『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「製造業の工場から別の仕事に転職したい…」おすすめ職種と準備するポイント

[最終更新日]2024/02/16

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
「製造業の工場勤務から異業種に転職したい」おすすめ職種とポイント

製造業の工場勤務から、別の仕事に転職したいと考えたことはありませんか?

そもそも異業種への転職は可能なのか、可能だとすればどのような業種・職種が転職先としてあり得るのか知りたいと思っている人も多いでしょう。

目次

1)「製造業の工場勤務から異業種に転職したい」という人は多い

製造業の工場勤務を辞めたいと感じる理由は? ・人間関係のストレス ・生活リズムが合わない ・先のキャリアが見えづらい ・休日が不定期・少ない ・景気の影響を受けやすい ・労働環境がよくない

厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概要」によれば、製造業全体の離職率は9.7%と、低い傾向にあります。

宿泊業・飲食サービス業(25.6%)、生活関連サービス業・娯楽業(22.3%)などと比べると、製造業の離職率は決して高い方ではありません。

ただし、工場勤務においては「他の仕事へ転職したい」と考える人は多く見られがちです。

製造業の工場勤務を辞めたいと感じる理由として、とくに多いのは次の6点です。

上記6点の中でも、圧倒的に多い離職理由は「人間関係」です。

工場では四直三交代制などの班単位で仕事を進めることから、班内に合わない人がいるとストレスを抱える直接的な原因となります。
同じ工場で働いている限り、勤務日のたびに顔を合わるとなれば、転職を検討する理由になることもあるでしょう。

人間関係以外にも、生活リズムが崩れやすいことや、将来的な業績やキャリアに対する不安が払拭できないことを理由として挙げる人も少なくありません。

職場によっては危険を伴う作業が多かったり、実際に事故を目の当たりしたりするケースもあることから、より安全な仕事に就きたいと感じている人も多いです。

①人間関係のストレス

●人間関係のストレス →労働環境を変えることで悩みを解消できる可能性がある。 Point:いちど人事担当にも相談しておくのがおすすめ。転職の際は転職理由が人間関係だけにならないようにしておく。

班単位で仕事を進める工場勤務では、人間関係のストレスは転職を考え始める要因とることが多いです。合わない人か自分自身のどちらかが退職しない限り、悩みが解消されないケースがほとんどでしょう。

自分が転職することで悩みを解決したいと考えるのも自然な心境です。一方で、人が集まって仕事をする以上、人間関係の悩みはどの職場でも生じる可能性があります。

人間関係のストレスを理由に、本当に転職してよいものか迷っている人も多いのではないでしょうか。

人間関係のストレスを理由に転職すべきか迷ったときの対策

ストレスを抱える原因が特定の従業員であることが明らかなら、環境を変えることで悩みを解消できる可能性もあります。

ただし、その前にいちど人事担当にも相談しておくことをおすすめします。
場合によっては、班やチームの変更を提案してくれることもあるでしょう。

転職する場合は、人間関係を理由とした転職に対して、ネガティブな印象を抱く採用担当者が少なくないことに注意しておきましょう。
人間関係がうまくいかなかった理由が苦手とする相手にあるのか、転職希望者自身の側にあるのか、客観的に判断するのは容易ではないからです。

Point!

人間関係のストレスを理由に転職する際は、転職理由が「人間関係」だけにならないようにしておくことが大切です。これからのキャリアプランを描き、採用選考時に伝えられるようにしておきましょう。

②休日が不定期で、かつ少ない

●休日が不定期かつ少ない →プライベートの時間を重視している場合、転職に踏み切るのもアリ。 Point:転職の際は、入社後に挑戦してみたいこと、実現したいことを検討して、選考時に伝えられるように準備しておく。

工場勤務は交代制で働くケースが大半のため、休日が不定期になりやすい傾向があります。

基本的には1年を通して常に稼働している工場が多いことから、年間休日数も他業種と比べて少なくなりがちです。
まとまった休暇を取得しにくく、気が休まらないことが転職理由になっているケースも多いでしょう。

