『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

ペット業界は人間関係が大変?トリマーから事務職へと転職した私|転職体験談

きりんれもん39 さん(女性 29歳 茨城県)
まあまあ成功、
ちょっと失敗

転職前

BEFORE
職業
トリマー
職種
サービス
従業員規模
50人
年収
170万円

転職後

AFTER
職業
会社員
職種
事務
従業員規模
100人
年収
210万円

目次

きりんれもん39さんの転職ストーリー

1これまでの私

自分に自信が無い、私。

イメージ図:自分に自信が無い、私。

ペットショップでトリマーとして勤務していました。

仕事はとても大変でしたし、私は手先が特別器用というわけでもありません。
努力と練習で、何とか仕事を乗り越えていた感じです。

昔から自分に自信が持てなくて、

(私は皆よりも腕が劣っている。きっと向いてないんだろうなこの仕事)

そんな風に考えてしまうこともよくありました。

それでも、私がお手入れをしたペットを見て喜ぶお客様の姿は、この仕事を続けるうえでの大きなやりがいになっていました。

家族構成は両親と弟と犬が一匹。
恋人がいて、将来一緒の部屋に住む約束をしていたので、コツコツと貯金を続けていました。

2転職のきっかけ

私は、販売業に向いていないのかもしれない。

イメージ図:私は、販売業に向いていないのかもしれない。

トリマーの仕事は、主に犬猫のお世話やお手入れが中心でしたが、犬猫の販売業も担っています。
トリマーと販売を掛け持ちしているのは、その店でも私一人だけでした。

私は販売業が向いていなかったんだと思います。

販売員は売り上げによって評価される制度なのですが、トリマーも兼ねていると、なかなか販売の面で結果を出すことが難しいのです。

「あ、このお客様は買ってくれそうだぞ」と思っても、向こうからトリマーの補助で呼ばれたりと、忙しくしているうちにお客様が帰ってしまうなんてこともよくありました。

ある時、上司に呼び出され、そこで

上司

「社長が君の売り上げを見て、やる気はあるのかと怒っていてね……」

と、近々シフトが減らされるかもしれないとの話を告げられたのです。

転職を決意したのは、この出来事がきっかけでした。

3転職活動中

ペット業界は、人間関係の悪い職場が多い?

イメージ図:ペット業界は、人間関係の悪い職場が多い?

私はトリマーの仕事が好きでした。

けれど、ペット業界は何かと人間関係で面倒が起こってしまいがちでした。

私自身、既に三店舗ほどペット業界を経験していたのですが、若干の人間不信に陥っていました。

(好きな仕事だけど、別の業界で働いた方がいいのかもしれない……)

しかし、何度も職場を替えている私が、果たして企業に良い印象を持ってもらえるのかという不安はありました。

実際に、転職活動は心の折れる出来事がたくさんありました。

面接官

「結婚してすぐ辞めちゃいそうだね、あなた」

面接官

「前の会社、やる気はあったの?」

そんな言葉をかけられることもしばしばでした。

転職先もなかなか決まりません。次第に焦りが出てきていました。

そんな時、母の言葉が私を勇気づけてくれたのです。

「私はずっと味方だからね。焦らないで、ゆっくり探せばいいの」

この言葉に、どれだけ救われたことか!
転職活動を続けていて、いつの間にか「誰も味方がいない」とマイナス思考に陥っていた私を持ち直してくれました。

それからしばらくして、私は一社内定を頂きました。
とあるメーカー会社の事務職の仕事でした。

4転職後

販売職から、事務職。仕事相手はパソコン。そしてときどきストーカー。

イメージ図:販売職から、事務職。仕事相手はパソコン。そしてときどきストーカー。

新しい職場での私の役割は、事務職。前職のトリマー・販売職と違って、日中業務の大半はPC作業です。

しばらくパソコンとは無縁の生活でしたので、うまくできるか不安でしたが、初歩的なところから丁寧に指導してくれる会社でした。

人間関係も良好で、すぐに馴染むことができました。

ただ、同じ部署にちょっと、生理的に受け付けない上司がいて……。

話しかけてくるときにやたらと距離が近く、さらにプライベートなことを根掘り葉掘り聞いてこようとするのです。

一度、最寄りの駅を聞かれて答えてしまった時がありました。
後日、その上司から

上司

「この前、たまたま駅の近くを通ったんだけど、〇〇さんの車見たよ」

と、声をかけられました。

偶然通りかかったなんて信じられず、この人はわざわざ探しに来たんじゃないかと、とても気分が悪かったです。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職して大きな後悔はありませんが、トリマーの仕事への未練はまだ少しあります。

あのまま仕事を頑張って続けていたら、もっと自分に自信もついたかもしれません。

しかし、今の職場の人たちは優しい人が多く(一部は除きますが)、恵まれているとも感じています。

好きなことで仕事を続けていくことだけが幸せではないのだと、転職を通して学べた気がします。

犬や猫は今でも大好きなので、今後はプライベートで関わっていけたらと思います。

◇ ◇ ◇

最近、趣味でジェルネイルを始めたのですが、これがとても楽しくて、資格を取りたいな、と思っています。

そしてたくさんの技術を磨き、ゆくゆくは副業としてネイルの仕事ができないかと考えています

きっと苦労もたくさんあると思いますが、好きなことなら頑張れそうです。

私生活では、最近、恋人と結婚をしました。
まだ料理があまり得意ではないので、もっとおいしい料理が作れる勉強もしていきたいです。

あれもこれもと、やりたいことはたくさんありますが、充実した人生にしていければな、と思います。

思うんですけど、気持ちが満たされていれば「自信不足」で悩むこともあまりないんですよね。

もちろん自分のスキルを上げていくことも大切ですが、それ以上に仕事を含めて生活を充実していくことが、大事なんだろうと思います。

20代の転職で親身なサポートを希望する人におすすめの転職エージェント[PR]

マイナビエージェント

マイナビエージェント
公開求人数 約5.5万件(2024年2月時点)
対応職種・業種 全職種・業種
特徴
  • 20代・30代の転職支援に強い
  • 大手人材会社マイナビグループが運営
  • 書類添削・面接対策のサポートに強い
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

20代~30代の若手社会人への転職支援に強い転職エージェントです。
とくに書類添削・面接対策のサポートに強みがあり、はじめての転職になる人にも丁寧かつ親身に支援します。

マイナビエージェントがおすすめの人 ●たくさんの求人よりも「自分に合った求人」を提案してほしい人 ●書類作成や面接対策のサポートをじっくり受けたい人 ●ITエンジニア、ものづくり職、営業、金融、薬剤師の職種の人
 

応募者の転職への意気込みに合わせて、サポートが充実する傾向があります。登録前にいちど「キャリアの棚卸し」「転職理由の整理」を行い、エントリーの際にしっかり想いを伝えておくとよいでしょう。

利用者のペースに合わせて転職活動をサポート

マイナビのプロモーションを含みます

おすすめの転職サービス リクルートエージェント doda X ハタラクティブ

人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]