『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

47歳 転職の現実は厳しい?体験談から見る転職成功のポイントと注意点

[最終更新日]2024/02/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
47歳の転職 成功談・失敗談 ポイントと注意点

「47歳からの転職は厳しそう…」と悩んでいませんか。

40代後半に入り、そろそろ50代が見えてくる47歳という年代——。この時期に転職を検討する人は、昔と比べて増えてきているとはいえ、年齢の壁を意識せざるを得ない面もあることは否めません。

ですが、40代後半からの転職を成功している人も少なくありません。大切なことは、「47歳ならではの転職活動」のやり方を知っておくことです。

目次

参考:47歳の転職におすすめの転職エージェント

 
サービス名 JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda
doda
メリット
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
デメリット
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 提案の電話・メールが多い
公開求人数 1.2万 36万 3.4万 19万 24万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2024年2月時点のものです。

1)47歳の転職は、「活動期間にゆとりを持つ」・「企業研究を入念に行う」ことが大事

ミドル〜シニア層の転職は、近年増加傾向にあります。企業の中には、前職で培った経験や人脈を活かして、若手にはできない活躍をしてもらいたいと期待を寄せるケースもあります。

しかし、47歳の転職活動で「厳しい現実」に直面することもあります。
依然として「できるだけ若い人材」を求める企業は多く、年齢がネックとなって書類選考に通りにくかったり、面接で不採用となってしまったりすることも少なくありません。

また、一般的に、転職活動期間は年収の高まりと併せて長めになる傾向があります。
とくに、「なるべくこれまでの年収額はキープしたい」と考えている47歳の人は、予想以上に転職活動期間が長期化することも想定して、活動期間にゆとりを持っておくことが大切です。

また、転職に成功し、次の職場に移ってからもキャリアは続いていきます。
もしミスマッチが生じて次の職場を辞めなくてはならなくなったとしたら、次に転職するときには今以上に年齢を重ねていることになります。

「また次の転職を」と考えづらくなることも多いため、ミスマッチが起こらないよう入念な企業研究をしたうえで応募先を見定めることも重要です。

47歳の転職体験談① 約1年かけて、ようやく獲れた内定。 トンチャンさん 兵庫県

不採用通知の山。自分はどこにも必要とされていないんじゃないか?

転職活動を始めた時点で45歳という年齢もあり、なかなか決まらないとは覚悟していました。
ですが、まさか自分の年齢と同じくらいの数の会社に応募しなければ決まらないなどとは、全くもって想像すらしていませんでした。

ハローワークの求人情報が転職活動の中心でしたが、一応他の転職サイトにも数多く登録はしておきました。
ただ、どうもそちらの方は自分にとって非現実的な求人ばかりで、最終的には見るのを止めてしまいました。

家のPCで求人情報を見て、これはと言うものがあれば出向いて紹介を受けると言う感じでしたが、探している業種では書類選考からのところが多く、その書類選考すら突破できない日々が長く続きました。

そんな不採用通知が届き続ける日々が続くと、そのうちに(自分は、世の中から必要とされていない人間なのでは…)と考える様にもなり、事務所をたたんだ後の休養でほぼ完治したうつ病がまた再発しないかと心配になる程でした。

ですが、本当にそのギリギリのところで、私は1社から内定を受け取ることが出来たのです。

その会社は、工事用の看板製作を主事業とするデザイン会社でした。

引用元:転職体験談:「私の転職体験談:ようやく転職が決まったデザイン会社。──入社5日目でクビに。

転職活動が長期化した場合でも「焦り」に押しつぶされないように注意

思いもよらず前職で会社経営を引き継ぐことになってしまい、慣れない社長業を経験したことで軽いうつ病を患ってしまったトンちゃんさん。

「自分の年齢と同じくらいの数の会社に応募」したとのことですから、相当な苦労を味わい、多大なストレスにさらされていたことと推察できます。

体験談の中にあるように、転職活動が長期化し、数々の企業から不採用通知が届くようになると、精神的に追い詰められそうになることがあります。

そのようなとき、内定欲しさから希望していない職種に応募してしまったり、内定をもらえた会社の就業条件をよく確認しないまま入社を承諾してしまったりすると、入社後にミスマッチに苦しむ事態にもなりかねません