休日が不定期で少ないことを理由に転職すべきか迷ったときの対策

休日が不定期で少ない環境で働いている場合、他業種で働く友人やパートナーと予定が合わないなど、自分にとって重要度の高い要素が満たされない状態になる場合もあるでしょう。

プライベートでの幸福度が低いままでは、仕事に対するモチベーションを高めるのは難しいはずです。

自分の人生において重要視すべきことを改めて整理した上で、働く業種や職種を変えることが最善と判断したのであれば、転職に踏み切るのも1つの考え方です。

注意点として、転職理由が前職への不満のみにならないようにしましょう。

中途採用を行っている企業では、求職者が入社後にどのような活躍や貢献が可能か、「未来志向」で選考を行っているケースがほとんどだからです。

Point!

転職成功のポイントのひとつに、「ポジティブな転職理由を立てておく」ことがあります。転職後に挑戦してみたいこと、実現したいことを検討し、選考時に伝えられるように準備しておきましょう。

③夜勤があり、生活リズムが合わない

●夜勤があり、生活リズムが合わない。 →心身に不調をきたすレベルなら、休養した上で次のキャリアを検討する。 Point:日勤メインの働き方で、どのような仕事が考えられるかを早めに考えておく。

工場勤務には夜勤があるケースも多く、生活リズムに馴染めない人も少なからずいるでしょう。

交代制で勤務する場合、不定期に訪れる夜勤のたびに日勤の時とは生活パターンを大きく変えざるを得ません。結果として健康面に悪影響が生じたり、メンタル面で余裕がなくなってしまったりすることも考えられるのです。

夜勤があり生活リズムが合わないことを理由に転職すべきか迷ったときの対策

生活リズムが合わないことが転職理由になり得るかどうかの判断基準として、心身に不調をきたすレベルかどうかが挙げられます。

もしすでに心身に不調をきたしているようなら、できるだけ早く休養した上で次のキャリアを検討したほうがよいでしょう。

また、一定期間の工場勤務を経験しても、なお夜勤に慣れない・生活リズムが整わないと感じるようなら、そもそも自身のライフスタイルに合わない仕事である可能性も否定できません。

実際、夜型の生活パターンにどうしても馴染めないタイプの人は一定数存在します。
その場合、自分のライフスタイルに合った仕事を見つけることが、悩みを解決する近道となることも考えられるでしょう。

Point!

夜勤を含む交代制勤務は、人によって「合う・合わない」があります。「自分には合わなそうだ」と感じる場合は、に日勤メインの働き方で、どのような仕事があるかを早めに考えておきましょう。

④景気の影響を受けやすい

●景気の影響を受けやすい。 →安定感を求めるなら、景気の影響を受けにくい異業種へ。 Point:具体的な仕事内容など調べたうえで、自分が今後取り組んでいき阿智仕事と合致しているか確認しておく。

工場での仕事は、発注元のメーカーからの注文状況などに影響を受けやすい傾向があります。

製品の製造量や出荷数は景気によって大きく上下することもめずらしくないため、従業員自身の努力では如何ともしがたい仕事の「波」に巻き込まれるリスクを孕んでいるのです。

将来にわたって安定的な収入を得られるかどうか、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

景気の影響を受けやすいことを理由に転職すべきか迷ったときの対策

景気の影響を受けやすいという傾向は、製造業全般についていえることです。したがって、安定感を求めて転職するのであれば異業種を選ぶことになる可能性が高いでしょう。

たとえば、IT業界や製薬・医療業界、インフラ業界などは景気の影響を受けにくいことから、転職先候補として有力な選択肢となり得ます。

一方で、「不況に強い」「景気の影響を受けにくい」といった要素だけを重視して転職先を選ぶのはあまりおすすめしません。

実際の仕事内容が自分にとって合わない・面白さを見出せないといった状況に陥った場合、その仕事を何十年と続けていくのは容易ではないからです。

Point!

