『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

介護レクリエーションとは?介護レクの実施法と「レクリエーション介護士」の資格を紹介

[最終更新日]2024/03/11

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
介護レクリエーションとは?介護レクのやり方と「レクリエーション介護士」の資格

「仕事で介護レクリエーションが必要だから、やり方を知りたい!」
「レクリエーション介護士という資格に興味がある!」

本記事ではそんな悩みや願望を持つ方に向けて、実際にレクリエーション介護士2級を所持する筆者が介護レクについて解説します。

目次

1)介護レクリエーションとは?

介護レクリエーションとは…デイサービスやグループホームといった介護施設等で利用者のQOLを高めるために行うレクリエーション。●身体を動かしたり、脳を刺激するようなレクリエーションを実施したりすることで、楽しみながら「要介護度の改善」「自立支援」をおこなうことが狙い。

介護レクリエーションとは、デイサービスやグループホームといった介護施設等で、ただの遊びとしてではなく、「利用者の生活の質を高める(=QOLを高める)」ために行うレクリエーションです。

身体を動かしたり、脳を刺激するようなレクリエーションを実施したりすることで、楽しみながら「要介護度の改善」「自立支援」をおこなうことが狙いです。

そのため、現在は多くの事業所で介護レクリエーションが実施しており、民間資格としても勉強できるようになるなど、需要の高まりが見られています。

介護レクリエーションの効果・メリットは?

介護レクリエーションのメリット ■脳機能・身体機能が活性される ■コミュニケーションが促進される ■生活の質を高め、自立支援にもつながる

介護レクリエーションに効果が期待されていることは多数あります。とくに注目される主なメリットは、以下の3点です。

効果・メリット1 脳機能・身体機能を活性化する

介護レクリエーションでは「クイズ」「計算」「折り紙」など、自然に頭と手先を動かせるようなものが多いです。これら行為により、脳神経や身体を活発に動かし、結果として認知症の予防やADL(=歩く,立つなどの日常生活動作)の向上に役立てることができます。

脳も身体も、高齢になれば動かすのが大変になるのは自然なことです。ですが、動かさなければ益々機能は衰えていき、認知症の進行を早めてしまうこともあるのです。

そうした悪循環を阻止するうえで、楽しみながら脳と身体を活性化できる介護レクリエーションは有効です。

メリット2 コミュニケーションを促進する

高齢になると、疲労や身体の衰えから外出機会が減ります。

すると人とコミュニケーションを取る機会が減り、孤独によるうつ病発祥のリスクが増えます。
また、引きこもりや孤独死のリスクも大幅に増えるため、普段からコミュニケーションを取ることは非常に重要です。

さらに、コミュニケーションを取らないと脳機能が活性化せず、結果として認知症になるリスクが高まるといわれています。
こうした面からも、介護レクリエーションで他者とコミュニケーションを取る機会を持つことは大切です。

メリット3 生活の質を高め、自立支援にもつながる

介護レクリエーションで脳・身体機能を活性化し、他者とコミュニケーションを取る機会が増えることで、その人の生活自体も豊かになります。

介護レクリエーションによって心が充足し、身体機能が改善されることで、介護者がいなくても生活(=自立支援)できるようになるメリットもあります。

適切な介護レクリエーションを実施していくことは、「介護人材の不足」「高齢ドライバーの事故」など様々な課題の解決にもつながると考えられています。

2)介護レクリエーションの具体的な実施法

ここからは「介護レクリエーションの具体的なやり方・方法」について解説していきます。

介護レクリエーションには大きく分けて2種類あります。
1つが集団レクリエーション、もう1つが個別レクリエーションです。

「集団レクリエーション」は、その名の通り大人数で行うレクのこと(大人数での体操やカルタなど)。
「個別レクリエーション」は一人一人の個性に合わせて行うレクリエーションのこと(塗り絵や折り紙など)です。

