『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

看護師のはじめての転職。病院施設と介護施設の業務は似て非なるものだった。|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
看護師
職種
医療
従業員規模
100名
年収
500万円

転職後

AFTER
職業
看護師
職種
医療
従業員規模
50名
年収
450万円

目次

ここそらさんの転職ストーリー

1これまでの私

恩師の薦めで精神科病棟で働き始め。

看護師の職場

転職したのは、今から4年前の28歳の頃になります。

当時はまだ結婚しておらず、実家暮らしをしていました。

看護学校を卒業後、看護学校の学費を援助してもらう変わりに、その病院に就職するといったいわゆる「お礼奉公」で就職した精神科病院で働いていました。

彼氏もおらず、実家暮らしだったため休みの日は女友達と遊びに出掛けたり、母親や妹と出掛けたりするのを楽しみにしていました。

今思えば実家暮らしで自分で払わなければならないお金も少なく、遊びに好き放題お金を使っていて毎月旅行に行ったり欲しいものを買ったり…という生活をしていました。

また、その数年前に犬を飼い始めたので犬にお金をかけたりと、プライベートは不自由ない暮らしをしていました。

2転職のきっかけ

私が目指していたのは、こんなケアじゃない。

イメージ図:私が目指していたのは、こんなケアじゃない。

当時の職場は、市内では大きな精神科の入院病床のある病院でした。

開院からはかなり年数が経っており、精神科という少し特殊な療養病床ということで実際に働いていた私自身も、入職当初は何となく怖い印象が強かったのを覚えています。

そのような状態で入職しましたが、古い病院で古参の職員が多いということもあり、病棟での実際の勤務は看護学校で学んできた「看護」とうものとは程通い、ホスピタリティの低いケアが行われており、衝撃を受けました。

それでも、一定の年数は働かなければ援助してもらった看護学校の学費を全額返済しなければなりません。自分をだましだまし、勤務していました。

ですが、勤務をしていく中でどうしても患者様との関わりや看護ケアに対して自分で納得できない部分が多くなっていったのです。

このようなケアをするために看護師になったわけじゃない」という想いで、奨学金の返済も厭わない思いで退職を決めました。

3転職活動中

私がきっと向いているのは、介護の職場。

介護施設への転職

初めての転職活動でした。とにかく右も左もわかりませんでしたので、まずはハローワークに行って相談をしました。

幸い、看護師という資格を持っていたため、ある程度の仕事はありました。ですが、再度大きな総合病院に行くのはなんとなく敷居の高さを感じて躊躇われました。

そこで考えたのが、介護施設での看護師業務です。病院の求人以上にたくさんの求人がありました。

介護施設勤務の経験はありませんでしたが、看護学校時代に実習で介護施設に行った経験があり、その際に介護施設の看護師業務に興味を持ったことを思い出しました。

いくつか求人をピックアップして、その中から新規オープン事業所のオープニングスタッフの募集に応募することにしました。

オープニングスタッフであれば、人間関係もみんな一からスタートで環境に馴染みやすいと思ったからです。
応募したころ、一回の簡単な面接の後その日のうちに採用の通知をもらいました。

4転職後

新しい仕事は、介護施設の看護業務。

イメージ図:介護士として働く女性

同じ看護師といっても、やはり病院の看護業務と介護施設の看護業務とでは仕事内容が全く違い、戸惑いの連続でした。

当たり前ですが、病院では看護師が私以外にもたくさんいます。何か患者さんの急変やトラブル等あったときは他の先輩看護師に相談すればアドバイスや対応してくれます。
ですが、私の勤めた介護施設では看護師は私を含めて2人のみで残りは大半が介護職員でした。

そのため、どちらかが休みの日は看護師が1人しかいない日もありました。

施設に入所されている入所者様が急変したりした際には看護師である自分が先になって対応したり判断する必要があります。
その責任の重さを強く感じたのを覚えています。

今まで精神科病院で経験したことがほとんど応用できず、一からの勉強と経験の積み重ねが必要でした。

5その後、どうなったか。

一からスタートした介護施設の看護業務も4年が経って。

イメージ図:これからの働き方イメージ

今回の転職では退職をしようと決まってからすぐに職業安定所に行って条件にあった仕事を探し応募、採用となりました。

今は看護師求人を扱っているサイトだったりがたくさんあるので、それらを活用したらよかったかなと思います。

また、事前に新しい職場の雰囲気や業務内容を知るために応募の前に一度会社の見学をお願いして、事前に雰囲気を見たり業務の内容の詳細を担当者さんから聞く等のこともしたほうがよかったと思っています。

◇ ◇ ◇

一からスタートした介護施設の看護業務も4年が経ち、仕事内容にも大分慣れて来ました。

看護師友達で「自分には介護施設勤務は無理だ」という人もいますが、私はおそらく介護施設勤務の方が自分にあっているなと思っています。

前職ではいつも業務に追われていて、患者さんとの関わりの時間は少なくなっていました。
ですが、介護施設では利用者さん一人一人とゆっくり関わり合うことができて、自分のおじいさん、おばあさんと接するような感覚にもなります。

その分、思い入れも強くなります。
亡くなってしまった際や他の施設に移ってしまう際には寂しさを感じます。
ですが、自分を頼りにしてくれて「ありがとう」「あなたがいてよかった」と言って貰えることは何にも変えがたい喜びです。

来年、今の職場に入職して5年目を迎えます。
そろそろ看護だけでなく介護の知識も身につけようと、介護支援専門員の資格を取得したいと考えています。

看護師の転職におすすめの転職エージェント[PR]

レバウェル看護

レバウェル看護
公開求人数 約15万件(2023年8月時点)
特徴
  • 「丁寧なサポート」を評価する声が多い
  • 看護の求人数トップクラス! 好きな働き方で探せる
  • 病院・クリニックの詳しい情報を教えてくれる
公式サイト https://kango-oshigoto.jp/

看護師の求人を取り扱う転職サイト・エージェントはいくつかありますが、「担当エージェントのサポート品質の高さ」を重視するならレバウェル看護がおすすめです。

サービスを利用した人たちからは「希望にマッチした求人を見つけやすい」、「担当エージェントが親身にサポートしてくれる」といった声が多いです。
また、2022年 オリコン顧客満足度®調査ではの看護師転職において「担当者の対応 / 交渉力 / 紹介案件の質」で No.1 の評価を得ています。

また、サービス登録後は、担当エージェントとLINEでのやり取りが可能です。

おすすめの転職サービス リクルートエージェント doda X ハタラクティブ

人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]