『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

リクルートエージェントの「企業スカウト」で落ちることはある?

[最終更新日]2024/03/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
リクルートエージェントの「企業スカウト」で落ちることはある?

リクルートエージェントを利用していて、企業スカウトを受けるべきか迷っていませんか?

「企業から直接届いたスカウトなら選考通過率も高いのでは?」と考えた人もいることでしょう。

目次

1)リクルートエージェントの企業スカウトを受け取った人たちの評判・口コミ

ネット上でリクルートエージェントの企業スカウトを貰った人の評判・口コミ 「適当に送られてくる感じ」「結局書類で落とされた」「全く経験ない職種からスカウトが来た」「市場価値確認の目安になる」「スキル・資格がある人向け」

はじめに、実際にリクルートエージェントの企業スカウトを受け取った人たちのネット上の評判・口コミを見てみましょう。

参考|ネット上でリクルートエージェントの企業スカウトを貰った人の評判・口コミ

市場価値確認の目安になる

転職ではリクルートエージェント利用しました。
登録しておくだけで企業から企業スカウトが届くので、別に応募しなくても自分がどの分野の企業に歓迎されるのか参考にできるのでと良いと思います。

引用元:Twitter(2023/9/12)

需要あるスキル・資格がある人向け

各クラウドの最上位資格を取得して、リクルートエージェントに登録してみたら、すごくスカウトが来る…。クラウド資格はやっぱ需要あるな。皆んなもクラウド資格取得をおすすめします。

引用元:Twitter(2023/8/7)

結局書類で落とされた

リクルートエージェントで企業スカウトが来て、全然興味も経験もない業界だけど話聞いてみるか〜と応募してみたら書類で断られたというあるある。

引用元:Twitter(2023/6/27)

あまり信用できない

リクルートエージェントの企業スカウトはエンゼルスの中継ぎくらい信用ならないですね。

引用元:Twitter(2023/4/6)

全く経験ない職種からスカウト

リクルートエージェントの企業スカウト機能雑すぎん?全く経験ない職種から来るんだが。

引用元:Twitter(2022/12/8)

評判悪い会社からのスカウト

リクルートエージェント、うんこみたいに評判悪い会社から、企業スカウトくる。コメントに低収入高労働、体育会系、ワンマン社長。

引用元:Twitter(2022/9/17)

適当に送られてくる

リクルートエージェントから企業スカウトメールがどんどん来る。キャリアシート適当に書いたのに。

引用元:Twitter(2022/3/12)

全員に送ってるのでは?

リクルートエージェントの企業スカウトってみんなに送ってるよね?
本当に中身まで見てる会社もあるかもだけど適当なところが多いんだろうなと勝手に思ってる。

引用元:Twitter(2021/1/24)

一部の人の口コミで「市場価値を知れる」「資格取得後、スカウトの量が一気に増えた」という好意的な意見が見られるものの、多くは「適当に送られてくる」「結局面接で落とされた」といったネガティブな感想のようです。

こうした評判・口コミの背景として何があるのか、まずはリクルートエージェントのスカウトの仕組みについて見ていきましょう。

リクルートエージェントの企業スカウトには「応募歓迎」と「面接確約」の2種類がある

リクルートエージェントの企業スカウトには「応募歓迎」と「面接確約」の2種類があります。

リクルートエージェントの企業スカウトの種類 ●応募歓迎:AIが選んだ候補者…一般応募者と同様に先行されるライトなお誘い ●面接確約:求められる条件に近い候補者:書類選考をスキップできる

「応募歓迎」とは

「応募歓迎」は、「ぜひご応募ください」といったニュアンスのスカウトです。

この場合、スカウトを通じて応募しても一般応募者と同様に選考が行われます。
応募した時点では、スカウトではなく自分の意思で応募した人とあまり条件が変わらないと考えたほうが無難でしょう。

リクルートエージェントでは、AIが選んだ候補者に企業が「〇△×」を選んでいくことにより、スカウトを自動送信できる仕組みを採用担当者向けに提供しています。

つまり、応募歓迎の企業スカウトを送るにあたり、必ずしも1人1人のキャリア情報を採用担当者がじっくりと見ているとは限りません。

「面接確約」とは

「面接確約」とは、書類選考なしで一次面接へと進むことができるスカウトです。
企業が求める人材の条件に近い候補者宛にスカウトを送っていると考えられるため、「応募歓迎」と比べてやや採用確度が高いと想定されます。

