『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「転職エージェント選びに失敗した…」のはどんな時?100人にアンケート

[最終更新日]2024/02/22

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
100名にアンケート|「転職エージェント選びに失敗した…」のはどんな時?

みんなの転職「体験談」。では、直近の転職活動で「転職エージェント選びに失敗した」という100名の方に向けて、「失敗した内容とその理由・原因」についてアンケートを行いました。

アンケート概要

テーマ 「転職エージェント選びに失敗した経験がある人のアンケート調査

集計期間:2023年8月20日~2023年9月2日

回答者:現在働いている20代~50代の男女
   全100名 20代:27名 30代:46名 40代:23名 50代:4名

目次

おすすめの転職エージェント

                                                       
タイプ豊富な求人・スピーディな対応豊富な求人・スピーディな対応豊富な求人・スピーディな対応じっくり丁寧な対応じっくり丁寧な対応じっくり丁寧な対応じっくり丁寧な対応ハイクラス向けハイクラス向けハイクラス向けハイクラス向け既卒・第二新卒向け既卒・第二新卒向け既卒・第二新卒向けITエンジニア専門ITエンジニア専門営業専門クリエイター専門管理部門専門会計・経理・税務・財務マスコミ専門アパレル・ファッションアパレル・ファッション製造系エンジニア看護師専門介護士専門介護士専門
サービス名 リクルートエージェント
リクルートエージェント
doda
doda
ワークポート
ワークポート
マイナビエージェント
マイナビエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
LHH転職エージェント
LHH転職エージェント
type転職エージェント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda X
doda X
ビズリーチ
ビズリーチ
マイナビジョブ'20s
マイナビジョブ20's
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)
就職Shop
就職Shop
マイナビIT AGENT
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
エイプエージェント
エイプエージェント
マイナビクリエイター
マイナビクリエイター
MS-Japan
MS-Agent
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
iDA(アイディエー)
iDA(アイ・ディー・エー)
メイテックネクスト
メイテックネクスト
レバウェル看護
看護のお仕事
レバウェル介護
レバウェル介護
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • 「じっくり聴く」サポート
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • 平均20時間の充実サポート
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 専門領域ごとに担当が対応
  • マッチング度の高い求人紹介
  • 面接通過率が高い
  • 若手向けIT・Web求人が豊富
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • ハイクラス求人国内No1
  • 好条件のハイクラス求人多数
  • 求人に直接応募も可能
  • 企業からのスカウトが多い
  • 地方の優良求人も豊富
  • サポート満足の評判が多い
  • 求人の7割が未経験OK
  • 無料の5日間研修がある
  • 正社員就職成功率80%以上
  • 書類選考なしで選考に進める
  • 面接対策を徹底してサポート
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 年収アップ率80%以上
  • 担当は全員営業職経験者
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • 業界トップクラスの求人数
  • 業界出身担当者のサポート
  • バックスタッフの転職専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当の専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 業界トップクラスの求人数
  • 全国22カ所の拠点
  • 製造エンジニアで実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 看護求人数国内トップクラス詳しい職場情報を知れる
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 活動ペースを急かされることも
  • メール・電話が多い
  • メール・電話が多い
  • 職種によっては求人が少ない
  • 職種によっては求人が少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 求人数は少なめ
  • 求人数は少なめ
  • エージェントからのスカウトが多い
  • 求人数は少なめ
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 求人紹介は研修受講が条件
  • 紹介求人は中小企業がメイン
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験向け求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 販売職の求人が8割以上
  • 地方の求人は少なめ
  • 国公立の医院求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員の求人は少なめ
公開求人数 38万 24万 9.3万 5.6万 3.5万 1.7万 1.0万 1.2万 19万 4.5万 11万 5,900 非公開 非公開 1.8万 2.3万 非公開 5,000 9,900 3,600 4,400 1,400 1.5万 1.4万 15万 19万 9,000
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界(とくにIT・Web系、メーカー系) 全業界 全業界 営業・技術職・管理・メーカー系 IT・Web系、管理、営業 全業界 全業界 経営、企画・管理、技術職、専門職 全業界 経営、企画・管理、技術職、専門職 営業、技術職、企画・管理、サービス系職種 営業、販売・サービス業、メーカー系 ITエンジニア職全般 ITエンジニア職全般 営業職全般 Web系・ゲーム系・技術系 管理部門・士業 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア系 アパレル・ファッション アパレル・ファッション 製造系・ものづくりエンジニア 看護師 介護士・ケアマネジャー等 介護士・ケアマネジャー等
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 20代~30代 全年代 全年代 30~50代 全年代 20代 20代、30歳~35歳 20代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・東海 東京・神奈川・千葉・埼玉 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 東京・神奈川・札幌・大阪・愛知 東京・神奈川・大阪・愛知・広島・福岡・熊本 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・東海・九州 関東・関西・東海 関東・関西 関東・関西・東海 関東・関西・東海 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
公式サイト