集団レクリエーションの実践法と注意点

「集団レクリエーション」では、集団で行うことによって得られるメリットを最大限生かせるような工夫をする必要があります。ここでいうメリットとは、以下が挙げられます。

  • コミュニケーションによる脳の活発化
  • 仲間意識、孤独感の払拭
  • 責任感や集中力の強化

集団行動によってコミュニケーションが促進されるという点がポイントです。

集団レクリエーションの実施方法

  • ①利用者の特徴理解&目的を明確化(情報収集)
  • ②情報収集を元にプランニング
  • ③レクリエーション実施
  • ④評価&反省

特に重要なのが、①の目的の明確化と②のプランニングです。

利用者は一人一人性格や身体機能の状態が違います。なかには一人が好きな方もいますし、手足を動かせない方もいます。

そした情報を事前に把握し、集団でおこなう際に臨機応変な対応ができるようプランニングすることが、スムーズな実践へと繋がります。

また、集団レクリエーションの「目的」も利用者一人一人で変わってきます。

引きこもりがちの方には、少しでもコミュニケーションをとるという目標が必要ですし、身体が弱ってきている方は、少しでも身体を動かせるよう目標設定をする必要があります。
目標設定を誤ることで、「利用者の尊厳を傷つけてしまった」というケースもあるので、注意が必要です。

個別レクリエーションの実践法と注意点

「個別レクリエーション」のメリットは、とにかく“個人”に合わせたレクを展開できるということ。塗り絵や折り紙など、自分のペース・自分のレベルに合ったものを選択し、実施できるのが魅力です。

個別レクリエーションの実施方法

  • ①利用者のアセスメントシートなどから情報収集
  • ②情報収集を元にプランニング
  • ③レクリエーション実施
  • ④評価&反省

集団レクリエーションとほぼ同じですが、情報収集をより「個人」に焦点を当てて行えるため、その人に合ったレクリエーションは何か?という部分を深堀りできます。

注意点は、「自立につながるレクリエーション」を常に考えなくてはならないことです。利用者のできることは何か?という視点で企画し、無理なく脳・身体機能が改善されていくようなレクリエーションを提供するのです。

難しくしすぎてしまうと、利用者の方の自信や尊厳を傷付けかねません。一方で、簡単にしすぎると自立には繋がらないでしょう。

そのため、個別だからこそできる丁寧な情報収集を元に、バランスの取れたレクリエーションを実施することが大切です。

3)「レクリエーション介護士」の資格について

介護の民間資格のひとつとして、ここ数年で注目されているのがレクリエーション介護士です。

レクリエーション介護士とは、介護レクリエーションのニーズの高まりとともに生まれた資格です。

レクリエーションの企画や組み立て方法、認知症の方とのコミュニケーションで留意すべき点などを勉強でき、介護初心者にとっても入りやすく、また学びの大きい資格です。

レクリエーション介護士の資格取得方法

「レクリエーション介護士」の取得方法は以下の通りです。

  • インターネットから「レクリエーション介護士」で検索
  • 資料請求
  • 申し込み(資料同封の申込用紙,もしくはHPから直接)
  • 受講セットが届くので、勉強を始める
  • 資格試験を受ける
  • 添削課題、最終試験を受ける
  • 合格証授与

※スクールに通学する場合は、2日間ほど指定の教室で受講し、添削課題や最終試験もその教室で行います。

レクリエーション介護士の資格取得はすべて在宅でおこなえます。日中忙しくしている主婦の方や会社員の方であっても大きな負担なく取得が可能です。

また、課題・試験の難易度はそれほど高くありません。いちど不通過となっても何度でも再チャレンジできます。

4)介護レクはどうやったらスキルアップできる?

介護レクのスキルアップ方法 ■情報と企画内容は必ず「紙・データにまとめる」 ■実施後に「振り返り」をおこなう ■レクリエーション介護士1級を取得する

介護士が介護レクリエーションの質を高めていくことは「要介護度の改善」「生活の質を高める」点でとても重要です。

そこで、ここからは筆者の体験に基づく「介護レクリエーションのスキルアップ方法」を解説ます。

方法を知っていれば、どの施設でも介護レクの際に重宝されるでしょう。
キャリアアップという意味でも、介護レクリエーション技術の向上方法は学ぶ価値があります。

#1 情報と企画内奥は必ず「紙・データにまとめる」

介護職は日常の介助に追われていますので、介護レクをいざ始めようとしても、綿密なプランニングができないことも少なくありません。

そのため、まずは一度しっかりと「情報収集」→「企画書の作成」という手順を踏むことが大切です。

利用者の情報を元に考え、それを企画書として紙に書きだすという作業をすることで、プランがまとまりやすくなります。

そんな企画書に書く内容は以下の通りです。

  • 利用者の情報(アセスメントシートを元に作成)
  • レクリエーション目的
  • 企画内容(レクの概要・流れ・準備するもの・必要人員など)