ただし、面接確約とはいえ面接選考が実施されることに変わりはありません。面接の結果、不採用となることも十分にあり得ます。

つまり、面接確約はあくまでも「書類選考をスキップできる」ことだけが一般の応募者と異なると捉えたほうがよいでしょう。

【結論】企業スカウトでも落ちる可能性あり

結論としては、企業スカウト経由で応募しても落ちる可能性はあります。

企業担当者から直接スカウトが届くと、「有力な採用候補者として評価されているのでは?」と捉えがちです。

しかし、実態としては「応募歓迎」「面接確約」のいずれのケースに関しても、選考を通して不採用になる可能性があります。

企業スカウトが届いたからといって過大な期待をせず、きちんと対策を講じた上で選考に臨むことが大切です。

企業スカウトとは別に、リクルートエージェントの法人担当が送るスカウトもある

リクルートエージェントから届くスカウトには、企業スカウトとは別に「法人担当によるスカウト」も含まれています。

法人担当とは、企業の採用担当者にヒアリングを行い、企業が求める人材の条件を聞き取ってくる役割を担う人のことです。
つまり、企業の採用担当者が送るスカウトではなく、リクルートエージェントの社員が送るスカウトです。

企業スカウトの場合、企業の採用担当者は候補者のキャリア情報のうち一部しか閲覧できません。

一方、法人担当は企業が求める人材の条件と登録者のキャリア情報の双方を全て閲覧できます。
その上で企業が求める人材に近い条件の候補者を選んでスカウトを送るため、マッチングの精度が比較的高い傾向にあります。

スカウト経由で内定を目指すのであれば、法人担当が送るスカウトは狙い目といえるでしょう。

求人数・サポート実績No1

まずはどのルートで届いたスカウトかを確認

リクルートエージェントのスカウトメールの「確度」目安:確度が高い順に、法人担当←面接確約←応募歓迎

リクルートエージェントからスカウトメールが届いた際には、企業スカウト・法人担当によるスカウトのどちらかをまず確認しましょう。

企業スカウトメールは自動生成されるため、テンプレートの文面をそのまま使用している場合があります。
一方、法人担当はスカウトする候補者に対して1通ずつメールの文面を作成するため、担当者名が記載されているのが特徴です。

スカウトメールの確度は、リクルートエージェントの法人担当>面談確約>>>応募歓迎の順に高いと想定されます。
スカウトが届いたルートを見分けることによって、採用確度をある程度推測できるのです。

「スカウトされた理由」に納得できるかを確認する

次に、スカウトメールの文面から「自分はなぜスカウトされたのか」が読み取れるかどうかを確認しましょう。

スカウトされた理由に納得できるようなら、きちんと根拠にもとづいてスカウトメールを送っている可能性が高いと考えられます。

反対に、テンプレートのような当たり障りのない文面だったり、自分の経歴とはあまり関係のないことが書かれていたりするようなら、根拠が薄いスカウトの確率が高いでしょう。

この判定方法は、企業スカウト・法人担当によるスカウトのいずれにも場合も有効です。
自身の経歴のうち、具体的にどの点を評価してスカウトしたのかが確認できるかどうかなど、スカウトの理由を精査しておくことが大切です。

企業口コミサイトで、全体評価や離職率などをチェック

スカウト送信元の企業について、実際に働いていた方々の評判を企業口コミサイトでチェックするのも有効な手段です。

求人情報は企業の採用担当者やリクルートエージェントの社員が作成しているため、企業にとって都合のよい情報を中心に記載している可能性があります。

一方、口コミサイトには過去にその企業で働いたことのある一般ユーザーが投稿しているため、より実態に近い情報が寄せられやすいのです。

口コミサイトのイメージ(en Ligthouse

口コミサイトのイメージ

とくにチェックしておきたいのが「社員の働きやすさ」と「離職率」です。
積極的なスカウトメールの裏側に、現社員の離職のされやすさが隠れているかもしれないからです。

口コミには投稿者の個人的な考えが反映されているものの、評判の悪い企業の場合は全体評価が低くなりがちです。
また、従業員数に対して離職者が多いようなら、何らかの問題を抱えている職場の可能性が高いと考えられます。