表内の求人数は2024年3月時点のものです。

はじめに、「転職エージェント選びに失敗した」という人で、どんな点でそう感じたかについて見ていきましょう。

「転職エージェント選びに失敗した」と感じた理由(※複数回答)

「転職エージェント選びに失敗した」と感じた理由(※複数回答)・希望と違う求人ばかり紹介された:56% ・次第に連絡が来なくなった:27% ・連絡が多く、やり取りが面倒だった:25% ・担当と連絡が取りづらかった:13% ・応募を強引に勧められた:13% ・担当が話を聞いてくれなかった:12% ・怒られた・ひどいことを言われた:9% ・間違った知識・情報を教えられた:9% ・面接対策などのサポートがなかった:8% ・サポートを断られた:6% ・前職よりも年収が下がった:5% ・内定承諾を強引に勧められた:3% ・その他:8%

最も多く挙がった理由が、「希望と違う求人ばかり紹介された」でした。
全体の56%が該当し、失敗ケースでいかにこの問題に直面した人が多いかが確認できます。

また、「次第に連絡が来なくなった」(27%)や「連絡が多く、やり取りが面倒だった」(25%)といった、転職エージェントとのコミュニケーションについての問題を挙げる人も多く見られました。

ここからは、失敗理由で多く挙がった項目について、以下の括りでその詳細と対策について、アンケートのコメントと併せて紹介します。

「希望に合わない職種ばかり勧められて断っていたら連絡が途絶えた…」「希望とは違う職種を紹介され入社後にミスマッチが発覚した」

まずは転職エージェント選びに失敗した理由で最も多く挙がった、「希望と違う求人ばかり紹介された」ケースから見ていきましょう。

対象となった転職エージェントは、大手から中小まで幅広く見られます。
また、ある人が使って満足の行ったサービスが別の人では「失敗した」となっているケースもありました。

具体的にどのような状況だったのか、コメントを一部抜粋して紹介します。

当時営業職をしていましたが、自分には向かないと思い内勤の職種(事務職や総務など)を希望しました。
その旨をエージェントに伝えていたにも関わらず、送られてくる求人は営業職ばかり。

興味がなくても「とりあえず応募しましょう」と言われ、200社近く応募しましたが、ほぼ落とされてしまいました。

20代 女性 兵庫県 メーカー 営業職
利用した転職エージェント:リクルートエージェント

希望に合わないような職種ばかりを多く勧められました。
「これは希望とは違います」と断り続けているうちに、次第に連絡が来なくなりました。
転職エージェントを利用した意味をまったく感じられませんでした。

30代 女性 岡山 IT/通信 営業職
利用した転職エージェント:リクルートエージェント

当エージェントには「これまでの経験が活かせる職種」で希望を伝えていました。
実際に紹介される求人はたしかにそれっぽい名称の職種だったのですが、よくよく調べるとあまり経歴に関係のない業務内容ばかりでした。

結局、そのうちのひとつに引っかかってしまい、入社後にミスマッチが発覚しました。

40代 男性 奈良県 メーカー 企画・管理 年収:600万円~700万円
利用した転職エージェント:JACリクルートメント

育児中の転職活動でした。
勤務地や残業時間など譲れない条件を伝えているにもかかわらず、それらを無視したような求人を紹介してくることが度々ありました。
それが何度か続いた際に、「ああ、この人は私の希望よりも自社の利益を優先しているんだな」と感じました。

30代 女性 神奈川県 インターネット/広告/メディア クリエイティブ職 年収:400万円~500万円
利用した転職エージェント:マイナビエージェント

「次に転職するなら、コールセンターか事務職がよい」と思い、転職エージェントに登録しました。

ですが、「内定が出やすいですよ」と営業職の求人ばかり送られてくるのです。
担当エージェントからは、「面接が1回のみなので、最短で転職できますよ」と言われましたが、「そこじゃないなんだよな」と思いました。
私の経歴がそこまで良くなかったから、ハードルの低い求人をピックアップしていたのだと思います。

30代 男性 山梨県 サービス 事務/アシスタント
利用した転職エージェント:doda

とりあえず転職エージェントに登録してみたのですが、紹介された職種は自分が希望していたものが少なく、勤務地も今住んでいる所から遠いところばかりでした。

40代 女性 静岡県 商社/流通 事務/アシスタント 年収:200万円
利用した転職エージェント:dodaマイナビエージェント

「希望と違う求人ばかり紹介された」際に取った対策は?