景気の影響を受けにくいかどうかだけでなく、具体的な仕事内容や身につく知識・スキルをリサーチした上で、自分が今後取り組んでいきたい仕事と合致しているか確認しておくことが大切です。

⑤これから先のキャリアが見えづらい

●これから先のキャリアが見えづらい。 →在職中に取得可能な資格をできる限り取得しておくこと。 Point:目的意識を持って行動する人材を高く評価する企業も多いことから、積極的に資格を取得しておくとよい。

工場勤務はやるべき作業が明確に決まっている反面、仕事が単調になりやすい傾向があります。

作業長や主任に昇進しても、基本的には交代制勤務を続けるケースが大半です。取り得るキャリアの選択肢も限られていることから、今後のキャリアが見えづらいと感じている人も多いでしょう。

これから先のキャリアが見えづらいことを理由に転職すべきか迷ったときの対策

今後のキャリアを見越して転職するのであれば、「現在の職場で、将来に役立てられる経験」はフル活用しておくことをおすすめします。

たとえば、在職中に取得可能な資格があれば、できる限り取得しておくことで工場以外のキャリアの可能性が見えてくる場合があります。

とくに電気・ガス・危険物系の資格は、製造業以外でも必要とされるケースが多々あります。
転職時はもちろんのこと、先々のキャリアで資格が役立つことも十分に考えられるでしょう。

Point!

資格取得に向けて取り組んできたこと自体が、今後のキャリアを見据えて行動してきたことの証となります。目的意識を持って行動する人材を、高く評価する企業も多いです。

⑥労働環境が良くない場合も

●労働環境が良くない。→まずは他部門に移ることが可能かどうか探ってみる。 Point:転職したい理由が労働環境以外にあるか探り、そのうえでキャリアプランを考えていく。

職場内で事故が相次いでいたり、体調不良者が出ていたりするなど、労働環境が良くないことを理由に転職を検討し始めるケースもあるでしょう。

事故を完全にゼロにするのは現実的でないとしても、事故を防ぐためにあらゆる対策を講じることは企業として果たすべき義務です。
こうした義務が十分に果たされていないようなら、転職を検討するのも1つの考え方でしょう。

労働環境が良くないことを理由に転職すべきか迷ったときの対策

労働環境が良くないことを理由に退職・転職を検討する場合、まずは異動願いを出して他部門に移ることが可能かどうかを探ってみましょう。

職場によっては他部門への異動が可能な場合もありますが、工場勤務から他部門へ移るのが現実的とはいえないケースもあるはずです。
こうした場合には、不満や不安を感じている労働環境が勤務先特有の事情なのか、職種として避けられない事情なのかを見極める必要があります。

もし勤務先が必要な安全対策を十分に講じていないようなら、同じ工場勤務でも他社に転職することで問題が解決できる可能性があるでしょう。

一方、工場勤務を続ける限り避けられないリスクであれば、異業種への転職を視野に入れて検討する必要があります。

Point!

転職したい理由が労働環境のみか、他の理由があるかも探ってみましょう。そのうえで、「将来はこんな働き方がしたい」というキャリアプランを考えていきます。

3)辞めた後に、また製造業の工場勤務に戻るケースは多い

「とにかくもう辞めたい!転職しよう!」→「全然仕事ができない…工場勤務の方がよかったかも…」 工場勤務を辞めたい一心で転職するのはNG!