年齢的な面でも、転職後に「また次」と気軽に踏み切れないことを考慮に入れ、企業研究は入念に行っておくことが大切です。

2)47歳の転職は、「キャリア(できること)の拡がり」「必要なチャレンジ」も意識して

キャリアを積み上げるうえで最も大切なことは、「経験」です。
経験で身につけた知識・スキルはかけがえのない資産であり、企業がミドル・シニアの中途社員を採用する理由はまさにそこにあります。

一方で、仕事において「絶対的」な能力というものは存在しません。
現代は変化の激しい時代になっていますので、一度身につけた能力が古くなってしまうことは決してめずらしくないからです。

一度身につけた知識やスキルにこだわりすぎてしまうと、新しいチャレンジをしていく決意が阻まれてしまうこともあるでしょう。

苦労して培ってきたこと、一度は「この道で生きていく」と決めたことだったとしても、そこに固執するあまり今後のキャリアを考えられなくなってしまうようでは本末転倒です。

現役時代は昔と比べて長くなっています。47歳はまだまだ社会人人生を折り返したところです。

47歳の転職は、「守り」に入り過ぎてしまうのではなく、これからのキャリアの拡がりや必要なチャレンジについても意識しておく必要があるのです。

47歳の転職体験談② コンビニ経営から、運送業に転職。 由美子さん 東京都

これからどうすればいいか、まったくわかりませんでしたが、この辛い時を乗り越えたのだからなんだってやれると、そう思いました。

夫と2人で始めたコンビニ経営でしたが、激務への過労から夫は体調を崩し、他界しました。

店を譲るか、畳むかについてずいぶん悩みました。ですが、辞めるとなると違約金が発生します。

それに、2人の子どももまだ育ち盛りだったため、(とにかく、自分が働いて稼がなければ)という思いで、「続けていこう」と決めました。

しかし、苦しい日々は依然続きます。

競合店は更にその数を増やし、働いても働いても売り上げは激減。本当に、辛い毎日でした。

そのうち、私も過労で倒れてしまったのです。

幸いに、長年、一緒に働いてくれた信頼できる人がいて、お店を守ってくれたので、なんとか苦境は切り抜けられましたが、さすがにもう気持ちも折れてしまって。
こんな生活をずっと一人で続けていく自信は、もうありませんでした。

また、子どもたちもそれぞれの目標があって、私と共にコンビニで働く意思はなさそうでした。

そこで私は、とうとうコンビニ経営を辞める決断をしました。

幸いなことに、店を引き継ぎたい方が現れ、違約金も発生せず、予想よりも大分低いコストで辞めることができました。

辞めたその日は、感無量でした。
──嬉しいとか、悲しいとか、そういうのではなく、ただただ「終わったんだ」という気持ちが大きなさざ波のように絶え間なく顕れて。

次にどんな仕事をするかはまだ未定のままでしたが、(この辛い日々を乗り切れたのであれば、他のどんな仕事でもやっていける)と、そんな気持ちにもなりました。

引用元:私の転職体験談:コンビニ経営をチャレンジ!そしてその後、宅配便ドライバーに転職して。

「どんな仕事でもやっていける」という吹っ切れた思いが成功につながる

コンビニ経営から運送会社でのドライバーへと、全くの異業種へ転職することを決意した由美子さん。

ご主人を亡くされ、一人で必死に切り盛りしてきたコンビニの店舗を人に譲ったとき、「どんな仕事でもやっていける」という気持ちになったと仰っています。

この心境は、47歳というタイミングでの転職において重要な意味を持っています。

キャリアが長くなると、ついつい「今までの経験の範囲内でできる仕事がいい」「今さら新しい仕事など覚えられない」と考えがちですが、たとえ同業種であっても勤務先が変われば新しく覚えなくはならないことだらけです。過去の遺産だけでは生きていけない——。これが現実なのです。