転職エージェントを利用して「希望と違う求人ばかり紹介された」人たちは、その後どのような対策を取ったのでしょうか。

アンケートに回答いただいた方の取った行動は、以下のとおりです。

「希望と違う求人ばかり紹介された」際に取った対策は? ・他の転職エージェントを利用した:59% ・希望条件や現在の想いを正確に伝えた:20% ・転職エージェント以外で求人を探した:16% ・担当変更を依頼した:4% ・その他:2%

「他の転職エージェントを利用した」と答えた人のコメント

その後、リクルートエージェントを利用しました。
求人数が圧倒的に多く、転職先の選択肢が広がり、スピード感を持って転職先が決まりました。

その前に利用していたマイナビエージェントは、求人数自体は少なくないものの、希望職種や条件で絞っていくと求人があまりなかったことが原因だったと思います。

細かい勤務条件や譲れない条件がある人は、求人数の多い転職エージェントを選ぶか、または併用するのがよいと思います。

30代 女性 神奈川県 インターネット/広告/メディア クリエイティブ職
利用した転職エージェント:マイナビエージェントリクルートエージェント

UZUZ(ウズキャリ)を利用しましたが、エンジニア職ばかりを薦められたので別の転職エージェントを利用しました。
UZUZは、私が希望する職種をそこまで多く扱ってなかったんだと思います。

もしまた転職活動をする際は、希望職種が決まった段階でその求人に特化した転職エージェントを選ぶべきだと感じました。

20代 男性 大阪府 メーカー 販売/サービス職
利用した転職エージェント:UZUZ(ウズキャリ)doda

営業職で働いていましたが、残業が多いのが辛かったため転職活動を始めました。
はじめに登録したのはdodaでしたが、次に登録したマイナビエージェントの方が「営業でも完全在宅のIT系提案営業という選択肢もありますよ」と教えてもらったり、残業不可でも応募可能な求人が出た際にこまめに連絡をくれました。

30代 女性 静岡県 メーカー 事務/アシスタント
利用した転職エージェント:dodaマイナビエージェント

リクルートエージェントを利用しましたが、私の希望が多すぎたのか、または私が50代でしたのでそもそも求人が少なかったのか、あまり良い求人を紹介してもらえませんでした。

担当者とも少しギクシャクし始めていたので、別の転職エージェント(マイナビエージェント)を利用しました。
前回の反省をもって「ある程度の妥協は必要」と考え、また担当のアドバイザーの方の言うことをしっかりと受け止めて活動したところ、無事に転職成功となりました。

50代 女性 神奈川県 販売/サービス職
利用した転職エージェント:リクルートエージェントマイナビエージェント

「希望と違う求人ばかり紹介された」という経験をしたのちに、別の転職エージェントを利用することで「違う結果になった」という人が多く見られました。

前回の教訓を活かして、転職エージェントをより上手に活用している様子がうかがえます。

「希望条件や現在の想いを正確に伝えた」(またはそうするべきだった)と答えた人のコメント

マイナビエージェントからリクルートエージェントに乗り換えました。
マイナビエージェントでは「近場で良い求人があればいい」といった程度でしか伝わっていなかったと思い、リクルートエージェントではきちんと希望条件を伝えるようにしました。
それと、なるべくコミュニケーションはこちらから取るようにしました。

30代 男性 東京都 医療/福祉 営業職
利用した転職エージェント:マイナビエージェントリクルートエージェント

今回の転職活動については、その後転職サイトを使って自分で応募して、なんとか内定を得られました。

改めて思い返すと、転職エージェントの担当には「できるだけ自分の意見を伝えよう」と思っていたのですが、上手く伝わっていなかったのかもしれないです。
次回は初回の面談時にきちんと伝えようと思っています。

20代 男性 商社/流通 営業職
利用した転職エージェント:リクルートエージェント→自己応募(転職サイト利用)

リクルートエージェントであまりうまく転職活動ができなかったので、その後ハローワークを利用しました。

ハローワークで転職先が決まりましたが、条件だけで見るとリクルートエージェントで紹介された求人の方が良かったです。
リクルートエージェントでは、こちらが上手く希望を伝えられていなかったのかもしれません。

