『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職会議の使い方とメリット・デメリットは?口コミの信憑性はどの程度?

[最終更新日]2024/03/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。

【転職会議】求人の「ホントウのところ」を知りたい人に ●転職会議のメリットは? ・元社員・現社員の口コミが読める ・求人情報と口コミ情報を同時に探せる ・口コミを元に集計した「年収まとめ」を見られる ●転職会議のデメリット・注意点は? ・全ての口コミが信頼できるとは限らない ・条件の良い求人はあまり多くない ・転職エージェントサービスは提供していない

転職活動を進めるにあたって、「転職会議」を活用すべきか迷っていませんか?
掲載されている口コミは信憑性があるのか、気になっている人もいるでしょう。

目次

転職会議 公式サイト
サービス特徴 転職サイト口コミサイト
・サービス登録後、サイト上から掲載企業の求人と口コミのチェックと応募が可能
対象業種・職種 全業種・全職種
対象年代 全年代
対象エリア 全国
利用料金 無料
掲載求人数 約39万件(2023年12月時点)
掲載求人の雇用形態
  • 正社員
  • 契約社員
  • パート・アルバイト
  • その他
運営会社 株式会社リブセンス
公式サイト https://jobtalk.jp

転職会議は、株式会社リブセンスが運営している転職サービスです。

年代を問わず幅広い転職希望者を対象とした求人が掲載されており、求人の対象エリアも全国となっています。

2023年12月時点の求人数は39万件と、豊富な求人を扱っていることも特徴の1つです。
掲載求人には正社員募集が多く見られますが、中には契約社員やアルバイト・パートなどを求める企業の求人も掲載されています。

転職会議の特徴

500万件以上の評判が集まる口コミサイト

転職会議の大きな特徴として、さまざまな企業に対しての「口コミ」が寄せられている点が挙げられます。

口コミ件数は2023年12月時点で500万件以上に達しており、企業によっては非常に多くの声が寄せられているサイトです。

口コミを投稿しているのは各企業で実際に就業したことのある元社員や、就業中の現社員です。

一般的な転職サイトにはあまり掲載されていない、企業のリアルな内情を窺い知ることができる点が転職会議の特徴といえるでしょう。

30万件以上の求人を扱う転職サイト

転職会議は口コミサイト以外に「転職サイト」としての役割も兼ねています。
掲載求人は30万件以上にのぼっており、他の転職サイトと比べても求人を豊富に扱っているサービスの1つです。

企業の口コミサイトでありながら、その企業の求人も探せることは、転職会議のユニークなポイントといえます。
転職活動に向けた情報収集にも、実際の応募にも活用できるサービスといえるでしょう。

転職会議の求人に多い職種

転職会議がおすすめの職種|これらの職種での求人が豊富! 【職種】 ●営業系(法人営業/個人営業/内勤営業…など) ●事務・経営管理系(総務/経理/人事/一般事務…など) ●技術系(IT・通信 プログラマ/アプリ設計/ネットワーク設計…など) ●技術系(電気・電子・機械・半導体) ●建築・土木系(設計/技術開発・構造解析・特許・調査…など)

転職会議に掲載されている求人のうち、最も多い職種は営業系です。
また、事務・経営管理系技術職(IT・通信)建築・土木系の求人も数多く掲載されています。

これ以外の分野においても、特定の職種に偏ることなく求人を扱っています。

転職会議の職種別求人数(2023年12月現在)

職種 求人数
営業系 約2.1万件
事務・経営管理系 約1.4万件
技術系(IT・通信) 約1.4万件
建築・土木系 約1.1万件
技術系(電気・電子・機械・半導体) 約1.0万件
販売・サービス系 約7,400件
経営企画・マーケティング・企画系 約7,000件
クリエイティブ系 約5,100件
専門職(コンサルタント・法律・金融・不動産) 約4,600件
技術系(医薬・食品・素材) 約3,500件
医療・福祉・保育系 約1,700件
その他(教育、公務員、技能工、農林水産など) 約950件
転職会議のメリット ・元社員・現社員の口コミが読める ・求人情報と口コミ情報を同時に探せる ・口コミを元に集計した「年収まとめ」を見られる

元社員・現社員の口コミが読める

転職会議を活用する大きなメリットの1つは、元社員・現社員による口コミが読めることです。

口コミ情報は全て元社員・現社員が自ら投稿しているため、企業が投稿内容に立ち入ることはできません。つまり、各企業のリアルな内情が垣間見えるサイトといえます。

求人情報は企業の人事部や採用担当者が原稿を作成するため、どの企業も自社の良い点をアピールするのが一般的です。
人材を採用することが求人を出す目的のため、わざわざ自社の欠点をさらけ出すようなことはしないでしょう。

