『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

研究開発職になるには?仕事内容・将来性と未経験からの転職のポイント・注意点

[最終更新日]2024/06/14

このページには広告リンクが含まれています
みんなの転職「体験談」。は、⼀部の企業とアフィリエイトプログラムを提携し情報提供を⾏っております。 当サイトを経由してサービス利⽤があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取ることがありますが、提携の有無などによって当サイトでのサービス評価が影響を受けることはありません。 また当サイトで得た収益に関しては、閲覧頂く皆さまにより役⽴つ情報をご提供できますよう、コンテンツ品質の向上に還元しております。
研究開発職になるには?主な業界・仕事内容・向いている人・転職のコツ

これまでに培ってきた専門性を活かして、研究開発職に転職したいと考えたことはありませんか。

異業種・他職種から研究開発職への転職は可能なのか、実態を知っておきたいという人もいるでしょう。

目次

研究開発職とは…研究結果をもとに商品開発を進め、市場のニーズに応える商品を生み出す仕事 ●開発職が活躍する主な業界 ・ゼネコン ・マリコン ・住宅メーカー ・建材メーカー ・食品メーカー ・医薬品メーカー

研究開発職の仕事内容

研究開発職は、研究職と開発職の特徴を併せ持った職種です。

研究職には基礎研究応用研究があります。
基礎研究は理論や法則を発見することを主な目的とする研究領域で、必ずしも商業的な利益につながるとは限りません。

一方、応用研究は基礎研究で得られた知見を元に、産業への活用を目指すことを主な目的としています。

「研究開発職」は、応用研究の延長線上に位置づけられることが多いです。
研究結果を元に実際の商品開発を進め、市場のニーズに応える商品を生み出すことが、主な仕事です。

実際に売れる商品を開発することがミッションとなるため、市場調査などマーケティングの知識・スキルも求められます。

研究開発職が活躍している主な業界

研究開発職が活躍している業界には、大きく分けて独立系企業系があります。

独立系とは、シンクタンクや研究機関など研究開発に特化している事業者のことです。
これに対して、企業系の場合は企業内に研究開発を担うセクションが設置されています。

企業系の研究開発職として活躍できる代表的な業界を見ていきましょう。

ゼネコン

総合建設業者では、建設物の安全性向上を実現する工法の研究や、エネルギー関連の技術開発などが行われています。

近年では脱炭素社会の実現に向けた生産効率の向上なども、ゼネコン各社にとって重要な研究開発テーマの1つです。

マリコン

海洋土木工事や港湾工事を手がける建設業者では、地震や津波への対策や環境保全に関わる研究開発がさかんに行われています。

国の政策とも深く関わる分野であり、研究開発職の活躍の場が数多くある業界です。

住宅メーカー

住宅メーカーでは建築物の構造設計や材料に関する研究開発が行われています。

地震や台風といった自然災害が多い日本においては、建物の強度や耐用年数を向上させるために研究開発職が重要な役割を担っています。

建材メーカー

建材メーカーでは、新たな建材の開発や既存の建材を改良するための研究開発が行われています。

構造・設計に関する工学的な知識や解析技術の知識を駆使して新たな建材を開発し、公的機関の性能証明取得を経て商品化を実現しているのです。

食品メーカー

食品メーカーでは消費者の健康志向や食の安全性に対する関心の高まりを受け、新商品の研究開発が常に行われています。

基礎・応用研究に携わる部門や、製造に関わる生産技術職、顧客との距離が近い営業職など、複数の部門との連携が求められるポジションです。

医薬品メーカー

医薬品メーカーでは各研究所から上がってきた化合物の臨床試験を行い、商品化へとつなげています。
治験の試験内容を決定し、データの収集・解析を担うのが、医薬品メーカーの研究開発職の役割です。

海外の大学や研究機関と共同開発するケースもあるため、語学力が求められることも少なくない仕事です。

研究開発職の平均年収

研究開発職の平均年収:500万円前後 経験やスキル、勤務先の給与条件によって年収に差が開く可能性も→役職に就くなどキャリアアップを実現すれば、将来的に年収800万円以上も目指せる