次回はそうならないように具体的な希望をきちんと伝えて、もし希望しない求人を紹介されたら再度問い合わせして話をしたいです。

30代 女性 岡山 IT/通信 営業職
利用した転職エージェント:リクルートエージェント→ハローワーク

レバテックキャリアを利用しましたが、あまり自分に合った求人を紹介してもらえなかったため、今は別の転職エージェントを探しています。

あまり高望みしたわけではないのですが、(自分の希望に合った求人が紹介できなかったのかも…)と感じています。
希望の職種に就ける十分なスキルを身に着けてから利用すればよかったと、今振り返ると思います。

また、担当の方にはもう少し突っ込んで質問したり希望を伝えたりすべきでした。

30代 女性 千葉県 転職活動中
利用した転職エージェント:レバテックキャリア

「あちらからスカウトしてきたのに、面談以降メールの返信なし…」「転職中に妊娠したことを伝えたら次第に連絡がこなくなった」

「転職エージェント選びに失敗した」という人の約30%──3人に1人が、「担当者から段々連絡が来なくなった」と話しています。

どのような状況だったか、コメントを確認してみましょう。

利用したのはtype転職エージェントです。
とある転職サイトに登録したら、そこで「いちどお話しませんか?」とスカウトのような形で連絡が来ました。

さっそくWeb面談を申し込んでコンタクトを取ったのですが、事前にメールに提案された求人について「応募したいです」と伝えてものらりくらりと躱されて。
そしてその面談以降、メールの返信が来なくなりました。あれはいったい何だったんだ…。

30代 男性 東京都 インターネット/広告/メディア
利用した転職エージェント:type転職エージェント

ギークリーを利用しました。
登録後に担当の方から連絡があり、面談を受けました。

希望の職種や雇用形態をお伝えしたのですが、うまく意思疎通が取れなかったのかその後希望と異なるお仕事を紹介されたので再度希望を伝えたんです。
すると、その後連絡が取れなくなりました。

30代 男性 東京都 IT/通信 クリエイティブ職
利用した転職エージェント:ギークリー

結婚して引っ越しをしたため、転職活動を始めました。
転職中に妊娠して、そのことを伝えると次第に連絡がこなくなりました。

子どもを産んでもお仕事は続けたかったので、仕事は見つかりにくいことは重々承知でしたが悲しい気持ちになりました。

また、転職エージェントから面接指導を受けられることを期待していたのですが、それもありませんでした。

30代 女性 その他(公務員、農林水産・鉱業など)
利用した転職エージェント:リクルートエージェント

「転職エージェントから段々連絡が来なくなった」際に、取った対策は?

初回面談では丁寧に対応していたはずの担当者から連絡が途絶えてしまうのは、少なからずショックに感じる人も多いはずです。

こうした事態に直面した人たちが、取った対策は様々です。

「転職エージェントから段々連絡が来なくなった」際に、取った対策は? ・他の転職エージェントを利用した:32% ・転職エージェント以外で求人を探した:28% ・担当エージェントとの関係構築を意識した:20% ・スキルアップを目指した(または目指す予定):12% ・その他:8%

それぞれの対策別に、具体的にどのような行動を取って、結果どうなったかについて見ていきましょう。

「他の転職エージェントを利用した」と答えた人のコメント

リクルートエージェントを利用しましたが、初回面談以降に連絡が途絶えました。

私の方で特に問題があったわけではなかったとおもうので、追加してエージェントを複数登録してメリット、デメリットを把握した上で絞っていくことにしました。

最終的にメインで利用することになったのはdodaです。求人紹介だけでなく、面接対応や履歴書、職務経歴書の書き方を丁寧に教えてくれて、手厚いサポートをしてもらえました。

30代 男性 千葉県 医療/福祉 営業職
利用した転職エージェント:リクルートエージェントdoda

パソナキャリアを利用していたのですが、一社内定をもらった企業に対して承諾を断ったら、パッと連絡が来なくなりました。
その際にかなり強引に内定承諾を薦められたのですが、恐らくその企業にかなりの空き人員があって、その穴埋めに躍起になっていたのだと思います。

さすがに同じ担当でサービスを継続する気にはなれませんでしたので、別の転職エージェントのサービスを利用することを検討しています。

ですが、内定を断ったら音沙汰なしというのは、サービスとしてどうなんですかね…。まるでこちらに決定権がないかのように勧めてくるのは、それは単なる労働の斡旋でしかないと感じました。

30代 男性 兵庫県 IT/通信
利用した転職エージェント:パソナキャリア→別の転職エージェントを検討中

「転職エージェント以外で求人を探した」と答えた人のコメント

転職エージェントは相性があるんだなと感じました。

また、「自分だったら、自分で応募して行動できる」とも思いました。
実際に転職サイトなどを使って自分で探してみるとそちらの方が効率の良さを感じ、そこで無事転職先が決まりました。