元社員・現社員の口コミを確認できる転職会議は、各企業のリアルな内情が分かる貴重な場といえます。

求人情報と口コミ情報を同時に探せる

転職会議は口コミサイトであると同時に転職サイトでもあるため、求人情報と口コミ情報を同時に探せます。

評判の良い企業の募集状況を確認したり、反対に良さそうな求人を見つけた場合に口コミを確認してから応募を検討したりできるのです。

前述の通り、求人情報には必ずしも企業のリアルな内情が記載されていないことが考えられます。
求人情報と口コミ情報を同時に確認しておくことで、求人に応募すべきかどうかを判断しやすくなる点は大きなメリットといえるでしょう。

口コミを元に集計した「年収まとめ」を見られる

転職会議には500万件にのぼる口コミ情報が寄せられているため、それらを集計した統計資料のように活用できます。

口コミ投稿者は自身が就業していた当時の役職や年収、残業時間といった情報を寄せるため、実際に就業したことのある方々のリアルな統計データを確認できます。

代表的なデータの1つが「年収まとめ」です。
転職会議に投稿されたデータを元に、職種・年齢・年収などを集計したデータが公開されています。

転職会議の年収まとめ(法人営業のケース)

転職会議の年収まとめ(法人営業のケース)

職種別・年代別の平均年収が分かるほか、企業ごとに平均年収を高い順・低い順に並べ替えて確認することも可能です。
応募前に希望職種の平均年収をチェックできることは、口コミサイトならではのメリットといえるでしょう。

転職会議のデメリット・注意点 ・全ての口コミが信頼できるとは限らない ・条件の良い求人はあまり多くない ・転職エージェントサービスは提供していない

全ての口コミが信頼できるとは限らない

転職会議に掲載されている口コミは、あくまでも各投稿者の個人的な意見や感想です。
内容の正確性については保証されていないため、あくまでも参考程度に留める必要があります。

たとえば、過去に退職した企業に対して個人的に良い印象を持っていない人が口コミを投稿した場合、中立的な立場で記載するのは困難でしょう。

主観が入ってしまうことは避けられないため、企業のことを必要以上に悪く書いてしまうこともあり得ます。

このように、全ての口コミが信頼できるとは限らないことは、転職会議を活用するデメリットの1つです。

条件の良い求人はあまり多くない

転職会議は基本的に全て業種・職種の求人を幅広く扱っています。
条件の良い求人の収集に力を入れているサービスではないため、好条件の求人がそれほど多くないことがデメリットです。

好条件・好待遇の求人は、ハイクラス人材向けの転職サービスに集まりやすい傾向があります。

したがって、こうした求人を中心に探したい場合はビズリーチリクルートダイレクトスカウトといったハイクラス人材向け転職サービスを併用するのが得策でしょう。

転職エージェントサービスは提供していない

転職会議はあくまでも「口コミサイト+転職サイト」のため、転職エージェントのようなサポートサービスは実施していません。
求人検索から応募、選考対策まで、全て転職希望者が1人で進める必要があります。

プロによるアドバイスや求人紹介といったサービスを受けたい場合には、転職エージェントに別途登録することをおすすめします。

転職サイト 自分で求人を探し、応募する
転職エージェント 担当アドバイザーが求人を紹介・提案してくれ、以降の活動もサポートしてくれる

転職エージェントで紹介された企業について、転職会議で口コミを確認しておくといった活用方法が望ましいでしょう。

4)転職会議の口コミの信憑性は?

転職会議の評判・口コミまとめ ・企業の内情を知れる ・退職理由などリアルな情報が分かる ・マイナス要因は口コミから判断できる ・自作自演の口コミもある ・必ずしも信用できる口コミとは限らない

転職会議の口コミが「信用できる」という評判・口コミ

企業の内情を知れる

仕事内容や退職理由などリアルな情報が分かる

著しいマイナス要因は口コミから判断できる

「信用できる」という評判の傾向

転職会議に掲載されている口コミが「信用できる」と感じている人の共通点として、口コミ情報の全てを鵜呑みにするのではなく、必要な情報を選別していることが挙げられます。

たとえば有給消化率などの情報は、その企業で実際に働いたことがある人だからこそ分かることでしょう。
こうした定量的な情報を中心に見ていくことで、投稿者の個人的な感覚に左右されにくい客観的なデータを集めやすくなります。