求人ボックスによると、研究開発職の平均年収は525万円です(2024年2月現在)。全職種の平均年収と比較してやや高い水準と捉えてよいでしょう。

一方で、年収の分布としては300万円台から900万円台と幅広く、経験やスキル、勤務先の給与条件によって年収に差が開く可能性もあることが分かります。

一般的な傾向として、研究開発職として経験を積み役職に就くことで年収が上がるケースが多く見られます。
キャリアアップを実現すれば、将来的に年収800万円以上を目指せる職種です。

以上を踏まえると、全体として平均年収は高めであるものの、就業先の条件や必要なスキルに応じて給与水準が変動しやすい職種といえます。
研究開発職に転職すれば必ず年収アップが実現できるとは限らない点に注意しましょう。

研究開発職の将来性

市場にモノやサービスが溢れている現代社会において、新たな商品の開発は企業にとって生命線といえます。

研究開発職は企業の売上や収益に直結するポジションであるのみならず、安全性や遵法性といった企業の信頼に大きく関わるミッションを担っています。

優れた知見と経験の持ち主は、多くの企業にとって喉から手が出るほど欲しい人材です。研究開発職の職種全体としては十分に将来性が期待できる仕事です。

ただし、企業によって研究開発への投資額は大きく異なります。
研究開発費の予算をどの程度確保するかによって、設備投資をはじめとする研究環境が大きく左右されます。

転職を目指す際には業界・企業研究を入念に行い、研究開発への投資状況や過去の推移を十分に見極める必要があるでしょう。

研究開発職のキャリアパス

研究開発職のキャリアパス ●マネージャー:研究部門の統括や研究者の管理をする ●スペシャリスト:研究者として専門領域の研究に専念する

研究開発職のキャリアパスには、大きく分けてマネージャースペシャリストの2通りがあります。

マネージャーは一般企業の管理職に相当し、リーダーや主任といった役職を経て就任するのが一般的です。
研究部門の統括や研究者の管理が主な役割であり、企業経営とも距離が近いポジションです。

研究に関する知見や経験のみならず、マネジメントや経営に関する幅広い能力が求められます。

スペシャリストとは、研究者として専門領域の研究に専念する人のことです。
特定の分野・領域に長く携わっていくだけでなく、最新の知見を常に取り入れて知識・スキルの研鑽を続けていく必要があります。

研究開発の実務に長く携わっていきたい人にとって、スペシャリストは現実的なキャリアパスといえます。

研究開発職への転職を目指すにあたって、自身に適性があるのか、向いているのはどんな人なのか気になっている人もいるでしょう。
研究開発職に向いている人に共通する3つの特徴をまとめました。

研究開発職に向いている人の特徴 ●探求心を持って粘り強く研究を続けられる人:決して諦めることなく深淵を持ち続ける姿勢は必須 ●知識の習得を自主的に続けられる人:学び続けることに喜びを感じられる人でなければ務まらない ●チームワークやコミュニケーション力にたけている人:傾聴力や、論理的思考が求められる

探究心を持って粘り強く研究を続けられる人

研究開発は短期間で結果が出るケースは少なく、中長期的な見通しを持って粘り強く取り組むことが求められる仕事です。

自身が立てた仮説が正しいかどうか、実際に商品化が可能かどうか、進めてみないと分からないケースも少なくありません。
暗中模索の状態が続いても決して諦めることなく信念を持ち続ける姿勢は必須といえるでしょう。

新商品の開発や既存商品の改良は、「まだ世の中に存在しないもの」を生み出す作業の連続です。

現状に満足することなく、常に探究心を持って仕事に取り組む必要があります。

困難な目標の達成に向けて地道に取り組むことが楽しいと思えるタイプの人は、研究開発職に向いている可能性が高いでしょう。

知識の習得を自主的に続けられる人

基礎・応用研究の世界は日進月歩です。
研究開発職に携わっていく以上、新しい技術や科学的な知見を常に取り入れていく必要があるでしょう。

学術的な最新動向を注視し、自主的に知識を吸収し続けていくことが求められます。学び続けることに喜びを感じられるタイプでなければ務まらない仕事です。

また、吸収すべき情報は学術分野に限りません。
世の中のニーズやトレンドをくみ取り、商品開発に取り入れていくことが求められます。

所属する企業や業界のトピック以外にも幅広い分野に好奇心を持ち、世の中の「風」をキャッチしていくことが大切です。知識や情報を貪欲に吸収し続けていくタイプの人に適した仕事といえます。