工場勤務から異業種への転職を検討している人の中には、「転職後は問題なく仕事に馴染めるのか?」が気になっている人も多いでしょう。

実は、一度退職して異業種へ転職したものの、再び製造業の工場勤務に戻ってくるケースは多いです。

工場勤務に限らず、異業種への転職ではスキルセットの不一致が発生するリスクが少なからずあります。

工場勤務を辞めたい一心で転職に踏み切るのではなく、製造業で培った経験を活かせる業種・職種や未経験スタートがしやすい業種・職種を把握しておくことが大切です。

転職活動を始める際には「転職先が見つかるかどうか」が関心事となりがちですが、もう一歩踏み込んで今後のキャリアプランをしっかりと練っておきましょう。

異業種に転職後は、その業種・職種で何十年と働いていくことになるかもしれません。転職直後の状況だけでなく、5年後・10年後に自分がどうなっていたいのか、何に取り組みたいのかを明確にしておくことが大切です。

キャリアプランの策定に悩むようなら、転職エージェントなど第三者に相談してみるのも1つの方法です。

キャリアプランの立て方

キャリアプランとは…「将来どうなりたいか」といったゴールを設定し、そこに向けた道筋を描いていくこと

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

その際に、キャリアプランとセットで使われる言葉に「キャリアビジョン」があります。 キャリアビジョンは、あなたが未来に「こういう働き方をしたい」というイメージのことです

キャリアプランを立てる際は、まず「目標」としてキャリアビジョンを描き、それを実現するためのキャリアプランを検討していきます。
以下のように、表に落とし込むことによって考えやイメージを整理しやすくなります。

キャリアビジョン、キャリアプランの作成表
キャリアビジョン・キャリアプランの作成シート
キャリアビジョン、キャリアプランの作成表(記入例)
キャリアビジョン
(仕事で実現したいこと)
キャリアプラン
(そのためにやるべきこと)
1年後
  • リーダー職
  • ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ
  • ディレクションスキルを高める
  • 業界知識を深める
5年後
  • マネージャー職
  • プロジェクトの責任者として活躍
  • チームビルディング、マネジメントスキルを高める
  • 人材育成スキルを高める
10年後
  • 自身のサービスを手掛ける、または独立起業
  • 事業運営の上流から下流までの経験を積む
  • 経営の知識を深める

キャリアビジョンのイメージが持てない」という人は、さきに「キャリアの棚卸し」を行っておくことをおすすめします。

以下の記事にキャリアの棚卸しの進め方を紹介しています。興味のある人はあわせてご覧ください。

製造業の他職種(営業・管理)…業界知識を活かせる

●製造業の他業種(営業・管理) ・製造業で培ってきた現場経験や業界知識を活かせる。 ・製造業で母床打される求人には、営業、管理部門、生産管理、エンジニア、購買・資材調達などがある。

製造業で募集される求人は、工場勤務のほかにも以下の職種があります。

  • 営業
  • 管理部門(総務・人事・事務など)
  • 生産管理
  • 購買・資材調達
  • エンジニア(設計・開発など)

工場勤務以外の職種で製造業への転職を目指すのは、現実的な選択肢の1つです。

製造業で培ってきた現場経験や業界知識を活かせるため、営業や管理といった他職種でも活躍できる可能性があるからです。

実際、営業や管理の仕事をしていく際に、製造現場を少しでも知っているかどうかは大きな違いとなって表れます。
製品ができあがるまでのプロセスを把握していれば、自分自身が何を売っているのか、何を管理しているのか実感が湧くでしょう。

製造業の他職種(営業・管理)への転職がおすすめの理由

工場勤務から他職種への転職は、一見するとハードルが高い印象を受けるかもしれません。
しかし、製造現場で知識・経験を培ってきたというポテンシャルは大きく、職種は違えど活かせる可能性が高いです。

たとえば、製造業には「生産管理」というセクションがあります。 販売計画にもとづいて生産から出荷までの体制を整え、管理していく仕事です。
工場がどのような工程で動いているのかを知っていれば、品質に配慮した納期の設定やトラブル対応がしやすいでしょう。

