『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

SEから営業事務への転職。残業が減って心のゆとりを取り戻した今、思うことは|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
IT会社
職種
SE
従業員規模
3000人
年収
400万

転職後

AFTER
職業
IT会社
職種
営業事務
従業員規模
3000人
年収
350万

目次

ゆいさんの転職ストーリー

1これまでの私

SEとして働いていた日々。

SEとして働いていた日々。

転職前は、実家暮らしで通勤してました。

一人暮らしはしたことがなく、家に月に四万くらい入れるだけで、洗濯物料理も全くしたこともなく、のうのうと暮らしていました。

当時の仕事は、SE、システムエンジニアです。

お客様先のシステムの保守作業と新しいシステムの開発に携わり、開発スキルを学ぶ日々でした。

毎日覚えることが沢山あり、いつも新しい情報があったので、その点では凄く刺激的で、業務にも誇りをもって取り組められていました。

SE(システムエンジニア)とは

SE(システムエンジニア)とは、ITに関わるシステム構築を担う人のことです。

顧客または社内の「要望」または「抱えている問題点」をヒアリングをして、解決に向けて要件定義、システム設計、開発(プログラミング)の指示、テスト運用等を行います。

2転職のきっかけ

長時間残業で、心身ともにストレスが溜まっていって。

長時間残業で、心身ともにストレスが溜まっていって。

(転職したい・・・)

そう思ったきっかけは、残業時間の多さでした。

ある時期、残業時間80時間が3ヶ月くらい続いて。
毎日終電を逃さないようにダッシュしたり、終電を逃してしまい、タクシーで帰るというような、会社に寝泊まりした方が楽だなと思うくらい、仕事漬けの日々が続きました。

(こんな、寝て起きて会社に行く日々で本当に自分は幸せなのだろうか・・・)

そんな想いから、私は自分の人生やこれからの将来について考えるようになりました。

忙しさも祟って、食欲不振や睡眠不足にもなりました。

そうなると必然的に、人は明るい考え方ができなくなるものです。
ちょっとしたことにも悩んだりイライラしたり、まさにマイナス思考のループに入り始めて。

ちょうど、その時に付き合ってた彼氏との関係にも悩んでいたりして、ストレスはもうマックス状態でした。

(きっと、今倒れても誰も面倒を見てくれない。会社も、彼氏も。──だったら、自分の事は自分で守っていかないと)

そう思い、私は転職することを決めたのです。

3転職活動中

転職活動中の、思いもよらない人からの支援。

転職活動中の、思いもよらない人からの支援。

転職活動を行って、とても幸運なことがありました。

それは、会社の上司が私の転職活動を支援してくれたことです。

上司

「最近のお前の状態を見てて心配してたよ。転職については、知り合いの会社で人手不足のところがあるんだけど、そこはここより忙しくはないだろう。試しに面談受けてみるか」

そう言って、私の転職の架け橋になってくれました。

上司が紹介してくれたのは、同じIT系の企業でしたが、業務内容は「営業事務」でした。

SEの仕事よりかは、残業も少なく生活リズムの整った仕事ができるだろうと勧めてくれたのです。

その後、上司から紹介いただいた会社で見事内定を頂けて。
今までさんざん会社のことをネガティブに見ていましたが、このときに

(ああ、こういう良い上司もいたんだ。そんなに悪くない会社だったんだな)

と気づけました。

上司がいなかったら、私は転職することも成功することもなかったと思うと本当に心から感謝しかないです。

4転職後

転職先の、新しい職場で待ち受けていた環境は。

転職先の、新しい職場で待ち受けていた環境は。

転職先の職場は、前職と同じくIT系の会社だったので、何を開発してるのかなどもだいたい把握出来ました。

一方で、営業事務としての仕事は初めてだったので、わからないことは本当に沢山ありました。

例えば、契約書や見積書、請求書の作り方や、押捺者の回覧ルートなどなど。
社内ルールを把握していくのですらとても苦労しました。

それから、頭を使うところも前職では大きく変わって。
システムエンジニアは、数学のように答えが決まってるのをいろんな方向から探るイメージでしたが、営業事務は、柔軟性とコミュニケーション力も試されるような仕事でした。

とにかく、新しいことばかりで最初はすごく戸惑いました。

良かったことは、職場に同年代の女の子が沢山いたことですね。

今までは男性にひとり女性の私がポツンと混じって作業するような状態でしたが、今はちょっとした休憩時間に女子トークなどもできて、それはとっても楽しかったです。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って思うこと。そして、これから目指したいこと。

「ずっと同じ職場にいると、視野がとても狭くなる」

今回の転職で一番思ったことは、「ずっと同じ職場にいると、視野がとても狭くなる」ということです。

転職するときは、やっぱり不安でした。

「このままじゃいけない」という気持ちがありつつも、一方では「これまでと同じように変わらずいたい」という安定志向の気持ちも強くて。
でも、その安定志向の気持ちは、どんどん自分の意識のアンテナが狭まり、余裕をなくしていきました。

転職して何より嬉しいのは、仕事から家に帰って、一息つける時間があるということです。

たったそのことだけで、心にすごく余裕が生まれて、イライラもしなくなり、心なしか健康状態も良くなりました。

「現状を変えることで、人生をより楽しむことに繋がる」ことを体感できたのは本当に良かったです。

ひとつだけ残念な点は、収入が大分減ってしまったこと。
前職は膨大な残業時間がありましたので、当然と言えば当然なのですけれど。

たまに、通帳の金額を見て少し切なくなってしまうこともあります(笑)。

◇ ◇ ◇

今後目指していることは、現職場でのリーダーへの昇格です。

そのために、どんどんレベルアップしていきたいなと思っています。

「チャレンジしていくことを忘れなければ、人は変わることが出来る」──それを、今回の転職で体感できました。

ですので、これからも良い方向へ変わり続けていけるように、変わらず努力していきたいと思います。

参考:女性の復職・キャリアチェンジにおすすめの転職サイト

LIBZ(リブズ)

リブズ
求人数(案件数) 非公開
対応職種・業種 経営企画・事業企画・商品企画|人事・広報・経理・法務・秘書|営業・インサイドセールス・カウンターセールス|Webディレクター・プロデューサー・マーケティング|カスタマーサポート・クライアントサクセス・社内SE …他
特徴
  • 女性のライフプランに合わせた求人検索が可能
  • ニューノーマルな働き方を実現している企業の求人が豊富
  • 企業からのスカウトメールも多い
公式サイト https://career.prismy.jp/

女性のライフプランに合わせて、幅広いワークスタイルを選べるのが転職サイト「リブズ」の特徴です。一例として、次のような条件で求人を探し「興味がある」と募集企業に伝えられます。

  • 時短勤務やフレックス勤務が可能な企業
  • 業務委託による在宅勤務が可能な企業
  • 管理職など重要なポジションで活躍できる企業

企業からのスカウトが多く、「自分のこんな経歴を評価してくれた」と感じることもあるでしょう。
専門スキルを活かしたい人や自由度の高い働き方を希望する人にとって、希望条件に合った仕事を探しやすいのがリブズのメリットです。

女性の働きやすい職場探しに
人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]