30代 女性 千葉県 小売・販売/外食・宿泊 クリエイティブ職
利用した転職エージェント:dodaビズリーチ

「担当エージェントとの関係構築を意識した」と答えた人のコメント

ワークポートを利用しました。
まめに連絡をくれていたのですが、少し間が空いたときはこちらからも連絡を入れるようにしました。

サービス利用してからの浅い付き合いですので、やはり信頼関係の構築を意識することは大事だと覆います。

20代 男性 東京都 IT/通信 クリエイティブ職
利用した転職エージェント:ワークポート

マイナビエージェントの担当者と面接した時に、「法学部出身なので法律事務所や法務の事務職の仕事を希望している」ことを伝えました。ですが、そうした求人の取り扱いが少なかったようです。

その後、2回ほどメールが来てそれからは連絡が途絶えました。

恐らく、転職の希望時期を明確に決めていなかった為「転職意思はそこまで高くない」と思われたこともあったと思います。
今の職場よりもいいところがあったら転職したいというレベルの希望なのか、すぐに転職したいのかなどの自分の中のモチベーションをもっと相手に伝えるべきだったと思いました。

このときの失敗を踏まえて、その後すぐ法律事務所・企業法務に特化した転職エージェントを利用しました。
はじめから転職のモチベーションをしっかり伝えたところ、とてもエネルギッシュに支援してもらえました。

30代 女性 神奈川県 メーカー 営業職
利用した転職エージェント:マイナビエージェント→特化型の転職エージェント

「スキルアップを目指した(または目指す予定)」と答えた人のコメント

dodaを利用しました。
ですが、2週間ほどで連絡が途絶えてしまって。

私のスキルや転職に関して全く魅力を感じられなかったのだろうと、ずいぶん卑屈な気持ちになりました。

ただ、そのまま腐っていても始まらないので、「スキルを養って、資格などをとって見返してやろう」と思い、オンラインのプログラミングスクールに入りました。

その後またdodaを再利用したところ、今回はとても丁寧にサポートを受けられました笑。

30代 男性 東京 IT/通信 ITエンジニア
利用した転職エージェント:doda

「親身になって話を聞いてもらえていないようで信用できなかった」「私の意向を確認せずに面接の日時も勝手に決められ辟易した」

担当エージェントとのコミュニケーションから、「転職エージェント選びに失敗した」と感じる人も少なくありません。
連絡が多く、やり取りが面倒だった」と答えた人は25%、そのほか「担当と連絡が取りづらかった」と答えた人は13%の割合でした。

具体的にどのようなケースであったのか、見ていきましょう。

ワークポートを利用しました。
担当者に対してこちらから積極的に話を振ってみたのですが、「分かりました」の繰り返し。

本当に親身になって話を聞いてくれているのか疑念が絶えず、最終的には「この担当は、信用ならない」と判断しました。

30代 男性 岡山県 現在転職活動中
利用した転職エージェント:ワークポート

リクルートエージェントの担当からメールはたくさん送信されてきたのですが、肝心の面談については「なかなかスケジュールが合わない」と、初回面談のみしか実施できませんでした。

そのうち段々私の温度感が下がってきて、「リクルートエージェント以外の転職エージェントにしよう」と決断するに至りました。

20代 女性 兵庫県 メーカー 技術職(メディカル/化学/食品)
利用した転職エージェント:リクルートエージェント

保育士での転職に、「保育のお仕事」という業界特化のエージェントを利用しました。

たしかに業界特化で求人を紹介してくれたのですが、担当の方が私の意向を確認せずに進めてしまうことに辟易しました。
たとえば、求人企業には勝手に私の情報を伝えて、面接の日時も勝手に決められます。 「〇〇という保育園が、○○というところにあって、□□さん{私のこと}のことをお話したら、園長先生が〇月〇日〇時からお話ししたいと言っていますので行ってみましょうね」と、こんな感じでした。

丁重にお断りして、その後そのサービスを使うことは止めました。

30代 女性 秋田県 転職活動中
利用した転職エージェント:保育のお仕事

当時、転職したい気持ちはあったものの、残留する選択肢も残っていました。
まずは自分の市場価値を知りたいと思い、ビズリーチに登録しました。

そこで声をかけてきたリクルートエージェントの担当者とコンタクトを取ったのですが、こちらの都合も考えず「いつ面接できますか」「今電話できますか」という連絡ばかり。

仕事中にも電話をかけてこられたので、「この担当は合わない」と思い、別のエージェントを利用する旨を伝えました。

40代 男性 茨城県 IT/通信 ITエンジニア
利用した転職エージェント:リクルートエージェント

「連絡が多く、やり取りが面倒だった」・「担当と連絡が取りづらかった」際に取った対策は?