また、コメントにもある通り、ネガティブな口コミが目立って多くないかどうかをチェックするのも1つの方法です。

口コミ総数に対してあまりにもネガティブな情報が多いようなら、その企業に対して良くない印象を抱いている人が多いと推測できるでしょう。

このように、全体的な傾向を把握するのも口コミの上手な活用方法といえます。

転職会議の口コミは「信用できない」という声

良い口コミには自作自演と思われるものもある

ポジティブな口コミが信用できるとは限らない

「信用できない」という評判の傾向

口コミが信用できないと感じている人の多くは、口コミサイト自体の信憑性に疑いの目を向けている傾向があります。

転職会議に限らず、口コミサイトは基本的に誰でも自由に投稿できる点がメリットの1つです。
ただし、自由度の高さは掲載情報の確実性や信憑性とトレードオフである点を理解しておく必要があるでしょう。

コメントにあるような「自作自演」は、口コミサイトである以上「やろうと思えば可能」です。

採用担当者など企業内部の人物が自社にとってプラスになる口コミを意図的に投稿している可能性も否定できません。
こうした口コミサイト特有の事情があることを織り込んだ上で、転職会議を活用していくことが大切です。

転職に際して重視したい条件を明確にする

転職会議の活用ポイント1 転職に際して重視したい条件を明確にする|例:業績・組織風土・残業・やりがい・評価制度|企業のどの点を重視するかを定めておくと、口コミを適正に評価しやすくなる。

転職会議に掲載されている口コミは、基本的に全て投稿者の主観にもとづいて書かれています。

仮に同じ状況に置かれたとしても、人によって感じ方・捉え方が異なる可能性は十分にあるでしょう。
口コミの記載内容を真に受けてしまうと、「どの会社にも悪い評判が見られる」ことに意識が向きがちです。

まずは転職に際して自分がどのような条件を重視したいのか、条件を明確にしておきましょう。
優先度の高い条件について重点的に口コミをチェックしていくことで、評判に一喜一憂するのを避けられます。

転職するにあたって譲れない条件は何か、自分の中で固めておくことが大切です。

主観的な「感想」と客観的な「事実」を区別する

転職会議の活用ポイント2 主観的な「感想」と客観的な「事実」を区別する ●例:「残業が多い」…主観的・感覚的な情報|「残業は月平均20時間」…客観的・定量的な情報

口コミに目を通す際には、主観的な「感想」と客観的な「事実」を区別することを意識しましょう。

たとえば「残業が多い」「職場の雰囲気が悪い」といった口コミは、明確な尺度がないため個人的な感想にもとづいている可能性が高いと考えられます。

一時的な感情で書かれた口コミの可能性もあるため、鵜呑みにしないほうが無難です。

一方、「残業は月平均〇時間程度」「同期〇人中〇人が退職した」といった客観的事実に触れている口コミは、ある程度の信憑性があります。

とくにネガティブな口コミに関しては、客観的事実にもとづいて書かれているか慎重に判断してください。

口コミの総件数とネガティブな評判のバランスを見極める

転職会議の活用ポイント3 口コミは、ポジティブ・ネガティブ両方の意見をチェックする |「ネガティブな評判が見られる=良くない企業」といった判断を即座に下さないこと

企業ではさまざま人が就業しているため、同じ状況であっても捉え方は人それぞれです。

たとえネガティブな評判が散見されたとしても、分母が大きければ割合としては低いと判断できます。
反対に、口コミの件数自体が限られている中で悪評が目立つようであれば、要注意の職場と捉えたほうがよいかもしれません。

このように、「ネガティブな評判が見られる=良くない企業」といった判断を即座に下さないことが大切です。
口コミの総件数とネガティブな評判の比率を見極め、バランスよく判断することを心がけましょう。

他の口コミサイトや就職四季報なども参照する

転職会議の活用ポイント4 情報ソースはなるべく複数参照する|例:・他の口コミサイト(Openwork、ライトハウスなど) ・就職四季報 ・SNS(LinkedIn、Twitterなど)

転職会議以外にも、口コミサイトはいくつかあります。Openworkライトハウスといった口コミサイトも参照し、評判の真偽をたしかめるようにしましょう。

口コミサイトによって、件数が多い企業の傾向が異なるケースも少なくありません。限られた情報源で判断するのではなく、できるだけ多くの情報源にあたることが大切です。

このほか、就職四季報などの雑誌を参照するのも有効な方法といえます。
就職四季報は新卒向けの情報誌ですが、3年後離職率や平均勤続年数、有給取得平均日数など職場環境の推測に役立つ手がかりも少なくありません。

