『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「努力が足りない」と言われ続けて。データ入力の仕事から市役所の臨時職員へ転職。|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
編集会社
職種
データ入力
従業員規模
7,000人
年収
350万円

転職後

AFTER
職業
市役所臨時職員
職種
公務員
従業員規模
不明
年収
150万円

目次

とうふさんの転職ストーリー

1これまでの私

夢を仕事にするのは難しい……と断念。

イメージ図:データ入力の仕事をする女性

連想入力(ツータッチコード)と呼ばれる入力方式を用いるデータ入力の会社に勤めていました。

連想入力とは

連想入力とは、キーボードで全角漢字の入力を効率よく行うための方法のことです。
たとえば、「機」という漢字は「メカニズム」の頭二文字を取って「メカ」と入力します。

ローマ字入力よりも少ないタッチ数で入力ができる為、データ入力を行う会社では連想入力ができる人員を積極採用するケースがあります。

昔から、イラストを描くことが好きで、将来もそうした仕事に就きたいと思っていたのですが、学生の頃に断念しました。
デザインの専門学校に通っていたのですが、絵だけで暮らしていくのは、本当に難しいことだと悟ったのです。

データ入力は、就職活動の時に、専門学校の就職支援の方に、勧められた仕事です。

そうして勧められるままに入社したのですが、勤め始めて2ヶ月くらいにはもう、「自分には向いてない仕事だな」と感じていました。

2転職のきっかけ

努力はしている。けれどもそれを理解してはもらえず。

イメージ図:上司から指摘を受ける女性

なぜデータ入力の仕事が「私には向いていない」と思ったのかと言うと、私はほとんどPCをローマ字入力で行っていたために、全角かな入力の習得に苦悩したためです。

※ 連想入力はかな入力方式のため

始めの3ヶ月は試用期間ということでしたが、2ヶ月が経過しても、まったくと言っていいほど上達する見込みがありませんでした。

暗号化された文字列を打つのは難しかったです。
漢字1文字を入力するにも、暗号化された2文字で覚え直さなくてはならず、これなら手馴れたローマ字入力でできる仕事を探した方が良いと思い、そしてとうとう私は転職を決意しました。

その旨を上司に伝えるため、面談の機会を設けていただいたのですが、

上司

「できないから努力するんじゃないの? あなた、全然覚えようと努力しているように見えないんだけど」

と、こっぴどく叱られてしまいました。
そのことも、転職への気持ちに拍車をかけました。

私の努力を全く認めてくれようとしなった会社には居たくありませんでした。
転職したのは、入社からわずか2ヶ月後のことでした。

3転職活動中

市役所の臨時職員に転職。

イメージ図:市役所の建物

半ばヤケになって退職してしまいましたので、転職の目処も立たないまま無職となってしまいました。

しばらくはゲームセンターのアルバイトをしながら生計を立てていました。

転職活動はその合間にハローワークに通ってしていた、という状況です。

ある時、ハローワークの職員の方から、

職員

「市役所で臨時職員の応募が出ているのですが、どうですか?」

と連絡をいただきました。

事前に見学の機会もいただけるとのことでしたので、私は応募することにしました。

見学をしたのは障害福祉課です。
整った環境で、パソコンを使って仕事ができることが魅力と思ったため、「ここなら働けるかも」と思いました。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:市役所の臨時職員として働く女性

そうして市役所の臨時職員となったわけですが、職員同士は割と仲がよく、はじめから居心地の良さを感じmした。

同じ年代の方とたまたま趣味があったので、お昼は5人くらいで食べていました。

見学の時は障害福祉課でしたが、配属されたのは市民税課です。
主に給料報告書や確定申告所の確認・処理作業を任されていました。

事前にパソコンを使えるかどうかを詳しく聞かれ、「出来ます」と答えましたが、パソコンを使うデータ入力の仕事はあんまり自分には回ってきませんでした。

職場は私のような臨時職員が何人かいて、入れ替わりが若干頻繁にありました。また、繁忙期は定時に帰れないことも多かったです。

ですが、気になるのはそのくらいでした。
公務員ということで均してみれば残業時間は少なく、ワークライフバランスの取りやすい環境でした。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:仕事中の小休憩─カフェタイム

あのままデータ入力の会社に居続けたとしても良いことは無かったと思うので、転職して良かったと思います。

仕事内容も、そこまで専門性を問われるものではありませんし、プライベートの時間も取りやすいです。

残念に思うことは、臨時職員なので3年間しか勤務出来ないことと、お給料が少ないことです。

あとはやはり接客業ですので、時には面倒くさいお客様もいます。

そんなお客様の対応に四苦八苦していると、「給料はもう少し高くてもいいんじゃないか……」という思いも生じてきたりします。

◇ ◇ ◇

今後は在宅ワークも検討しながら、資格の勉強などをして手に職を、と思っています。

できれば趣味を生かす職に就きたいという気持ちもあります。ですので、デザイン系の技術も学んでいきたいです。
活かせることならなんでも学びたい意欲はありますがもうすこし的確にしぼっていけたらな……と考えています。

先行きが不安でくじけてしまいそうになることもあります。
それでも、自分の将来のためにも、頑張っていきたいです。

参考:女性の20代からの転職で、「親身なサポート」を希望する人におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント
公開求人数 約4.6万件(2023年8月時点)
対応職種・業種 全職種・業種
特徴
  • 20代・30代、女性の転職支援に強い
  • 大手人材会社マイナビグループ
  • 書類添削・面接対策のサポートに強い
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

20代~30代の若手社会人と、女性への転職支援に強い転職エージェントです。
とくに書類添削・面接対策のサポートに強みがあり、はじめての転職になる人にも丁寧かつ親身に支援します。

女性キャリアアドバイザーも多く在籍しており、女性ならではのキャリアや転職の悩みも受けとめたうえで、適切な支援・アドバイスをしてくれるでしょう。

応募者の転職への意気込みに合わせて、サポートが充実する傾向があります。登録前にいちど「キャリアの棚卸し」「転職理由の整理」を行い、エントリーの際にしっかり想いを伝えられるようにすることをおすすめします。

利用者のペースに合わせて転職活動をサポート

マイナビのプロモーションを含みます

人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]