担当エージェントとのコミュニケーションがうまくいかなかった際に、対策を取った人たちの行動は大きく以下のパターンが見られました。

「連絡が多く、やり取りが面倒だった」・「担当と連絡が取りづらかった」際に取った対策は? ・他の転職エージェントを利用した:40% ・転職エージェント以外で求人を探した:32% ・希望条件や現在の想いを正確に伝えた:20% ・スキルアップを目指した(または目指す予定):4% ・担当変更を依頼した(または依頼する予定):4%

「他の転職エージェントを利用した」と答えた人のコメント

リクルートエージェントの担当と面談機会をほとんど取れなかったのは、担当者が忙しかったことが原因だと思います。同時にサポートしている利用者はかなり多いと思いますので。

私自身も、働きながらの転職活動だったため空いている時間は限られていました。

もう少し利用者の少なめの中小規模のエージェントの方が、私の転職活動ペースに合わせてくれそうな気がしています

20代 女性 兵庫県 メーカー 技術職(メディカル/化学/食品)
利用した転職エージェント:リクルートエージェント→別の転職エージェントを模索中

結局、転職エージェントにとって求職者は、「人材」という名の商品なんですよね。だから、他の転職エージェントに取られる前に、商品として出荷してしまいたいという気持ちがあったのでしょう。

大分急かされまして「これはきついな」と思いましたが、転職エージェントの性質上致し方ないとも思っています。

ですが、その後type転職エージェントを利用してこちらの事情をちゃんと話したら、急かすことなく付き合ってくれました。
エージェントによっても合う・合わないはあると思うので、地道に自分に少しでもマッチするエージェントを探すのがよいと思います。

40代 男性 茨城県 IT/通信 ITエンジニア
利用した転職エージェント:リクルートエージェントtype転職エージェント

「転職エージェント以外で求人を探した」と答えた人のコメント

過去に転職エージェントを利用した際も、同じようなことがありました。
連絡が唐突に途絶えたり、釣り求人で実際に紹介される求人とは乖離があったりと、転職エージェントには良い印象が全くありません。

自分で探して応募した方がいいと思っています。

30代 男性 東京都 インターネット/広告/メディア クリエイティブ職
利用した転職エージェント:type転職エージェント

「担当エージェントにやる気・想いを伝えた」と答えた人のコメント

自分のことについて説明不足であったと感じています。
転職への意気込みと出来ることと出来ないことを明確に伝えたら、最適な職種を紹介していただきました。

30代 男性 岡山県 現在転職活動中
利用した転職エージェント:ワークポート

はじめのうちうまくコミュニケーションがとれなかったのは、「とりあえずどんな求人があるか知りたい」という気持ちで今すぐに転職したいわけではないことを、担当に伝えていなかったことが原因のひとつだと思います。

今はまだ転職を検討中で、どんな求人があるか相談したい」と、自分の状況を具体的に伝えたところ、それまであったようなボタンの掛け違いのようなコミュニケーションはなくなりました。

30代 女性 秋田県 転職活動中
利用した転職エージェント:保育のお仕事

「要望を無視した求人ばかり強引に勧められて担当変更を依頼した」「転職者の希望を無視して売上のために転職を強引に進めようとする」

転職エージェントの失敗理由に「強引に面接や内定承諾を勧められた」を挙げた人は13%と、7人に1人の割合でした。

「内定承諾のタイミングなど、人生の重要なターニングポイントで強引に勧められた」という声もあり、やや深刻な問題といえそうです。

「今の職種の経験を活かせる別の職種を探しているので、どういったものがあるかを教えて欲しい」と伝えたんですが、「今の経験を活かすのなら同じ職種で働いた方がいい」と聞いてくれませんでした。

そして、こちらの要望を完全に無視した求人ばかり強引に勧めてきました。
自分が入社させたい企業に持っていこうという感じが伝わってきたので担当変更を依頼したんですが、後任からの連絡は一切ありませんでした。

30代 男性 神奈川県 インターネット/広告/メディア 企画/管理
利用した転職エージェント:リクルートエージェント

経理事務に転向したくて転職活動を始めました。
利用した転職エージェントは、マイナビエージェントです。2社ほど経理事務の求人を紹介してくれて、そのうち1つの求人は比較的残業のない職場だったのですがすぐに内定者が出てしまいました。