こうした情報を自身でチェックした上で、応募すべきかどうか判断するのがポイントです。

キャリアシートを充実させよう

企業スカウトを送る採用担当者は、候補者のキャリアシートを参照して対象者を絞り込んでいます。

リクルートエージェントのキャリアシート(見本)

リクルートエージェントのキャリアシート(見本)

引用元:リクルートエージェント公式サイト「キャリアシート(履歴書)書き方見本」

採用担当者は候補者の氏名など、個人が特定可能な情報は閲覧できません。
つまり、これまでの職務経歴や経験業務、保有スキル・資格といった要素がスカウトを送るかどうかの判断基準となるのです。

キャリアシートの記載内容を充実させることによって、採用担当者の目に留まりやすくなるだけでなく、企業が求める人材の条件にマッチしているかどうかの判定をしやすくなります。

結果として、業務経験やスキルを活かせるポジション・仕事内容のスカウトが届きやすくなるのです。

リクルートエージェントに登録した際、キャリアシートを一応記載しただけの人も多いのではないでしょうか。
キャリアシートは登録後も編集できますので、業務経験やスキル・保有資格が十分に伝わるよう加筆しましょう。

「スカウト用追加情報」も記入しておこう

リクルートエージェントには、キャリアシートとは別に「スカウト用追加情報」を登録できます。
スカウト用追加情報とは、匿名のキャリアシートに加えて、スカウト時に参照するための詳細な職務経歴やスキルを記載する欄のことです。

より確度の高いスカウトを受け取るには、スカウト用追加情報をしっかりと記入しておくことが非常に重要です。

まずは現状、スカウト用追加情報が登録されているかどうか確認しましょう。スカウト用追加情報の提出有無は、マイページの「あなたのレジュメ登録状況」から確認できます。

リクルートエージェントのユーザーページ「レジュメ提出状況」

▲スカウト用追加情報の提出有無は「レジュメ提出状況」から確認できる

上図のように「未提出」になっている場合は、スカウト用追加情報を登録しましょう。企業の採用担当者がこの項目を参照することにより、スカウトが届く確率を高められます。

リクナビNEXT経由で良質なスカウトが届くことも。職務経歴書も登録しておこう

リクルートエージェントに登録する際、「リクナビNEXTのスカウトサービス」にも申し込みが可能です。

これに登録しておくことで、リクナビNEXT経由で企業や提携エージェントからスカウトが届くことがあります。

リクナビNEXT公式サイト「転職スカウト機能で企業やエージェントからオファーが届く」

引用元:リクナビNEXT公式サイト「転職スカウト機能で企業やエージェントからオファーが届く」

リクルートエージェント経由でのスカウトよりも質が高いとは限らないものの、面接確約オファーが届くこともあるため、スカウトのチャンスを広げておきたい人はこちらも登録しておくとよいでしょう。

リクナビNEXTのスカウトは、リクルートエージェントに登録した際の職務経歴書をもとに企業や提携エージェントのヘッドハンターがメールを送ります。

リクルートエージェントとリクナビNEXTのスカウトサービスを併用して、スカウトが届く確率を高めましょう。

求人数・サポート実績No1

受け取るスカウトの件数を増やすには、リクルートエージェント以外の転職サイトも併用していくことをおすすめします。

人材募集に活用する転職サイトを1〜2社に絞っている企業も少なくないことから、活用する転職サイトが多いほどスカウトを受け取るチャンスも広がるからです。

スカウトの件数・質について、高評価のレビューが比較的多く見られる転職サイトは次の3つです。各サービスの特徴と評判を紹介しますので、自分に合ったものを選んで登録しておくとよいでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1

転職後の平均年収840万円!企業からのスカウトが非常に多い転職サイトです。

企業の採用担当者とヘッドハンターからスカウトが届くハイクラス転職サイトです。
企業が求めるスキルや経験とのマッチ度が高いと判断された場合には「プラチナスカウト」が届きます。

保有求人のうち3分の1以上が年収1,000万円以上の案件が占めていることから、スカウトを通して年収アップを目指したい人におすすめです。

実際にビズリーチを利用した方々からは、「登録直後にプラチナスカウトが届いた」「有名企業からスカウトが届いたので驚いた」といった声が聞かれます。スカウトの質・量をどちらも強化したい人は、ビズリーチを併用するとよいでしょう。