チームワークやコミュニケーション力に長けている人

研究開発の仕事は1人で進めるものではなく、チーム単位で取り組むことになります。

基礎・応用研究を担当する部門や制作部門、営業部門などと協力して商品を開発していくため、チームワークを重視して仕事を進められる人に適した仕事です。
協調性が求められる点は、研究開発への転職を目指すにあたって必ず押さえておく必要があるでしょう。

異なる部門間で協力して仕事を進めるには、コミュニケーション力が欠かせません。
立場の異なる相手の話をじっくりと聞く傾聴力や、自身の考えを正確に伝える論理的思考力が求められます。

これまでにチームで成果を挙げた経験があれば、研究開発職への転職後も強みを活かせるはずです。

研究開発職への転職を目指すにあたって、意識すべきポイントを紹介します。
転職準備を進める際には、次の3点を実践しましょう。

これまでの経験業務・実績をまとめておく

「アピールしたいスキルや経験を抽出して職務経歴書にまとめよう」「大学での研究内容も活かせそうだしこれもアピール…」 ●これまでの経験業務や実績をまとめておき、応募書類や面接で伝えられるように準備しておく。

職種未経験から研究開発職への転職を目指す場合、前職の経験で活かせる知識・スキルをアピールする必要があります。

これまでの経験業務や実績をまとめておき、応募書類や面接で伝えられるように準備しておきましょう。

とくに研究・開発・製造・生産技術といった技術職種の経験は、研究開発に活かせる可能性が高く評価されるケースも多いです。
職務経歴書を作成する際には、アピールしたいスキル・経験を抽出してまとめたほうが伝わりやすいはずです。

業務経験以外にも、大学・大学院での研究内容や研究成果で研究開発に活かせる要素があれば、積極的にアピールすることをおすすめします。

研究開発職に就いた後のキャリアビジョンを明確にしておく

まずはキャリアビジョンを描き、実現するためのキャリプランを立てる ●キャリアビジョン:「こういう働き方をしたい」という未来のイメージ ●キャリアプラン:キャリアビジョンを実現するためのプランニング

転職活動では研究開発職に「就くまで」にフォーカスしがちですが、実際に転職した後のキャリアビジョンを明確にしておくことも非常に重要です。

採用する企業側としては、応募者を採用すべきか検討する際に中長期的なメリットを見極めて決定を下します。
入社後のビジョンが明確になっていれば長期にわたって活躍してくれる可能性が高く、採用するメリットが十分にあると判断されやすいでしょう。

研究開発職として将来的にスペシャリストを目指したいのか、マネージャーとしてのキャリアを歩みたいのか、大枠の方向性を定めておく必要があります。
その上で、直近で研究開発に携わってみたい商品を将来像から逆算して伝えることが大切です。

補足:キャリアプランとキャリビジョンについて

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

その際に、キャリアプランとセットで使われる言葉に「キャリアビジョン」があります。 キャリアビジョンは、あなたが未来に「こういう働き方をしたい」というイメージのことです

つまり、まず「目標」としてキャリアビジョンを描き、それを実現するためにキャリアプランを立てるということです。

キャリアビジョンとキャリアプランは、以下のように表に落とし込むことによって考えやイメージを整理しやすくなります。

キャリアビジョン、キャリアプランの作成表
キャリアビジョン・キャリアプランの作成シート
キャリアビジョン、キャリアプランの作成表(記入例)
キャリアビジョン
(仕事で実現したいこと)
キャリアプラン
(そのためにやるべきこと)
1年後
  • リーダー職
  • ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ
  • ディレクションスキルを高める
  • 業界知識を深める
5年後
  • マネージャー職
  • プロジェクトの責任者として活躍
  • チームビルディング、マネジメントスキルを高める
  • 人材育成スキルを高める
10年後
  • 自身のサービスを手掛ける、または独立起業
  • 事業運営の上流から下流までの経験を積む
  • 経営の知識を深める

