『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

自律神経失調症に苦しみながら見つけた「在宅ライター」という職業|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
コールセンター
職種
テレフォンアポインター
従業員規模
70名ほど
年収
100万円ほど

転職後

AFTER
職業
個人事業主
職種
ライター
従業員規模
1人
年収
100万円ほど

目次

ゆーるんさんの転職ストーリー

1これまでの私

大阪での一人暮らしと、テレアポの仕事を始めて。

大阪での一人暮らしと、テレアポの仕事を始めて。

私は学生の頃から、自律神経失調症の症状に悩まされていました。

その病気と向き合いながら、和歌山から一人大阪の都会に出て、通信制の大学に通い始めました。

金銭面で親からの支援はなく、私は日々の生活費を稼ぐために、テレフォンアポインターの仕事を始めました。

なぜテレフォンアポインターの仕事を選んだのかと言うと、

友人

「好きな格好で出勤でき、ネイルやヘアカラーなどの規制もなく、ずっと座って電話をするだけで時給がとてもいい仕事だよ」

と、友人が言っていたからです。

ですが、現実はそんな甘くはありませんでした。

たしかにテレアポは一見楽そうに見えます。ですが、精神的に病んできそうなやり取りも非常に多かったのです。

例えば、私たちコールスタッフは

「インターネットのプロバイダを、私たちが案内する会社に変更してください」

といった内容を全国の不特定多数の人に電話をかけます。

そして、その後、90%くらいの確率で、電話先で怒鳴られる羽目に合います。

そのうえ、私たちにはノルマがありました。
そのノルマが達成できないと時給は下がる一方でしたので、運よく話を聴いてくれて、成約してくれるお客さんがいても、そのコミュニケーションを楽しむ余裕などかけらもありませんでした。

私がこの会社に在籍している間、毎日のように若い女の子たちが会社に入ってきましたが、ほとんどの人が2,3日で辞めていきました。

それでも、最初の間は成約が取れるととてもうれしい気持ちになったものです。
ですが、日に日に精神的なストレスの方が大きくなってしまって、体調にも支障が出てくるほどになってしまいました。

──今となっては、そのきっかけはわかりません。
ただ、いつの日からか、私は毎日のように「転職」のことばかり考えるようになっていました。

2転職のきっかけ

「この生活が、今後もずっと続くのか」という想いに駆られて。

「この生活が、今後もずっと続くのか」という想いに駆られて。

テレアポで働きながら転職を考えていた時、一番の難題は私自身の持病のことでした。

私の病気は、長時間立っていたり、体をよく動かしたりすると激しい頭痛に見舞われたり、精神的にも不安定な時期があったりします。
ですので、よくある流れ作業の仕事や、ショップでのレジなどはできませんでした。

なるべく動かずにいられる仕事」を探す必要があり、そのような職場は自宅近くにはテレアポの会社しかありませんでした。

また、大学の講義にも出席しなければいけないこともあり、月に数日はまとまった休みが必要でした。

病気を理解してくれる会社、なるべく動かなくて済む会社、大学生だと言うことを理解して休暇を与えてくれる会社──。
そんな好条件の職場を探すのは、とても困難な作業でした。

一人暮らしをして間もない時期でしたので相談する人もなく、心苦しい毎日でした。

3転職活動中

不安定な収入と、自分の体調。

不安定な収入と、自分の体調。

ある日、務めていたテレアポの会社に業務改善命令が出され、1週間ほど仕事がなくなってしまったことがありました。

業務改善命令とは

企業を監督する官庁が、特定の企業に対して「利用者を保護する上で問題がある」と判断した時に講じられる行政処分です。

処分された企業は官庁に業務改善計画を提出する必要があります。また、その後は進捗状況を報告しなければならなりません。
その後改善が望めないケースでは、より重い業務停止命令などの処分が出されることもあります。

その際に、(何か、別の仕事はないだろうか…)思い探していると、在宅で仕事ができるクラウドワークスのサイトに出会いました。

テレアポによって人と出会うことや人と喋ることが辛くなっていた時期でしたので、

(クラウドワークスならストレスもなく、ノルマを気にせず自分のペースで仕事ができるかもしれない…)