複数の情報源をチェックすることで、情報の信憑性が増すでしょう。

転職エージェントに登録して転職サポートを受ける

転職エージェントは、はじめに複数登録して徐々に絞っていくやり方がおすすめ ●担当エージェントとの相性チェックポイント:・雑談を含めて、こちらの話をよく聞いてくれるか ・自分の希望する業界や企業への知識が豊富か ・求人紹介の際、納得いく理由を教えてくれるか

転職会議はあくまでも口コミサイト+転職サイトのため、プロによる転職サポートを受けることはできません。

口コミのみで企業の良し悪しを判断するのではなく、実際に企業の内情を知る担当者に付いてもらうほうが安心です。

転職エージェントに登録することで、専任のアドバイザーに相談に乗ってもらえます。
求人紹介だけでなく、応募先が決定した後の選考対策や面接後のフィードバックなど、客観的なアドバイスを得られる点が大きな強みです。

転職成功率を高めるためにも、転職エージェントに登録して転職サポートを受けることをおすすめします。

doda(デューダ)

doda doda(デューダ)公式サイト

都市部・地方ともに豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。企業からのスカウトも多く、たくさんの求人に接していきたい人におすすめの転職エージェントです。

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
保有求人は20万件以上(※2023年12月時点)、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

また、dodaでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため企業から熱意あるスカウトメールが届きやすいです。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

企業からのスカウト・オファー狙いの転職活動を予定している方、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について知りたい方は、dodaがよりおすすめでしょう。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約23万件(2023年12月現在)
とくに多い職種 営業職|企画・管理|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|技術職(組み込みソフトウェア)|技術職(機械・電気)|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職|事務・アシスタント|医療系専門職|金融系専門職など
ワンポイントアドバイス

dodaはサービスの自由度がある分、「受け身」の姿勢ではメリットを得られにくいです。スカウトや求人紹介を待つだけでなく、自分からも情報を「取りに行く」姿勢が大切です。

豊富な求人&充実の支援ツール

リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト

国内No1の求人数の豊富さ!担当者からの的確かつスピーディな支援も受けられるので、「なるべく早く転職したい」人に特におすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

とくに活用したい支援ツールは、企業の特徴から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」です。
転職活動において、応募企業の調査・リサーチは非常に重要です。その際に、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナーなどの「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約37万件(2023年12月現在)
とくに多い職種 営業・販売・カスタマーサービス|企画・マーケティング・経営|管理・事務|物流・購買・貿易・店舗開発|コンサルタント|金融専門職|不動産専門職|クリエイティブ|SE・ITエンジニア|エンジニア(設計・生産技術・品質管理)|建築・土木|医療・医薬・化粧品など
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントを利用した人たちからは、オンラインで受講できる「面接力向上セミナー」について「実際の面接で役立った」という感想が多く見られます。登録後は無料で参加できますので、面接対策に不安を感じている人はぜひ利用しましょう。

求人数・サポート実績No1

ビズリーチ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1

転職後の平均年収840万円!企業からのスカウトが非常に多い転職サイトです。

ビズリーチは主にハイキャリア人材を対象とした転職サービスです。

一般的にハイキャリア転職サービスは求人数が少なくなりがちですが、ビズリーチは近年求人数が増えており、首都圏はもちろんのこと地方での転職においても非常に豊富な求人を確認できます

紹介される会社は大企業だけでなく、中小の優良企業の求人も扱っています。
また、独自に「BizReach創業者ファンド」を創設するなど、スタートアップ企業の支援も積極的に行っていることから、スタートアップ企業やベンチャー企業への転職支援にも強いのが特徴です。

ビズリーチの特徴

特徴
  • 好条件の高年収・ハイクラス向け求人が、全業種にて充実
  • 企業からの熱量あるスカウトが届きやすい
  • 「ヘッドハンター検索機能」から、好みのヘッドハンターを選べる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約8.8万件(2023年12月現在)
とくに多い職種 経営(経営者・CxO・事業推進など)|管理(経理・財務・税務・IRなど)|マーケティング|営業|コンサルタント|専門職(公認会計士・税理士・弁護士など)|IT技術職(SE・その他ITエンジニア)|ゲーム|電気・電子|半導体|機械|化学|金融|研究・臨床開発・治験|建築・土木など
ワンポイントアドバイス

ビズリーチで企業からのスカウトを多く得るためには、レジュメ(職歴書)の品質を上げること!どのような自己PRが企業からの目にとまりやすいかをじっくり考えて、取り組んでみましょう。

企業からスカウトがたくさん届く

リクルートダイレクトスカウト

Career Carverリクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス

「実績豊富なヘッドハンターに出会いたい」ならココ!企業・ヘッドハンターからのスカウトが届く転職サイトです。

リクルートダイレクトスカウトは、転職大手「リクルート」が運営するヘッドハンティング型の転職サービスです。

年収600万円以上のミドル・ハイクラス層をメインにサポートを行っており、優秀なヘッドハンターからのスカウトを待つことができます。

リクルートダイレクトスカウトでは「転職者がヘッドハンターを選ぶ」という逆指名制を採用しているのが大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは転職者がヘッドハンターを選べる!