そしてもう1つの求人(そちらは会計事務所でした)を紹介されたのですが、残業が多く離職率が高いところでした。

2つ目の求人を紹介された時に、「ここしかありません」と言わんばかりの口ぶりでしたので、私はその求人に決めてしまったのです。

結局、求人企業の離職率が高かろうが、エージェント側としたら紹介手数料が入ってくるわけだから、どんどん紹介するわけですよね。転職エージェントは信用してはいけないなと実感した出来事でした。

40代 女性 東京都 医療/福祉 事務/アシスタント
利用した転職エージェント:マイナビエージェント

「地方では希望の条件を満たすことが難しい」ということで、最低限の条件を満たす会社に半ば強引に面談を設定されました。

20代 女性 静岡県 転職活動中
利用した転職エージェント:レバウェル看護

これまで経験を活かして、「同業他社へ同じ職種または近い職種での転職を希望している」と伝えているのに、同業ではあるもののまったく畑違いの職種を紹介してきたり、経験のない分野のお仕事をゴリ押ししてきたりと、転職者の希望を無視して自社の売上のために転職を強引に進めようとする姿勢に、嫌気がしました。

30代 女性 神奈川県 インターネット/広告/メディア 事務/アシスタント
利用した転職エージェント:パソナキャリア

「担当者から強引に勧められた」際に取った対策は?

「担当者から強引に勧められた」ケースに遭遇した人が取った行動で多く見られるのは、「利用する転職エージェントの変更」または「担当交代」です。

「転職エージェントから段々連絡が来なくなった」際に、取った対策は? ・他の転職エージェントを利用した:67% ・担当変更を依頼した(または依頼する予定):20% ・転職エージェント以外で求人を探した:13%

「他の転職エージェントを利用した」と答えた人のコメント

視野が狭くなっていると、担当エージェントから「ここしかない」と言われると「本当にそうかもしれない」と思ってしまいがちです。
あとは、焦っていると「どこでもいいから決めなくては」と思ってしまうこともありました。

結局、自分に余裕がないと判断を誤るリスクは高まってしまうんでしょう。

まず、必ず複数のエージェントに登録して比較すること。これは必須ですね。
それと、他社のエージェントから紹介されて内定が出たとしたら、他のエージェントにその会社の求人があるかどうか確認してもらったり、その会社の評判とか聞いておいたりしたほうがいいと思います。

紹介された求人は、口コミサイトもチェックしてブラックでないかも確認するのも大事だと思います。

40代 女性 東京都 医療/福祉 事務/アシスタント
利用した転職エージェント:マイナビエージェントジャスネットキャリア

パソナキャリアからリクルートエージェントに変更しました。
リクルートエージェントでは、パソナキャリアのように「この求人で行きましょう」とやや強引に勧められることもありませんでした。

その背景には、リクルートエージェントの方が紹介する求人の量が多く、一方のパソナキャリアは紹介先がかなり限られてしまうことがあったように思います。

未経験や求人の多い職種を希望しない限り、はじめから大手のエージェントを選ぶべきだったと思いました。
また、転職エージェントは一社でなく複数登録しておいたほうが、自分と相性のいい会社に出会える気がします。

30代 男性 神奈川県 インターネット/広告/メディア 営業
利用した転職エージェント:パソナキャリアリクルートエージェント

dodaに登録しましたが、毎日のように30件以上求人を紹介されること、担当から強引に進行を進められることにストレスを感じていました。

ただ、私の方でも転職の軸が明確に決まっていなかったので、きちんと希望を伝えられなかったとも思います。

また、そもそも第二新卒転職の私にとって、キャリアアップ重視の利用者が多いdodaにはあまり合わないことに早く気づくべきでした。それぞれ専門分野で調べる方が希望に近いものが見つかると思います。

その後、マイナビジョブ20’sを利用して内定をいただきました。第二新卒専用なので、若手や未経験前提で希望にマッチする求人が多かったです。また、エージェントの方もとても丁寧で、紹介していただく求人も質が高かったです。

20代 女性 兵庫 IT/通信 営業職
利用した転職エージェント:doda→マイナビジョブ20’s

「転職エージェント選びに失敗した」と答えた人は、その後も転職エージェントは利用する予定でいるのでしょうか。

アンケートでは、55%の人が「その後も利用する(利用した)」と答えています。

その後も転職エージェントを利用する? ・利用する(または利用した):55% ・利用しない:19% ・未定:26%

今後も転職エージェントを「利用する・した」と答えた人のコメント

「今後も転職エージェントを利用する(または利用した)」と答えた人は、以下の理由を挙げるケースが多く見られました。

  • 面接対策と書類添削が役立つから
  • 「いい担当者」に出会えれば、いいサポートを受けられるから
  • 非公開求人や独占求人など、他の求人媒体にはない求人を紹介してくれるから
  • 企業との連絡(面接日の調整や条件交渉など)をしてくれるから