キャリアビジョンのイメージが持てない」という人は、さきに「キャリアの棚卸し」を行っておくことをおすすめします。

以下の記事にキャリアの棚卸しの進め方を紹介しています。興味のある人はあわせてご覧ください。

キャリアビジョン・キャリアプランの立て方を詳しく見る

研究開発職への転職支援に強いエージェントを活用する

転職エージェントを活用して最新の市場動向の情報や、プロのサポートを得る。

研究開発職に未経験から転職する場合、転職支援実績の豊富な転職エージェントを活用することをおすすめします。
研究開発職と一口に言っても、企業によって求めるスキルや経験は千差万別です。

人材募集の背景や採用担当者が求める能力を把握しているプロの知見を借りることで、転職成功率を高められます。

研究開発への転職におすすめの転職エージェントについては、次章に手詳しく紹介します。

メイテックネクスト

メイテックネクスト
おすすめのPoint!

メーカー系の研究開発職におすすめの転職エージェント。研究開発を熟知したコンサルタントによる、機械的な要件のみに頼らない柔軟なマッチングが可能です。

メイテックネクストは、1974年の設立以来、延べ数千社におよぶメーカーにエンジニアを派遣してきた実績を持つメイテックグループが運営する転職エージェントです。

研究開発職の公開求人数は、約800件(2024年2月現在)。担当コンサルタントからは、深い技術知識にもとづいたキャリア分析とアドバイスを受けられます。

業界専門コンサルタントがプロの視点からキャリア分析をするため、転職希望者自身も気づいていない「適職」の提案と、企業ごとの内情を踏まえたアドバイスを受けることができます。

メイテックネクストの評判とおすすめの人

メイテックネクストを利用した人の声としては「専門的な知識を持つコンサルタントに担当してもらうことができ、安心できた」「大企業の求人が多く、書類通過率も高かった」など、専門性の高さやアドバイスの的確さを高く評価するものが多く見られます。

登録してからは、コンサルタントとの面談機会を多く持つことを意識するとよいでしょう。2回目、3回目と回数を経ることによって、担当コンサルタントがあなたの希望や志向をより深く理解してくれるようになります。

メイテックネクストの特徴

特徴
  • 業界専門コンサルタントが在籍
  • 企業ごとの内情を踏まえたアドバイス
  • 土日・祝日も対応可能
研究開発職の公開求人数 約800件(2024年2月現在)
サービス対応地域 東京・愛知・大阪・福岡
運営会社 株式会社メイテックネクスト
エンジニア出身のプロが並走

アカリクキャリア

アカリクキャリア 公式サイト
POINT!

大学院出身者と研究者の転職支援に特化したエージェント。書類通過率50%以上の、丁寧な選考サポートが特徴です。

アカリクキャリアは技術者・専門職特化の転職エージェントで、主に院卒・研究者の人たちの転職支援を行っています

とくに都市部のIT・通信・Web系の求人が豊富で、研究開発職の求人は約1,000件(2024年2月現在)あります。

アカリクキャリアの強みは、コンサルタントの技術知識レベルが非常に高いこと。
半導体エンジニアへのキャリアパスについても、専門的な知見からアドバイスを受けやすいでしょう。
また、紹介される求人も大手企業のものが多いです。

書類添削、面接対策のサポートも丁寧で、書類選考の通過率は50%以上(公式サイトより)と非常に高い数値をキープしています。

アカリクキャリアの評判とおすすめの人

アカリクキャリアを利用した人の声としては「中長期的なキャリアを見据えた提案をしてくれた」「希望に合わせて、適切な求人紹介をしてくれた」など、研究職・技術職の「その先のキャリア」を踏まえてのサポートを行ってくれたことを高く評価するものが多く見られます。

一方、紹介求人は基本「空き枠採用」となるため、全体の数はやや少なめです。
時期によっては「すぐに紹介できる求人がない」場合もあります。そのため、アカリクキャリアを利用時は、中長期的に「いい案件があったら始動する」スタイルで利用するのがよいでしょう。

アカリクキャリアの特徴

特徴
  • 大学院出身者と研究者の転職支援に特化
  • 都市部のIT・通信・Web系の求人が豊富
  • 書類通過率50%以上の、丁寧な選考サポート
サービス対応地域 全国
拠点 東京
研究開発職の求人数 約1,000件(2024年2月現在)

Laboしごと

Laboしごと 公式サイト
POINT!

