『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

保険営業のノルマ未達に悩んだ私は、印刷会社の生産管理へと転職した|転職体験談

転職前

BEFORE
職業
保険会社
職種
営業職
従業員規模
500人
年収
350万円

転職後

AFTER
職業
印刷会社
職種
生産管理
従業員規模
200人
年収
400万円

目次

イクメンさんの転職ストーリー

1これまでの私

新卒で保険営業に。ノルマのプレッシャーもなんのその。

イメージ図:新卒で保険営業に。ノルマのプレッシャーもなんのその。

私が転職をしたのは今から2年前、私が25歳の時でした。

当時私は保険会社の営業職として、地域担当を任されていました。

営業の仕事にはノルマが付き物で、保険を扱っているのでそのノルマは厳しく、達成できない者はひどく叱責されるような職場でした。

しかし私は、もともと性格も明るく人付き合いも得意なのが作用してか、入社以来ノルマを達成できなかったことはほとんどありませんでした。

上司も私の仕事ぶりを評価してくれて、支店を代表して表彰されることもありました

そうすると自分の中でも「表彰された人材」としての意識も芽生えてきて、より一層、会社の期待に応えたい!という思いが強まっていったのです。

もちろん、自分の成績のことばかりが仕事のやりがいというわけではなく、地域の皆様から頼りにされたり、感謝の言葉をかけてもらえるのが、大きなやりがいでした。

2転職のきっかけ

「ノルマ未達なら、自分で保険に入れ」と言われて。

イメージ図:「ノルマ未達なら、自分で保険に入れ」と言われて。

2年前の冬のことです。
急に営業成績が下がり始めました。

原因を自分でも考えてみたのですが、あくまでいつも通り、仕事をしていただけでした。
それなのに二月連続でのノルマ未達成。
始めは「お?ちょっと調子悪そうだね」くらいだった上司も、徐々に目の色を変え始めて。

上司

「お前がそんなんじゃ、周りにも示しがつかない。ここは自分で保険に入るとかして、無理やりにでもノルマ越えしとかないと、後がキツイぞ」

今振り返ってみれば、まったく理不尽な要求です。

ですが当時の私は、これまでのノルマを達成し続けてきたプライドのようなものもありました。
結局上司に言われるまま、私と、そして私の家族にも保険加入を依頼して、ノルマ連続未達成は何とか食い止めることができました。

しかし、会社としてはそれでよかったのかもしれませんが、しわ寄せがいったのは家族です。
無駄な保険に入ってしまったわけですから。

更にその後も業績が振るわないことが続き、そのたびに上司にはため息をつかれていました。

いつまた「自分で保険に入れ」と言われてもおかしくない状況でした。

そして、次にそれを言われたら、自分はもうストレスでつぶれてしまうだろう──、そう思い、私は転職を決意しました。

3転職活動中

「転職理由」の質問に、うまく答えることができない。

イメージ図:「転職理由」の質問に、うまく答えることができない。

転職中、苦労したことはたくさんありました。

一番はやはり、ベタな悩みにはなりますが

面接官

「なぜ、前職を退職されたのですか?」

の質問に対する、ベストな受け答えが分からなかったことです。

「ノルマが辛かった」では、「それでは何の仕事もできないよ」と言われてしまうのでは、という不安がありました。

また、何か強みに出せるような資格やスキルが無いのも大変でした。

転職エージェントを活用しつつ転職を進めていましたが、書類の段階で落とされることが多かったです。

最終的に私が頼りにしたのは、近所にあるハローワークでした。
こちらは職務経歴書の書き方や面接練習も無料でサポートしてくれました。
かなり助けていただきました。

4転職後

新しい職場は、前職とまったく畑違いの仕事。

イメージ図:新しい職場は、前職とまったくの畑違いの仕事。

私が次に勤めた先は、ある印刷会社の生産管理部門でいた。いわゆる、ものづくりの仕事です

以前は営業職で外を飛び歩いていたものですから、まったくの畑違いの職種になります。
ですので当然、入社してからは苦労の連続でした。

まず最初に現場研修があったのですが、自社の工場を知るために、1ヶ月間ほど作業をしたのです。

営業で足腰には自身があるつもりでしたが、工場の仕事はその数倍以上の体力が奪われていきます。
右も左も分かりませんから、上司からは怒鳴られてばかりで。
1ヶ月間はほとんど怒られて終わったようなものです。

生産管理の仕事に就いてからは、とにかく毎日のように送られてくる仕事をこなすのに一苦労でした。

しかも、自分でできるような簡単な作業であっても、私たち生産管理部門に投げてくる上司も多く、その分、休み時間を削りながら作業をしなければなりませんでした。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職をして気づいたこと、それは。
これも月並みな言い方にはなりますが「自分が本当にやりたいことを追求するのが大事」ってことですね。

そのための時間や労力は、決して惜しむべきではないと思います。

私は転職した今の仕事が「本当にやりたかったこと」ではありませんでしたが、ノルマへのプレッシャーも無く、給与も申し分ない。
家族と不自由なく暮らしていけているだけでも、今は満足しています。

また、はじめはあまりモチベーションを保てない仕事でしたが、慣れてくると徐々に楽しみも増えて、今では「あれも知りたい、これも知りたい」という気持ちが芽生えてきています。

◇ ◇ ◇

生産管理の仕事は、工場全体の動きを常に把握していなければならないポジションです。
そのため、マルチタスクが求められる仕事でもあります。

私はその辺がまだ未熟で、繁忙期などは二つ以上のことを同時にこなすのが困難なこともあります。
今は一刻も早く、生産管理の部門において完璧を極めたいなと思っています。

また、最近では業務には直接に関係のない「ISO」などの監査にも参加するようになりました。

色々な知識を身につけ、会社から必要とされる人間でありたいと思っています。

参考:20代の転職で親身なサポートを希望する人におすすめの転職エージェント[PR]

マイナビエージェント

マイナビエージェント
公開求人数 約5.5万件(2024年2月時点)
対応職種・業種 全職種・業種
特徴
  • 20代・30代の転職支援に強い
  • 大手人材会社マイナビグループが運営
  • 書類添削・面接対策のサポートに強い
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

20代~30代の若手社会人への転職支援に強い転職エージェントです。
とくに書類添削・面接対策のサポートに強みがあり、はじめての転職になる人にも丁寧かつ親身に支援します。

マイナビエージェントがおすすめの人 ●たくさんの求人よりも「自分に合った求人」を提案してほしい人 ●書類作成や面接対策のサポートをじっくり受けたい人 ●ITエンジニア、ものづくり職、営業、金融、薬剤師の職種の人
 

応募者の転職への意気込みに合わせて、サポートが充実する傾向があります。登録前にいちど「キャリアの棚卸し」「転職理由の整理」を行い、エントリーの際にしっかり想いを伝えておくとよいでしょう。

利用者のペースに合わせて転職活動をサポート

マイナビのプロモーションを含みます

人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]