。

20代で一定の知識・経験を培いつつ今後もキャリアを積み上げる為にどのような知識やスキルの開発が必要かであったり、応募する企業でどのような知識・スキルが求められるかについて、具体的なアドバイスを貰いやすいでしょう。

各分野別のおすすめ特化型転職エージェント

タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web業界 リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
doda X
doda X
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
レバウェル介護
レバウェル介護
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • 企業からのスカウトが多い
  • 職歴書のテンプレを入手できる
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 販売・サービス系の求人は少なめ
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.9万 2.5万 10万 5.4万 1.2万 32万 13万 4,000 4,400 1,400 1.0万 900 1,900 1.6万 22万 9,000
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • 企業からのスカウトを積極的に受けたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2024年7月時点のものです。

まとめ)年収600万円以上へとアップするには入念な事前準備と転職エージェントの積極的な活用が大切

年収は会社からの評価として目に見える最も分かりやすいものですが、年収だけにフォーカスして転職してしまうと、転職後に仕事に対してやりがいを見出せなくなるなど、ミスマッチに苦しむことになりかねません

年収アップを意識しながらも、働き人や今までの自身のキャリアで得たスキルや経験を発揮しながら新しい職場で活躍できるかどうかを重視して転職先を選ぶことが大切です。

年収600万円以上を目指した転職は、企業側からは高いスキルや適性を求められることが多くなります。また、転職者自身も「その職場が、本当に自分が年収以上の活躍ができる環境か」についてしっかり吟味して応募先の企業を選ぶ必要があります。

今回ご紹介したような転職エージェントの支援を受けながら転職活動をすることは、それら課題を解決し、転職成功の可能性を高めることにも繋がります。

この記事を参考にしっかりと事前準備をして転職活動への良いスタートダッシュを切りましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]