同じ製造業であれば、工場勤務の経験は他職種でも活かせる可能性は十分にあります。

製造業の他職種(営業・管理)を目指す際の、おすすめの転職サイト・転職エージェント

 
サービス名 フミダス製造
フミダス製造
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
ワークポート
ワークポート
メリット
  • 丁寧かつ充実したキャリア相談
  • 未経験から挑戦できる求人多数
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 未経験者への転職支援に強み
  • 積極的な求人提案
デメリット
  • 40代以降の求人は少なめ
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 提案の電話・メールが多い
製造業関連の
求人数
非公開 6.3万 4.5万 1.4万 1.7万
対象年代 20代~30代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 新しい職種にキャリアチェンジしたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
公式サイト

表内の求人数は2023年12月時点のものです。

物流系職種(営業・管理・SD職)…業務経験や取得資格を活かせる

●物流系職種(営業・管理・SD職) ・製造業と密接な関わりがある業界のため、製造業の内情を知っていることが強みに。 ・製造業で取得した資格が活かせる仕事も数多くある。 ・今後も高い需要が見込める業界。

製造業と密接な関わりがある業界として、物流系職種への転職もおすすめの転職先です。
一口に物流と言っても、営業や管理、SD(セールスドライバー)など、携われる職種は多岐にわたります。

メーカーや工場に出入りする機会も多い仕事のため、製造業の内情を知っていることが強みなるケースもあるはずです。

また、物流業界はECサイトの発達に伴い、今後も高い需要が見込める業界といわれています。
製造業の工場勤務に将来的な不安を抱いていた人にとって、伸びていく見通しのある業界で働くチャンスといえるでしょう。

物流系職種(営業・管理・SD職)への転職がおすすめの理由

物流系職種の中には、製造業で取得した資格が活かせる仕事も数多くあります。
たとえば、フォークリフトやクレーンの免許や玉掛けなどの資格は、物流業界でも高い需要が見込めるでしょう。

また、在庫管理などの実務経験があれば、物流業界でも経験を活かせる可能性があります。

物流系職種(営業・管理・SD職)を目指す際の、おすすめの転職サイト・転職エージェント

 
サービス名 リクルートエージェント
リクルートエージェント
ワークポート
ワークポート
doda
doda
パソナキャリア
パソナキャリア
メリット
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 未経験者への転職支援に強み
  • 積極的な求人提案
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
デメリット
  • 活動ペースを急かすことも
  • 提案の電話・メールが多い
  • 提案の電話・メールが多い
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
物流関連の
求人数
5,400 700 2,900 200
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2023年12月時点のものです。

フィールドエンジニア…保全業務や機械の修理、点検の経験を活かせる

●フィールドエンジニア ・工場で機械の保全業務や修理、点検に携わった経験が活かせる。 ・製造業の工場で勤務してきた人にとって、企業向けの機材や機器は扱いやすい。 ・機械に触れることが好きな人におすすめ。

フィールドエンジニアとは、機器や機材のトラブルが発生した際に現場を訪問し、不具合を解決する仕事です。
定期メンテナンスや納品時の機器の設置、製品の使い方のレクチャーなどを担当する場合もあります。

工場で機械の保全業務や修理、点検に携わった経験があれば、フィールドエンジニアに転職後も活かせる可能性は十分にあるでしょう。

製造業の工場で機械の操作やメンテナンスが苦にならなかった人であれば、フィールドエンジニアの仕事との親和性が高い可能性があります。

フィールドエンジニアへの転職がおすすめの理由

フィールドエンジニアは、サービス職と技術職の中間に位置するといわれることがあります。
お客様と接する機会があるのと同時に、機器に関する技術的な知識・スキルも求められるからです。

製造業の工場で勤務してきた人にとって、企業向けの機材や機器はむしろ扱いやすく感じるでしょう。

特殊な機構や工場でしか見られないような仕組みの機器ではないため、機械に触れることが好きな人であれば短期間で馴染めるはずです。

フィールドエンジニアを目指す際の、おすすめの転職サイト・転職エージェント

 
サービス名ワークポート
ワークポート
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
メリット
  • 未経験からの転職支援に強み
  • 積極的な求人提案
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
デメリット
  • 提案の電話・メールが多い
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
フィールド
エンジニア
の公開求人数
1,700件 6,400 7,700 900
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2023年12月時点のものです。