と思い、早速チャレンジしてみたのです。

私はクラウドワークスで「ライティング」(文章作成)のお仕事を受けてみました。

小学校の頃から作文をすることがとても好きで、本を読むこともとても好きでしたから、(ライティングならできるだろう)という気持ちがあったからです。

すると、作業を完了するごとに何人ものクライアントさんの方から「ありがとう」「嬉しいです」「今後もよろしくお願いします」といった感謝の言葉を頂けて。
更には、「次回もまたお願いします」と持続案件もいただき始めるようになったのです。

これをきっかけに、私は、務めていたテレアポの会社を辞め、在宅ワーカー、ライターとして転職することを決めました。

4転職後

はじめての在宅ワーク。そしてライターの仕事。

クラウドワークスを利用して在宅ワークを受ける

苦しい毎日の中で出会ったクラウドワークスは、私の中で「最高な職場」でした。

様々なクライアント様から、仕事が終わるたびに「ありがとうございました。」という言葉をかけていただけたこと、「持続案件の方、頼みたいのですが。」と、私を必要としてくれている事に感激しました。

これまで働いていたテレアポの会社では「ありがとう」「よろしくね」などという言葉なんて頂いたことは一度もなくて。

人から感謝されることが、どれだけ自身の励みになるかを、この時初めて知れました。

また、体調がしんどい時は、仕事をセーブできる事もとてもありがたかったです。

今では、沢山のクライアント様に出会うことができ、ライティングを通して様々な世界が見えるようになり、人と会話をすることも楽しくなりました。

在宅ライターに転職して、後悔していることは何一つありません。
本当に、良かったと思っています。

5その後、どうなったか。

在宅ライターになって気づけたこと。そして、これから目指したいこと。

転職を振り返って、今思うこと。そして、これから目指したいこと。

在宅ライターに転職したことで、様々な記事のテーマにそって記事を執筆することになりました。
その結果、テレフォンアポインターでは知ることができないような日本情勢や、流行、最新のものの情報を知れるようになりました。

ライティングという仕事は、金銭の報酬とは別に、情報入手という報酬もついて来るのです。

毎日いろいろなことを、学びながら仕事ができています。

ライターに転職することで、気づけたことは沢山あります。

中でも一番大きいのがいま日本で起きていることだったり、世界で起きていることを、記事を書くことで分かってくる点です。

そして、世界中の人が、自分が書いた記事を読んで情報を入手し、参考にしてもらえているのだと思うと、これ以上やりがいのある仕事はないと感じています。

◇ ◇ ◇

今後、日本情勢だけではなく、世界情勢に関する記事も執筆し、この世界で起きている事をたくさん知っていきたいと思っています。

最終的には、ビジネスに関する著書やコンピュータに関する著書、世界情勢に関する著書を発売できるくらいになりたいとも思っています。

在宅の人間だからこそ伝えられる事、特殊な病気を持っているからこそ伝えられることを、職場環境で悩んでいる人や、持病があって仕事ができない人、人とコミュニケーションをとることが苦手な人など、私と同じような思いをしたかを勇気づけられるような記事を執筆していきたいと思っています。

フリーランスライターにおすすめのエージェント[PR]

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター
公開求人数 約1,000件(2024年2月時点)
特徴
  • Web・ゲーム業界のクリエイター専門フリーランスエージェント
  • Web・ゲーム関連のライター求人が豊富
  • 高単価案件が多い
公式サイト https://creator.levtech.jp/

レバテッククリエイターは、Web・ゲーム領域のクリエイター専門のフリーランスエージェントです。

2023年現在、クリエイター職専門のフリーランスエージェントは少なく、ライター・シナリオライターでフリーランス案件を探している人は、ぜひ登録しておきたいサービスでしょう。

レバテッククリエイターは、案件を獲得するまでの商談の調整条件の交渉契約の手続きまで、全てを代行してくれます。

また、確定申告などの税務手続きもサポートします。

案件の対応地域は、多くは関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)となっており、そのほか関西方面の案件もあります。
その他、「リモートワーク可」の案件も多いです。

クリエイターのフリーランスに
人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]