『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

頑張りすぎで鬱になって、何も手が付けられなくなって。エンジニアから事務職に|転職体験談

転職前

BEFORE
職業
システムエンジニア
職種
IT
従業員規模
50人
年収
350万円

転職後

AFTER
職業
卸売業者
職種
事務職
従業員規模
30人
年収
300万円

目次

月子さんの転職ストーリー

1これまでの私

気力はあるけれど、体力が追いつかない。

イメージ図:気力はあるけれど、体力が追いつかない。

大学進学を機に上京し、都内で新卒入社、システムエンジニアとして働き始めました。

昔から体調を崩すことが多く、病弱な人間でしたので、たとえば外に出回るような営業職など、体力勝負的な仕事は避け、この仕事を選びました。

しかし私のいた会社は勤務が不規則で、急な対応で深夜までの残業になることも少なくありませんでした。
そうした日が続くと、気力はあるのですが、体力の方は追いつかない……といった感じで。

ちょうどその頃、実家の両親が相次いで倒れたこともあり、
とにかく一人で生活できるようになって、安心させてあげないと!」という焦りもありました。

体調が悪くても無理を押して出社して、業後はほとんど抜け殻のようになっている──、そんな毎日でした。

2転職のきっかけ

きちんと考えることが、できない。

イメージ図:きちんと考えることが、できない。

性格的には、とてもストイックな人間だと思っています。
その性格も相まって、より仕事にのめり込むようになっていきました。

急なトラブル対応では、率先して居残るようにしていました。

(お客様も夜遅くに仕事をしていて困っているのだし、助けてあげないと)

そんな想いがありました。
それに、人に頼られることは私の自信にもなっていました。

しかし、それが体調をさらに悪化させる一番の要因だったのでしょう。

ある時、いつものように夜勤対応に追われて終電で帰るという生活が続き、家に歩いて帰るのもつらく、夜の公園で座り込んでしまったことがありました。

立ち上がろうとしましたが、無理でした。
そのたびに地面が揺れるくらいの眩暈がして、また座り込んで。

そこで1時間以上じっとして、ようやく眩暈が収まりました。

色々な思いが、頭の中をぐるぐると巡って、しかし具体的な解決策はなにも出てこない。きちんと考えられなくなっていたんです。

病院に行くと、初期のうつ病と診断されました。

それから3ヶ月ほどは頑張って仕事に行っていたのですが、それ以来私のパフォーマンスはがくんと落ちました。 頭が働かないのですから、当然でしょう。ほとんど何も手につかないような時が続いてしまうこともありました。

両親に心配をかけたくないという思いはありましたが、自分も倒れてしまっては元も子もないと思い、とうとう私は仕事を辞めました。

3転職活動中

困った時には、誰かに頼ることの大切さ。

イメージ図:困った時には、誰かに頼ることの大切さ。

仕事を辞めたのはいいけれど、結局はまた働かなければなりません。

転職エージェントを通じて転職活動を始めようとも思いましたが、体力的・精神的にも自分のペースで進めた方がよいという結論に至りました。

そのため、週に何度かハローワークに通い、いくつか面接を受けることにしました。

前職の経験を活かして、エンジニア関連の仕事の面接を受けましたが、結果は全滅でした。
エンジニアの仕事がきっかけで病気になったわけですから、それは当たり前のことだとも思います。

面接官

「まだ働かない方がいいんじゃない?」

面接官の方は口をそろえてそう言いました。

たまに「どんな症状が出るの?死にたいって思ったりする?」など、不躾な質問をしてくる面接官の方もいたりして、現代においてもまだまだ精神疾患の理解は進んでいないのだと悲しくもなりました。

そのような状況に加え、受ける企業受ける企業どこでも不採用とされてしまうと、自分は本当に無価値な人間だと思えてきました。

私は泣く泣く、最終手段に講じました。もう限界だったんです。
あれほど心配をかけまいとしていた父に連絡し、今の状況を話しました。

父は地元で卸売市場の仕事をしており「口利きができないか掛け合ってみる」と言ってくれました。

努めて明るく振る舞っていましたが、父の優しい声を聞くたびに涙がこみ上げてきました。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:新しい職場で、待ち受けていた状況は。

現在は父の知り合いの卸売業者で、事務の仕事をしています。
今回もデスクワーク中心になるものの、パソコンの利用はほとんどなく、文字を書いたり、たまにパソコンで文書を作る程度です。

なにより、地域の方とのふれあいがとても増えました。

地元の方がとれたての野菜を出荷しに来て、そのついでに話して帰っていく。
野菜や花などを運搬する方が窓口に来て、飲み物やお菓子を置いて、話して帰っていく。

そんな方々との触れ合いを通して、疲れ切っていた心が、徐々に回復していった気がします。

職場の方は私の病状にも深い理解を示してくれ、とても好意的に接してくれています。
給料は減ったものの、精神的にも体調的にも安定した日々が続いています。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

私は自分のことをストイックで真面目な性格と思っており、それは良いことだとも思っていました。

ですが、そうとも言い切れないのでしょう。
今回はその性格が災いして精神的に参ってしまったのですから。

「誰にも迷惑をかけたくない」という気持ちは、裏を返せば「誰にも頼らずに生きれる人間でありたい」というプライドでもあったのかな、と思います。

転職によって、新たに芽生えた気持ちもありました。

これまでは「都会で暮らしたい」とずっと思っていましたが、地元のことが大好きになりました。
地域の方々のやさしさと触れ合うことは、都会のデスクワークでは絶対にできません。

体調が悪いときは「休んでいいよ、無理しないで」と言ってくださり、「たまには休んでもいいんだ」と、これまでよりも物事を前向きに捉えられるようになりました。
人々とのふれあいから、「人間として豊かになった」と感じています。

◇ ◇ ◇

仕事を通じて、地元の農業や水産業に課題がたくさんあることを知りました。

後継ぎがいない、少子高齢化、東日本大震災の影響など、多岐にわたります。
そのことを目にしてきたからこそ、今後どういった働きかけができるのか考えるようになりました。

自分も、今後農業を体験したり、地元への恩返しをしていきたいと考えています。

先輩や現場の方々のネットワークの広さには驚きを隠せません。
今後は私も、様々なネットワークを広げ、今ある問題や課題を知り、解決していくお手伝いをさせていただきたいと思っています。

今、目の前で起きている問題に対し、自分のできることを精いっぱいやりたい、そう考えています。

参考:女性の転職で「親身なサポート」を希望する人におすすめの転職エージェント[PR]

マイナビエージェント

マイナビエージェント
公開求人数 約5.4万件(2024年2月時点)
対応職種・業種 全職種・業種
特徴
  • 20代・30代、女性の転職支援に強い
  • 大手人材会社マイナビグループ
  • 書類添削・面接対策のサポートに強い
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

20代~30代の若手社会人と、女性への転職支援に強い転職エージェントです。
とくに書類添削・面接対策のサポートに強みがあり、はじめての転職になる人にも丁寧かつ親身に支援します。

女性キャリアアドバイザーも多く在籍しており、女性ならではのキャリアや転職の悩みも受けとめたうえで、適切な支援・アドバイスをしてくれるでしょう。

応募者の転職への意気込みに合わせて、サポートが充実する傾向があります。登録前にいちど「キャリアの棚卸し」「転職理由の整理」を行い、エントリーの際にしっかり想いを伝えられるようにすることをおすすめします。

利用者のペースに合わせて転職活動をサポート

マイナビのプロモーションを含みます

人気の転職体験談TOP10
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]