Webデザイナー・Webプログラマーなど…第二のスキルを培いたい人に

●Webデザイナー・Webプログラマーなど ・未経験から転職しやすい ・転職活動と併せて新たな知識・スキル獲得に向けての学習が求められる。 ・「ものづくり」や「改善アクション」に強い関心を持っていた人におすすめ。

意外なところでは、WebデザイナーやWebプログラマーといったIT系の職種も転職先の候補になります。

製造業の工場勤務とは大きく方向性が異なる印象を受けるかもしれませんが、こうした職種は未経験の状態から転職していく人が少なくありません。

とくに製造業としての「ものづくり」や「改善アクション」に強い関心を持っていた人は、Web系のクリエイティブ職にも興味を持ちやすいでしょう。
これまでの業界経験や知識の範囲にとらわれず、全く異なるスキルを培うことを目指すのも1つの考え方です。

ただし、この場合は転職活動と併せて新たな知識・スキル獲得に向けての学習が求められます。
はじめは覚えることが多く大変な面もあるかもしれませんが、頑張りに応じてキャリアの可能性を広げられるでしょう。

Webデザイナー・Webプログラマー等への転職がおすすめの理由

工場勤務からWebデザイナーやWebプログラマー等に転身するのは、典型的な異業種・異職種への転職です。
とくに20代のうちであれば、未経験の業種・職種に思い切って転職するという選択もありでしょう。

ただし、Web系職種には向き不向きがあるのも事実です。自分がこうした職種に向いているかどうかを把握しておくためにも、まずはWebデザインやプログラミングを実際にやってみましょう。

その手ごたえで、適性の度合いが判断しやすくなるはずです。
面白いと感じ、趣味として続けていきたいと思えるようなら、この分野を職業にしていける可能性があります。

Webデザイナー・Webプログラマー等を目指す際の、おすすめの転職サイト・転職エージェント

 
サービス名 フミダス製造
フミダス製造
ワークポート
ワークポート
マイナビエージェント
マイナビエージェント
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
type転職エージェント
JACリクルートメント
メリット
  • 丁寧かつ充実したキャリア相談
  • 未経験から挑戦できる求人多数
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 全国44拠点。転職決定率も高い
  • 幅広い求人紹介
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 丁寧なサポート・面接通過率が高い
  • 若手向けのIT/Web求人が豊富
デメリット
  • 40代以降の求人は少なめ
  • 求人は質よりも量を重視
  • エンジニア職種によっては求人数は少なめ
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 東京以外の求人は少ない
Webエンジニア・
デザイナー関連の
公開求人数
非公開 3.0万 2.0万 5.0万 9.0万 6,000
対象年代 20代~30代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 東京・神奈川・埼玉・千葉
おすすめの人
  • 新しい職種にキャリアチェンジしたい人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • 書類添削・面接対策をしっかり行いたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 東京首都圏でIT・Web系の仕事を探している人
公式サイト

表内の求人数は2023年12月時点のものです。

まとめ)「製造業から転職したい」の先にあるキャリアプランを十分に考えておこう

製造業の工場勤務から異業種へ転職することは十分に可能です。
現在の職場でできる限りの努力をした結果、やはり環境を変えたほうが得策と感じるようなら、思い切って異業種へ転職するのも1つの考え方でしょう。

ただし、工場勤務から異業種へ転職したものの、再び工場勤務に戻るケースは決して少なくありません。

転職したいという思いだけで行動するのではなく、転職後のキャリアプランを十分に考えた上で決断することが重要です。

今回紹介したポイントを参考に、ぜひ自分にとって最適なキャリアの選択を考えてみてください。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]