はじめにSBヒューマンキャピタルを利用した後、ネクストコネクトに切り替えました。
担当者の方がとても丁寧に対応してくれて、助かっています。

転職エージェントでうまくサポートが受けられないというときは、会社が悪いのではなく「担当者の問題」が大きいと思います。
いい担当者に出会えれば、いいサポートを受けれていい求人に出会える──そんなものだと思います。

30代 男性 メーカー 販売/サービス職

リクルートエージェントで失敗して、その後JACリクルートメントを利用しました。
「完全週休二日制以外の会社は絶対に受けません」と担当者に伝え、強い意志を見せたことで、希望と合致する求人を沢山送ってもらえました。

給与交渉や面接日程の調整などを代理で行ってくれるので、肉体的にも精神的にも楽です。

転職サイトにも載っていない非公開求人を送ってくれることもあり、転職の幅が広がると思います。相談できる相手がいるというのも心強いです。

20代 女性 兵庫県 メーカー 営業職

エージェントを利用しない転職活動が考えられないくらい、私の中でエージェントを使うのは当たり前になっています。

なんといっても、履歴書と職務経歴書さえ作ってしまえば、添削もしてくれるし、応募した後の書類選考から面接のスケジュール調整、また聞きづらい質問などエージェントの担当を通して聞いてくれるし、かなりスムーズになるからです。

40代 女性 東京都 医療/福祉 事務/アシスタント

転職サイトとは違って担当のアドバイザーの方がついてくれて、自分にあった案件を紹介してくれるからです。
選考につまづいたらアドバイスをしてくれたり、二人三脚で転職に向けて前に進めるのでスムーズに活動を行えます。

40代 女性 茨城県 建設/プラント/不動産 事務/アシスタント

エージェントを活用するほうが非公開求人も多いだけでなく、個人で市場状況の把握をすることは困難でありそういった面では活用したい。

また、年収の交渉の面ではこちらが言いにくい部分も代わりにしてもらえるので安心できる。

30代 男性 島根県 医療/福祉 営業職

ハローワークなどでは自分1人の力で転職活動をしなくてはいけませんし、求人も限られてしまいます。
しかしエージェントであれば豊富な求人数の中から選ぶことができるので、選択の幅が広がると感じたため、次回があればまた利用します。

30代 男性 愛知県 メーカー 営業職

今後は転職エージェントを「利用しない」と答えた人のコメント

今回の失敗を機に「今後、転職エージェントは利用しない」と答えた人では、「これからは自分で求人を探す(自力で転職活動をする)」という意見が多く見られました。

今の職場は転職エージェントを使わずに、自力で見つけて、面接準備も自力でしました。
結局はどれだけ自分が頑張れるかの勝負になってくると思うので、今後転職エージェントは利用しません。

20代 男性 大阪府 商社/流通 営業職

自分の目でしっかりみて、自分で選ぶことが大切だと感じました。

話しづらい条件交渉を手によくエージェントが代行してくれるのは楽だと思っていましたが、そもそもそういう話も自分で入社前にできなければ、入社しない方がいいと思いました。

30代 女性 愛知県 医療/福祉 クリエイティブ職

転職エージェントはどうしても相性の問題があると感じました。

転職エージェントを使わずとも、自分でしたら求人サイトから自分で応募して行動できるので、次回からは転職エージェントは利用しないと思ったからです。

30代 女性 千葉県 小売・販売/外食・宿泊 クリエイティブ職

まとめ)転職エージェント選びに失敗した際に多くの人が取る行動とは。

アンケート結果と、ここまで紹介した内容をまとめましょう。

  • 「転職エージェント選びに失敗した」理由で最も多いのは、「希望と違う求人ばかり紹介された」
  • 転職エージェントとのコミュニケーションの問題で、「失敗した」と感じられるケースも多い
  • 転職エージェント選びに失敗した後に、再度転職エージェントを利用する人の割合は55%
  • その後別の転職エージェントを利用した際に、「前回よりもうまく行った」と回答する人は多い

転職エージェント選びに失敗した人が行った対策としては、以下が多く見られました。

対策 割合
他の転職エージェントを利用した 49%
転職エージェント以外で求人を探した 21%
希望条件や現在の想いを正確に伝えた 13%
担当エージェントにやる気を伝えた 5%
担当変更を依頼した 5%
スキルアップを目指した 4%
その他 3%

どの対策においても、前回の経験を教訓として取り組まれた人はその後うまく行くケースが多く見られます。

転職活動においては特に「失敗を、そのままにしない」姿勢が、大切なのかもしれません。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]