積み重ねてきた経験や能力は、決してなくなることはありません。だからこそ、そこにこだわり続けるのではなく、もう一度ゼロからスタートする気持ちで臨むことも大切です。

3)47歳の転職では、これまでの会社・新しい会社両方の「人間関係」を大切に

転職に際して、前職を円満退職しておいたほうがいいとよく言われます。47歳というタイミングでの転職では、いっそうこの点に注意を払っておいたほうがいいでしょう。

47歳の人材を採用するにあたって、採用する側の企業にはいろいろな期待があるはずです。そのうちの1つに「人脈」が挙げられます。

大卒の新卒から働いている人であれば、実に25年もの月日を社会人として過ごしてきたわけですから、いろいろなところで恩義を感じている人がいたり、お世話になったと感じている人がいたりしても不思議ではありません。

そういった人のつながりが、思わぬところで次の仕事に活かされていくことは十分に考えられるのです。

人間関係を大切にする点では、新天地においても同様です。前職ではどんな立場だったのか、どんな知人がいたのか、といったことは一旦横に置いておき、新たな人間関係を地道に構築していくことに集中しましょう。

ベテランに相当する年齢の人が転職してくるとなれば、元からその職場で働いていた人は少なからず警戒し、様子を見ようとします。
周囲の方々の名前を覚えたり、話しやすい関係性を築いたりといった努力を積み重ねていくことが大切です。

47歳の転職体験談③ 前職の社長からは「裏切者!」と罵られましたが…。 ヤマさん 東京都

人は石垣 人は城。

何かの昔の歌に「人は石垣 人は城」という歌詞がありますよね。
今回の転職を通して、何かをする時に力になるのは「人」の力だと思いました。

それまでは、努力をしていけば必ず報われると信じてやってきましたが、努力と共に、人を大事にしていくことが必要だと。

「人に恩を売っておけ」──先代の社長から、良く言われた言葉です。

若いころは、(仕事は人間関係よりも、技術を磨くことが大事な仕事だろう)と思ってきましたが、先代の社長からそのように言われ、その言葉を信じて、面倒な仕事でも嫌な顔をせずやってきました。

転職先がなかなか決まらない時に、仕事の知り合いが助けてくれたのは、その結果ではないかと思っています。

引用元:私の転職体験談:歯科技工士として、40代の時に初めての転職!

いざというとき助けてくれるのは、長い年月をかけて培った関係性

前職の若社長に裏切り者呼ばわりされながらも、競合他社からの誘いで転職を決意したヤマさん。先代の社長に言われた「人に恩を売っておけ」という言葉を胸に刻み、信じてきたのでした。

同業の仲間は、ある意味でその人自身の信頼度を知るバロメーターになるのかもしれません。

競合他社であるにも関わらず同業に親しい知人がいること、本当に困っているときは助けてくれること——。これらは、表面的な付き合いをしていたのではまずあり得ないことです。

ただし、人間関係における信頼は一気に高まるものではありません。

ヤマさんが先代の社長の言葉を信じて面倒な仕事でも快く引き受けてきたことで、年月をかけて少しずつ信頼が積み上がっていったのでしょう。まさに「情けは人のためならず」です。