一人ひとりのキャリアパスにあわせて求人を紹介してくれる、バイオ・化学系職種の転職支援に特化した転職エージェントです。業界知識の豊富な担当者から、転職とキャリア双方の支援を受けられます。

Laboしごとは、バイオ・化学系職種の転職支援に特化した転職エージェントです。

同サービスの特徴は、一人ひとりのキャリアパスにあわせて求人を紹介してくれることです。
「プロフェッショナルの生涯価値の向上」をミッションに掲げており、個人の経験やスキルを踏まえたうえで、正社員にかかわらず、派遣も含めてライフスタイルやその時々のシーンに合わせたさまざまな働き方を提案してくれます。

研究職の転職では、「そもそも、どのような求人があるのか」「民間企業と公的研究機関では、どちらがいいのか」など、キャリアの方向性がわからずに悩む人が多いです。

Laboしごとでは、転職の希望条件をヒアリングし、キャリアの悩みを一緒に考えてくれます。
求職者の悩みを把握したうえで、将来のキャリアも見据えながら、適切なアドバイスをしてくれることが強みです。

これからのキャリアについて不安を抱えている人は、心強い味方となってくれるでしょう。

Laboしごとの特徴

特徴
  • バイオ・化学の研究職や理学系のお仕事に特化した転職エージェント
  • 担当者(専任エージェント)は全員業界知識が豊富
  • 正社員・派遣社員に関わらず窓口を一つに集約。様々な働き方を提案してくれる
サービス対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
拠点 東京
研究開発職の求人数 約100件(2024年2月現在)

リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト

研究開発系の求人は国内No1の豊富さ!転職支援ツールも豊富で、「正しい転職活動を知りたい」人にもおすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

とくに活用したい支援ツールは、企業の特徴から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」です。
これまでお伝えした通り、研究開発の仕事は研究領域と企業環境によっても大きく変わります。入社前の情報収集の際に、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに研究開発への転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
研究開発職の公開求人数 約2.9万件(2024年2月現在)
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントを利用した人たちからは、オンラインで受講できる「面接力向上セミナー」について「実際の面接で役立った」という感想が多く見られます。登録後は無料で参加できますので、面接対策に不安を感じている人はぜひ利用しましょう。

求人数・サポート実績No1

doda(デューダ)

doda doda(デューダ)公式サイト

豊富な研究開発職求人と、担当からの積極的な提案が特徴。地方求人も多いです。

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
保有する研究開発職の求人は常時1万件程、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。

「まずは自分で研究開発職の求人をじっくりチェックしたい」という人は、転職サイトのサービスを利用するとよいでしょう。
その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときに、エージェントサービスを利用することもできます。

また、dodaでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため企業から熱意あるスカウトメールが届きやすいです。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

doda登録の際に入力するWebレジュメに、これまでの経歴と併せて研究開発職への意向をPRしておくとよいでしょう。
希望する条件に合致する企業からのスカウト・オファーが届く確率を高められます。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
研究開発職の公開求人数 約1.6万件(2024年2月現在)
ワンポイントアドバイス

dodaは求人を自分から応募可能ですが、エージェント経由でのみ紹介される非公開求人も多いです。担当エージェントには初回面談時に希望条件をしっかり伝えておくことで、より有意義なサポートを受けられるでしょう。

豊富な求人&充実の支援ツール

まとめ)研究開発職への転職は狭き門。だからこそ事前準備を入念に!

研究開発職は企業の将来を担う重要なポジションであり、企業としても高い期待を寄せている職種といえます。

そのため人材を厳選して採用する企業が多く、転職の難易度は決して低くありません。

前職までの経験や体得したスキルを効果的にアピールし、入社後の活躍に期待してもらえるかどうかが転職成功のカギを握るでしょう。

今回紹介してきたポイントを参考に、事前準備を入念に整えた上で転職活動に臨んでください。

商品開発担当者としてどのようなキャリアを歩んでいきたいのかを明確にしておくことで、選考においても採用担当者の心に残るアピールができるはずです。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]