自分が希望する業種・職種に関する知識が豊富か、優れた転職支援実績があるか、といった点を見極めるために、ヘッドハンターのプロフィールを閲覧できます
優秀なヘッドハンターを見つけたら、転職者のほうからヘッドハンターを選んで求人紹介を依頼できるのです。

また、ヘッドハンターは複数名を同時に指名することも可能です。

リクルートダイレクトスカウトの特徴

特徴
  • 「年収800~2,000万円クラス」の好条件のスカウトが届く
  • 優秀なヘッドハンターを転職者側で選べる
  • より採用確度の高い「一求入魂スカウト」がある
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営ボード|経営企画・事業企画|管理|人事|マーケティング|広告|マスコミ・メディア・出版|クリエイティブ|営業|サービス|コンサルタント|ITコンサルタント|専門職(公認会計士、司法書士など、その他)|IT技術職|Webサービス・制作など
公開求人数 約56万件(2023年12月現在)
ワンポイントアドバイス

良質なスカウトをゲットする際は、登録時に記入するレジュメを充実させることが重要です。「アピールできる経歴が思いつかない」という人は事前に事前にキャリアの棚卸しをしておきましょう。

優秀なヘッドハンターに出会える

Q1)転職会議の口コミの信憑性は?

転職会議に掲載されている口コミは、あくまでも現在または過去にその企業で就業したことのある方々によって投稿されたものです。

よって、内容が100%正しいという保証はありません。中には一時的な感情にもとづいて書かれた意見や感想も含まれている可能性も十分にあります。

ただし、口コミの合計件数に対して悪評が目立つ場合、その企業は何らかの問題を抱えている確率が高いと考えられるでしょう。
口コミを鵜呑みにするのではなく、全体の傾向を捉えることが大切です。

Q2)転職会議に口コミを投稿すると身バレする?

転職会議の口コミは匿名で表示されるため、誰が投稿したのかを直接的に知ることはできません。

ただし、個人を特定できる情報を記載してしまうと、投稿者が誰であるのか推測できる場合もあります。
たとえば、担当業務の具体的な内容や配属部署での出来事など、一般的ではない内容は記載しないほうが得策です。

また、勤務先・元勤務先の従業員数や同年代の社員数によっては、在籍時期や年代、在籍時の職種などが個人を特定する手がかりとなることも考えらえます。
身バレのリスクが0%とは言い切れない点に注意しましょう。

Q3)転職会議の退会方法は?

転職会議を退会する場合は、マイページの「退会」ボタンから申請手続きを行えます。
登録時に設定したメールアドレスとパスワードを入力し、退会理由を記載し「退会する」ボタンを押せば手続きは完了です。

ただし、転職会議を利用中に口コミを投稿していた場合、退会しても過去に投稿された口コミは削除されません。

一度投稿された口コミは、基本的に消えないと捉えてください。一時的な感情で企業の悪評を投稿したり、事実とは異なる内容を投稿したりするのはNGです。

まとめ)転職会議と転職エージェントを併用して精度の高い情報を収集しよう

転職会議は口コミサイトと転職サイトが一体化したユニークなサービスです。
企業の口コミと求人を同時に確認しながら応募先を効率よく探したい人にとって、便利なサービスといえるでしょう。

一方で、投稿されている口コミはあくまでも投稿者の個人的な意見や考えにもとづいて記載されています。口コミを鵜呑みにするのではなく、参考程度に留めることが大切です。

今回紹介したポイントを参考に、ぜひ転職会議を効果的に活用してください。

転職会議と転職エージェントを併用することで精度の高い企業情報を収集しやすくなり、転職活動の成功確度を高められるはずです。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

この記事を書いた人

かとうしょう

教育業界にて15年間、学習指導や教材編集・執筆に携わる。転職・起業経験と人材サービスに関する知見を活かし、キャリア・教育・マーケティング関連の記事を複数メディアで執筆している。
執筆実績は転職・キャリア関連メディアで累計600本以上、教育関連メディアで累計300本以上。大手Web制作プラットフォームにて登録ライター20万名のうち60名(上位0.03%)に抜擢され、エキスパートライターとして活動中。

よかったら、シェアと評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均3.75
Loading...
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]