47歳の転職体験談④ コールセンターの派遣社員から、個人事業主に! happy1222さん 広島県

人とのつながりが大切だと、改めて気づかされました。

長年勤めていたコールセンターが閉鎖となり、その際に上司から「在宅(個人事業主)として、この仕事を続けてみないか」と誘われ、私は個人事業主になる決意を持ちました。

ですが、決めたからといってすぐに仕事があるわけではありません。
個人事業主でやっていくためには、そのための試験をパスする必要がありました。

試験は一次から三次までありました。
要領の悪い私に果たしてできるのかと不安になりましたが、今回ばかりは攻めの姿勢でいくことにしました。

前職の上司の助けも借りました。
知人に在宅で勤務している方がいるらしく、その方にどうやって試験をクリアすればいいのかを聞いて、情報を集めてくれたりしました。

人とのつながりが大切だと、改めて認識しました。

そして様々な人の支えもあり、私は無事に個人事業主として自宅で働くことができるようになったのです。

引用元:私の転職体験談:要領の悪さをカバーするための作業が、未来のための糧になって。

あなたにとっての「協力者」はだれか、改めて考える。

47歳という時期は、さまざまな事情からライフステージの変化に直面し、働き方を見直す必要に迫られる人も少なくないはずです。

自分自身の希望によるものだけでなく、家族の介護など自分以外の事情で20代、30代の頃とは同じ働き方を続けられなくなることも考えられます。

働き方を変えるのは勇気が要ることですし、周囲の理解やサポートが必要になることもあります。

そういったとき、快く理解を示してもらえるかどうか、温かく見守ってもらえるかどうかは、周囲との人間関係による部分が大きいと言わざるを得ません。

上の体験談では前職の上司の方が、おそらく自身の損得を抜きにして、純粋に「サポートしたい」思いから協力してくれたのでしょう。こうした協力者の存在は、転職の際にとても大きな助けになることが多いです。

4)47歳の転職活動におすすめの転職エージェント

 
サービス名 JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
doda
doda
メリット
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
デメリット
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 提案の電話・メールが多い
公開求人数 1.2万 36万 3.4万 19万 24万
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
公式サイト

表内の求人数は2024年2月時点のものです。

体験談の中にもあったように、47歳での転職は思いのほか期間を要する場合があります。
その際もキャリアの方向性がブレることのようないように希望条件や理想とする働き方をしっかりと持って、活動を進めていきましょう。

また、複数の転職エージェントに登録して、自分に合ったパートナーを見つけておくことも大切です。
以下に47歳の転職におすすめの転職エージェントを紹介しますので、いちど面談を受けてみて、「この人だったら信頼できる」と思えるキャリアアドバイザーを見つけてみてください。

JACリクルートメント

JACリクルートメント 公式サイト

ミドルクラス・ハイクラスの転職 満足度で5年連続No.1!キャリア相談の手厚さに定評があり、キャリアアップ転職におすすめです。

「より好条件で、やりがいのあるポジションについて働きたい」という47歳の人は、JACリクルートメントを活用するといいでしょう。

JACリクルートメントはイギリス発祥の外資系転職エージェントで、とくにミドル〜ベテラン層の転職に強いです。

若手にはない人生経験や業務知識を持つ人材を探している企業がよく利用する転職エージェントでもあるため、活かしたいスキルや今後さらに磨きをかけていきたい能力がある人におすすめです。

外資系企業への人材紹介においても豊富な実績がありますので、これまで身につけてきた語学力や外資系企業での実績を活かしたい人にも適しています。

JACリクルートメントの特徴

特徴
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • じっくりと転職者のペースに合わせたサポート。好条件求人も多い
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1.2万件(2024年2月現在)
とくに多い職種 サービス|商社|流通|消費財|マスコミ|建設・不動産|金融|IT・通信|WEB|EMC|コンサルティング・シンクタンク・事務所|メディカル・バイオ|医療・介護・福祉など
ワンポイントアドバイス

サポートの充実がウリのJACリクルートメントですが、求人数は少なめです。登録の際は希望条件をやや広めに&他の転職サービスにも登録しておくのがおすすめです。

43万人の転職支援実績あり

リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト

全業種・職種において、国内トップクラスの求人数!40代・50代への転職支援実績も豊富です。

47歳の転職活動においては、ある程度「数をこなす」必要になることもあるでしょう。
求人に年齢制限を設けることは禁じられているとはいえ、既存の社員との年齢バランスを考慮して人材を採用することは現実的に十分あり得ます。