他にも必要な項目があれば付け加えても構いません。
大切なことは、頭の中の考えやアイデアを言語化・可視化することです。
これにより、上司や同僚からも意見を聞きやすく、また協力も得やすくなります。

#2 実施後に「振り返り」をおこなう

実際に介護レクリエーションをしたら、それで終わりではなく、その反省を元に次のレクリエーション向上を図ることが大切です

介護レクリエーションが終了したら、職員で集まって「問題となる箇所はなかったか?」「よりスムーズに実施するために出来ることはあるか?」「さらに要介護度の改善ができるレクのアイディアはあるか?」などを話し合います…。

こうして改善しながら介護レクリエーションの経験を積み重ねることで、あなたただけではなく職場全体で介護レクのスキルアップが実現できます。

#3 レクリエーション介護士1級を取得する

レクリエーション介護士1級の取得を目指すことで、日本でもトップクラスの介護レクを勉強できます。

レクリエーション介護士2級は、未経験からでも学べるような基礎の内容が中心です。
一方、レクリエーション介護士1級では企画・運営など、より実践的な知識が求められます。

4日間の通学講座が必須であるなど、プロから本格的な介護レクリエーションを学ぶ機会もあります。

5)介護レクを実践できる職場探しに。おすすめの介護職向け転職エージェント

レバウェル介護

レバウェル介護。あなたらしく輝ける介護を。

介護系転職サービスでトップクラスの求人数。担当エージェントのサポート品質においても高評価の高いサービスです。

レバウェル介護は介護・福祉に特化した転職サービスの中ではとくに求人数が多く、「なるべく多くの介護求人を比較検討したい」人におすすめです。

求人紹介やサポートを介護・福祉業界に詳しいエージェントが担当してくれるため、様々な希望条件を適えながら適切な求人紹介をしてもらえるでしょう。

なお、レバウェル介護では派遣社員として登録をする方向けに介護未経験・無資格の転職者のサポートも行っています。
転職を機に介護職の仕事デビューをしたい人も、レバウェル介護はおすすめです。

サービスを利用した人の評判・口コミからは、「担当エージェントのサポート」に対する高評価が多数見受けられます。

レバウェル介護の特徴

特徴
  • 介護業界の求人数は国内トップクラス
  • 業界に詳しいエージェントが丁寧にサポート
  • 未経験・無資格OKの求人も多数
サービス対応地域 全国
公開求人数 約19万件(2024年3月現在)
ワンポイントアドバイス

レバウェル介護は正社員向け転職と派遣社員転職とで窓口が分かれています。派遣社員として働くことを予定している方はこちらよりご登録ください。

かいご畑

介護の求人・転職・募集ならかいご畑

「介護職の仕事は未経験/経験が浅い…」という人におすすめのエージェントです。資格取得サポートなど、実務経験を積むための様々な支援を受けられます。

かいご畑は介護・福祉系の転職支援に特化した、転職エージェントです。

同サービスの大きな特徴は、「無資格/未経験からの転職支援に強い」、「働きながら資格取得できる仕組みがある」の2点。

サポートにあたっては転職者一人一人に専任のコーディネーターが就き、現在の経験と希望条件をヒアリングしたうえで、キャリアへのアドバイスと求人紹介を行ってくれます。

働きながら資格取得を目指せる「キャリアアップ応援制度」では、介護職の中級・上級資格である「実務者研修」「介護福祉士」への対策講座を無料で学べます。

「まずは業務に慣れてから、徐々にキャリアアップを目指したい」人に、かいご畑はとくにおすすめです。

かいご畑の特徴

特徴
  • 無資格/未経験でも求人紹介が可能
  • 働きながら無料で資格取得が目指せる「キャリアアップ応援制度」
  • コーディネーターはいずれも介護資格を取得している業界のプロフェッショナル
サービス対応地域 北海道、東京、埼玉、千葉、栃木、群馬、静岡、愛知、大阪、京都、神戸、広島、福岡
公開求人数 約9,000件(2024年3月現在)
ワンポイントアドバイス