ビズリーチの特徴

特徴
  • 好条件の高年収・ハイクラス向け求人が、全業種にて充実
  • 企業からの熱量あるスカウトが届きやすい
  • 「ヘッドハンター検索機能」から、好みのヘッドハンターを選べる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約11万件(2024年1月現在)
とくに多い職種 経営(経営者・CxO・事業推進等)|管理(経理・財務・税務・IR等)|マーケティング|営業|コンサルタント|専門職(公認会計士・税理士・弁護士等)|IT技術職(SE・その他ITエンジニア)|ゲーム|電気・電子|半導体|機械|化学|金融|研究・臨床開発・治験|建築・土木など
ワンポイントアドバイス

ビズリーチで企業からのスカウトを多く得るためには、レジュメ(職歴書)の品質を上げること!どのような自己PRが企業からの目にとまりやすいかをじっくり考えて、取り組んでみましょう。

企業からスカウトがたくさん届く

Green

Green。転職をカジュアルに。
POINT!

都市部のIT・Web企業の求人が非常に豊富な転職サイト。企業からのスカウト・オファーも多いため、エンジニア転職の選択肢を広げたい人はぜひ登録しておきたいサービスです。

IT/Web業界への求人紹介に強い転職サイトです。企業の人事担当者から直接スカウトが届くことに加えて、面接前にカジュアル面談を設定してもらえる場合もあります。

「気になる」で企業への関心度を手軽に伝えられるため、興味のある企業に自分からもアプローチしたい人におすすめです。

Greenを活用した方々の感想からは、「大手転職サイトには載っていない企業からスカウトが届いた」「職務経歴を充実させたらスカウトが増えた」など、登録した経歴情報を企業担当者が実際に見ている様子が窺えます。

IT/Web業界に転職したい人、自身の経験・スキルにマッチしたスカウトを求めている人は、Greenを併用してみてはいかがでしょうか。

Greenの特徴

特徴
  • エンジニア求人は常時1.5万件以上。「未経験者可」の求人も多い
  • 企業からの熱量の高いスカウトが届きやすい。スカウトの欲しいエンジニア転職者にとくにおすすめ
  • カジュアル面談で企業の雰囲気を掴みやすい
   
サービス対応地域 全国
公開求人数 約2.9万件(2024年1月現在)
採用に積極的なIT企業多数

リブズ

リブズ

女性ならではの働き方をしっかり考えてくれる企業が多く見つかる転職サイト。企業からのスカウト・オファーも活性しています。

リモートワークやフレックスタイム制など、ニューノーマルな働き方が可能な企業の求人を中心に扱っているマッチングサービスです。

求人内の「興味がある」を押すことにより、採用担当者はカルテ(経歴)確認した上でスカウトを送信します。多様な働き方を求めている人におすすめの転職サイトです。

リブズを活用した方々からは「本気度の高そうなスカウトメッセージが届いた」「スカウトの質が高いと感じた」など、スカウトの質を支持する感想が複数挙がっています。働き方にこだわりがある人は、リブズを併用しておくとよいでしょう。

リブズの特徴

特徴
  • 女性のライフプランに合わせた求人検索が可能
  • ニューノーマルな働き方を実現している企業の求人が豊富
  • スカウトメールで選択肢が広がる
サービス対応地域 全国
公開求人数 非公開
とくに多い職種 経営企画・事業企画・商品企画・各種コンサル|人事・採用・広報・経理・法務・組織庶務・営業事務・秘書|法人営業・個人営業・代理店渉外・インサイドセールス・カウンターセールス|カスタマーサポート・クライアントサクセス・コールセンター・社内SE|Webディレクター・プロデューサー・コンテンツ編集・マーケティング・デザイナーなど
ワンポイントアドバイス

リブズの求人の質は高いですが、量は少なめです。登録の際はリクルートエージェントやdodaにも登録しておくのがおすすめです。

女性の働きやすい職場探しに

まとめ)企業スカウト=選考通過の確度が高い、とは限らない点に注意

リクルートエージェントの企業スカウトは、必ずしも選考通過確度が高くなるとは言い切れません。

スカウト経由での応募を検討するなら、リクルートエージェントの法人担当によるスカウトと併せて、他の転職サイトも併用しながら転職活動を進めたほうがよいでしょう。

今回紹介したポイントを参考に、より多くのスカウトが届きやすい環境を整えつつ、届いたスカウトの確度を見極めていきましょう。

転職サイトのスカウト機能を効果的に活用することで、自分に合った企業と出会えるチャンスをいっそう増やせるはずです。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]