そのため、40代後半の人材の場合、書類選考の段階で20代、30代よりも不利になってしまうケースもあります。

リクルートエージェントは国内でも最大級の規模を誇る転職エージェントで、40代・50代の転職支援実績も豊富です。

できるだけ多くの求人を紹介してもらいたいと考えている人や、複数の企業を慎重に比較検討して応募先を決めたいと考えている人にとって、選択の幅を広げる意味でも登録しておくメリットが多い転職エージェントです。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約37万件(2024年2月現在)
とくに多い職種 営業・販売・カスタマーサービス|企画・マーケティング・経営|管理・事務|物流・購買・貿易・店舗開発|コンサルタント|金融専門職|不動産専門職|クリエイティブ|SE・ITエンジニア|エンジニア(設計・生産技術・品質管理)|建築・土木|医療・医薬・化粧品など
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントのサポートは効率的かつスピーディに進みます。日頃の転職活動にかけられる時間を確保しておくと、より有意義にサービスを受けられるでしょう。

求人数・サポート実績No1

リクルートダイレクトスカウト

Career Carverリクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス

「実績豊富なヘッドハンターに出会いたい」ならココ!企業・ヘッドハンターからのスカウトが届く転職サイトです。

47歳の人が転職する場合、転職サイト・エージェント経由での応募のほかに、コネクションによる紹介、さらにはヘッドハンティングといった方法があります。

ヘッドハンティングに興味があるものの、どうしたらヘッドハンターから声がかかるのかよく分からない人もいるかもしれません。

リクルートダイレクトスカウトは日本ではめずらしいヘッドハンターによるスカウトサービスです。

リクルートダイレクトスカウトでは「転職者がヘッドハンターを選べる」ことが大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは転職者がヘッドハンターを選べる!

自分が希望する業種・職種に関する知識が豊富か、優れた転職支援実績があるか、といった点を見極めるために、ヘッドハンターのプロフィールを閲覧できます
優秀なヘッドハンターを見つけたら、転職者のほうからヘッドハンターに相談することが可能です。

リクルートダイレクトスカウトの特徴

特徴
  • 「年収800~2,000万円クラス」の好条件のスカウトが届く
  • 優秀なヘッドハンターを転職者側で選ぶことができる
  • より採用確度の高い「一求入魂スカウト」がある
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営ボード|経営企画・事業企画|管理|人事|マーケティング|広告|マスコミ・メディア・出版|クリエイティブ|営業|サービス|コンサルタント|ITコンサルタント|専門職(公認会計士、司法書士等、その他)|IT技術職|Webサービス・制作など
公開求人数 約19万件(2024年2月現在)
ワンポイントアドバイス

ヘッドハンターには並行して2人目、3人目に相談することも可能です。スカウトを待つだけでなく、自分からも積極的に求人情報や相性のいいパートナーを見つけに行きましょう。

優秀なヘッドハンターに出会える

doda(デューダ)

doda doda(デューダ)公式サイト

豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。「本気でいい求人を探したい!」ならぜひ登録しておきたい転職サイトです。

47歳の人材にとって、転職という決断を下すには勇気が要ります。しかしながら、体験談にも見られたようにせっかく新たなキャリアを歩むのであれば思い切って異業種に挑戦したいと考える人も少なくないでしょう。

異業種だからと言ってこれまでの経験が全く活かせないわけではなく、かえってプラスに作用することもあり得るのです。

dodaは求人数の豊富さもさることながら、キャリアアドバイザーによるコンサルティング力も高く評価されています。

これまでのキャリアの本質的な部分を見極め、先入観に囚われず最適な道を提案してもらえる可能性があります。

いろいろな業種・職種を幅広く探し、納得した上で転職先を決めたい人に向いている転職エージェントです。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約24万件(2024年2月現在)
とくに多い職種 営業職|企画・管理|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|技術職(組み込みソフトウェア)|技術職(機械・電気)|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職|事務・アシスタント|医療系専門職|金融系専門職など
ワンポイントアドバイス

担当エージェント経由でのみ応募可能な求人も多いです。初回面談で担当エージェントとしっかりコミュニケーションをとっておくことで、希望条件に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

豊富な求人&充実の支援ツール

パソナキャリア

パソナキャリア 転職活動の成功を、全力でサポートします。転職成功で、年収20%アップ!