「まずは業務に慣れてから、徐々にキャリアアップを目指したい」人は、かいご畑の「キャリアアップ応援制度」の活用がおすすめです。

無資格・未経験でもOK

マイナビ介護職

一人ひとりに寄り添える転職を。マイナビ介護職。

「福利厚生が充実」「教育制度が整っている」などのホワイト企業の求人が多いと評判のサービス。担当のサポートも手厚いです。

マイナビ介護職は、介護転職者からの認知度No.1(※GMPリサーチ株式会社調べ 2021年7月)を獲得した、介護職専門の転職エージェントです。

大手介護施設・事業所や待遇のよい求人が多いのが特徴です。

サービスを利用した人の評判・口コミからは、「担当エージェントのサポート」に対する高評価が声が多く見られます。

介護業界に詳しい担当エージェントがマンツーマンで、希望条件をヒアリングしたうえで、マッチする求人を紹介してくれます。

書類添削や面接対策といったサポートにも力を入れており、志望動機や自己PRの作成にも役立つでしょう。

マイナビ介護職の特徴

特徴
  • 介護・福祉業界に詳しいエージェントが親身にサポートしてくれる
  • 離職率や職場環境などの、詳細の施設情報を知れる
  • 大手企業や待遇のよい求人が多い
サービス対応地域 全国
公開求人数 約7.2万件(2024年3月現在)
ワンポイントアドバイス

マイナビ介護職の活用メリットの一つに「離職率や職場環境などの、詳細の施設情報を知れる」ことがあります。企業研究の際は担当からの情報を有効活用しましょう。

転職相談会も実施中

ジョブメドレー介護

ジョブメドレー。ぴったりの仕事、見つかる

介護職向けの求人数は国内No1!バリバリ正社員で働きたい人から未経験・復職向けまで幅広い案件を確認できます。

ジョブメドレー介護は、介護職専門の転職エージェントです。

同サービスのメリットは何といっても求人数の豊富さにあります。
介護職関連の求人約23万件(2024年3月現在)という数字は、国内の介護特化の転職サービスの中でもトップクラスです。

また、介護・福祉業界のおよそ18種類の職種から求人を絞り込むこともできるほか、「サービス形態」「給与・待遇・福利厚生」「こだわり条件」などから細かい検索が可能です。

なるべく幅広く求人を比較したい人に、ジョブメドレーは適しているでしょう。

サービスを利用した人たちからは、「求人の幅広さ」「スカウトメールが届く」ことへの高評価のコメントが多く見られます。

ジョブメドレー介護の特徴

特徴
  • 介護・福祉分野の幅広い求人が検索できる
  • スカウトメールで気になる求人に出会える
  • 入職後60日以上勤務すると「勤続支援金」がもらえる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約25万件(2024年3月現在)
ワンポイントアドバイス

ジョブメドレー介護のサービスは求人サイトがメイン。担当者からのサポートはありませんので、不安な方はレバウェル介護マイナビ介護職といった介護職向けエージェントを併用しておきましょう。

スカウトからの内定率1.7倍

まとめ)介護レクリエーションは、利用者だけでなくあなたのためにもなる

ここまでの内容をまとめます。

  • 介護レクリエーションは超高齢化社会の現代で非常にニーズがある
  • 介護レクリエーションには「集団」「個別」の2種類がある
  • 「レクリエーション介護士」の資格はキャリアアップにも役立つ

介護レクの正しいやり方を知っていれば、利用者のためになるのはもちろん、あなた自身のキャリアと働く上での充実度にもプラスに働きかけてくれるはずです。
興味のある方は、「レクリエーション介護士」の取得もぜひ検討してみてください。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]