『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「健康で、逞しいネットワークエンジニア」を目指して、私は転職をした。|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
ネットワークエンジニア
職種
IT
従業員規模
50人
年収
280万円

転職後

AFTER
職業
ネットワークエンジニア
職種
IT
従業員規模
30人
年収
340万円

目次

もすっちさんの転職ストーリー

1これまでの私

健康にたくましく、ネットワークエンジニアの仕事ができるように。

イメージ図:ネットワークエンジニアのデスク

ある中小企業で、サーバやネットワークの監視を行うエンジニアをしていました。

主にnagiosやJP1(ネットワーク監視を行う際のアプリの名称)などを使用して監視を行っており、トラブルが起きていないかチェックする仕事です。

ネットワークにトラブルが起きた際は、特定のコマンド入力や再起動などを実施していき、トラブルを解消していきます。

ネットワークエンジニアは、どうしてもサーバ室などの所定の場所に閉じこもりがちなので、身体が不健康になりやすいですんですよね。
私もこの仕事をはじめて30代になったあたりから妻から姿勢の悪さを指摘されるようになったり、お腹周りの脂肪が気になるようになりました。

そこで少しでも健康的な身体をキープできるようにと、休日に筋トレをはじめました。

目標は、「健康に、そして逞しいネットワークエンジニア」になること笑。
職場でそんなことは求められていませんでしたが、元気があれば大抵のことは何でもできるだろう、と。

当時も今も、妻と二人暮らしでした。子どもはいませんでしたので、二人で自由気ままな生活をしていました。

2転職のきっかけ

私が「転職しよう」と思った、2つの理由。

イメージ図:転職すべきか考える男性

私が「転職しよう」決意したのは、二つ理由がありました。

一つ目はサービス残業がとても多かったこと。
月に50時間ほど残業していたのですが、残業代はそのうちの10時間ほどしか支払ってくれませんでした。

ネットワークやサーバを正常な状態に保つには、どうしても必要な残業なのですが、上司や管理職の認識が低く、本来なら終わる作業を長引かせていると見なされ、残業代を認めてもらえなかったのです。

二つ目は、職場の上司との折り合いが悪かったこと。
いつも嫌味を言ってくるので精神的に大きな苦痛を感じていました。

その上司は管理職や社長などに取り入るのがうまく、反対に下っ端の人間には厳しく当たるような人物でした。

ある程度の言葉ならば我慢することができたのですが、私のことをバカにしたり、事前に休暇申請をしているにも関わらず、「また休むのか」と嫌味を言われることも度々でした。

こんな状況でしたので、「今の職場でこんなストレスを感じながら、働き続ける理由はあるのか?」と。

会社が残業代をきちんと支払わないのも、上司が私を軽んじているのも、つまりはネットワークエンジニアの価値を理解していないからでしょう。

それだったら、もっとネットワークエンジニアへの理解のある、別の職場で働いた方がよっぽどいいのではないかと思ったのです。

3転職活動中

dodaの女性コンサルタントが、とても丁寧に接してくれた。

イメージ図:転職エージェントの面談シーン

転職活動は、主にdodaのエージェントサービスに登録して、そこでのサポートを受けつつ進めました。

初めての転職活動でしたので不安もあったのですが、私を担当してくれた女性のコンサルタントがとても丁寧に接してくれました。

今後どのような環境で、どのような仕事をしていきたいのかもしっかりとヒアリングしていただき、その後は定期的に非公開求人を紹介してくれました。

非公開求人とは

企業のWebサイトや転職サイト、ハローワークなどで、一般に公開されていない求人情報です。 社名が伏せられていたり、求人の存在そのものを知られないようにされており、一部の転職エージェントのみが情報を把握しています。

参照:非公開求人とは

基本的にはdodaをメインに利用していたのですが、自分でも求人を探した方がいいと思い、リクナビNEXTマイナビ転職などの転職サイトも利用しました。

転職活動にかけた期間は3ヶ月ほど。
その間にいくつか「この職場が良さそう」と思えるネットワークエンジニアの職場を見つけて、そのうち1社から採用通知を頂きました。

4転職後

「ありがとう、助かるよ」。その一言。

新しい職場h、前職同様にネットワークエンジニア。かつ以前と同じnagiosを使用したネットワーク監視業務でしたので、業務も特に困ることなくすぐにキャッチアップできました。

良かったことは、仕事を終えたときに社員からのレスポンスがあったこと。

ありがとう、助かるよ」のひとことがあるんです。
(そう!その一言が大事なんだよ)と思いました笑。前職ではそうした掛け合いも皆無でしたからね。

また、トラブル対応もきちんとマニュアル化されていて、それにも助けられました。

更に良かったことは、残業代が全額支給なこと、そして嫌味を言う先輩や上司もいないこと。

転職は、「大成功だった」と言っていいのではないでしょうか。

5その後、どうなったか。

仕事でのその我慢は、誰のためのものか。

以前の私は転職に対して、あまり良いイメージを持っていなかったです。

恵まれていない環境でも我慢すれば、いつかは報われると考えていました。

ですが、そんなわけないですよね。だって、その我慢は誰のためにもなっていないんですから。

それに、それが原因で体や心に支障がでてしまったらまったく意味がありません。
「健康に、そして逞しいネットワークエンジニア」なんて言っている場合ではなくなるでしょう。

転職することで学べたのは、「前向きな転職をする」という意識の大切さです。

実際転職することによって、精神的なストレスが大きく減りました。
以前の私はストレスが酷くて、その時の癖で頭皮をボリボリ掻いてしまってたんですよね。その影響で、抜け毛がとてもたくさん出てしまっていました。
幸いに、今はそのようなこともなく、髪も気持ち以前よりふさふさに戻りつつあります。

良好な人間関係の中にいることで、これまで以上に楽しくネットワークやサーバ監視の仕事を行えるようになったので、満足です。

◇ ◇ ◇

今後は引き続き、40代・50代になっても「健康で、逞しいネットワークエンジニア」を目指していければな、と。
それから、機会があったら起業もしてみたいと考えています。

ネットワーク監視の仕事だけではなく、もっと構築やその前段の企画にも携わって行きたいんですよね。そのためには上流から仕事を請ける必要がありますが、「それだったら、自分が起業してクライアントと直にやり取りした方がいいんじゃないか?」って思うようになって。

起業するにはまだまだ貯蓄を増やす必要もありますし、なによりもネットワークやサーバに関する知識をもっと高めなくてはいけません。

一生懸命勉強していき、実現に向けて努力していきたいです。

ITエンジニアで転職をお考えの方に、おすすめの転職サービス

1位マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT」は、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。

2位リクルートエージェント(IT)

リクルートエージェント(IT)
リクルートエージェントITエンジニア向けサービス」は、リクルートエージェントがITエンジニア専用に設けた転職エージェントサービスです。

リクルートエージェントが保有するITエンジニア向けの豊富な求人にアプローチできて、かつITエンジニアの転職支援に強いキャリアアドバイザーが担当に付いてサポートに付いてくれるのがサービスの強みです。

3位レバテックキャリア

レバテックキャリア
IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]