ひとりの転職者に平均20時間のサポート。「じっくり丁寧なサポート」を求める人におすすめです。

パソナキャリアは登録後の面談がきめ細やかでサポートが手厚いことに定評のある転職エージェントです。

47歳のビジネスパーソンはこれまでの社会経験が長く、キャリアの棚卸しをするにも時間を要する作業になることが十分に考えられます。

これまでのキャリアを整理し今後の見通しを立てるプロセスを自力で乗り切ろうとするだけでなく、プロの力を借りながら効率よく転職活動に向けた準備を進めることも必要になるでしょう。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、転職活動の事前準備から求人紹介、そして実際に入社して職場に馴染んでいくところまで、親身になってサポートしてくれます。

転職活動や転職後の新天地での働き方に不安がある人は、パソナキャリアに相談してみることをおすすめします。

パソナキャリアの特徴

特徴
  • 全都道府県に支店あり。対面サポートを受けやすく、UIターン転職にも強い
  • 「担当者がじっくり相談に乗ってくれる」という評判が多い
  • 企業への交渉力が強く、転職者の年収アップ成功実績が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約3.4万件(2024年2月現在)
とくに多い職種 営業職|管理・事務|IT・Webエンジニア|技術職(電気・電子・機械・化学)|クリエイティブ|マーケティング・企画|コンサルタント・士業|販売員・サービススタッフ|研究・開発(メディカル)|専門職(Web・IT・ゲーム|金融|不動産・建設)など
ワンポイントアドバイス

丁寧なサポートゆえに、転職者のやる気、熱意も求められます。転職するにあたって一定の妥協点と「これだけは譲れない」という軸を持っておくと、担当エージェントも求人紹介がしやすくなります。

利用者満足度4年連続【1位】

目指す業種・職種が定まっている人は「特化型」エージェントの非公開求人もチェックしよう

総合型と特化型の違い

ITエンジニアや管理業務、マスコミや介護など、これまで培った専門スキルを活かしての転職を検討している47歳の人は、「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェント利用いちばんのメリットは、担当となるキャリアアドバイザーがその分野の業界情報やトレンドに詳しいことです。

40代で一定の知識・経験を培いつつ今後もキャリアを積み上げる為にどのような知識やスキルの開発が必要かであったり、応募する企業でどのような知識・スキルが求められるかについて、具体的なアドバイスを貰いやすいでしょう。

各分野のおすすめ特化型転職エージェント

   
タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web系職種 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビITエージェント
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS-Japan
MS-Japan
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
レバウェル介護
レバウェル介護
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.8万 2.3万 9.2万 1.2万 19万 11万 3,600 4,400 1,400 9,900 900 1,900 1.5万 19万 9,000
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2024年2月時点のものです。

まとめ)47歳の転職はリスク回避とリスクテイクをバランス良く意識して

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

47歳の転職をする際のポイント

  • 転職活動期間にゆとりを持ち、企業研究を入念に行う
  • 自分にできることだけでなく、これからやっていきたいことも意識する
  • 前職・新天地の両方で、人間関係を大切に

今回紹介した体験談の中には、大変な苦労をされたエピソードがある一方で、人の縁に支えられた心温まるメッセージが込められたエピソードもありました。

47歳の転職に伴うリスクは、若手の人材と比べると否応なく大きくなっているかもしれません。しかし、リスク回避をしっかりと考慮しつつも、今後のキャリアを実りあるものにするためにリスクを取る覚悟もときには必要になるはずです。

できる準備は万全にした上で、リスク回避とリスクテイクのバランスを意識して、47歳の転職を成功させていきましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]